キックボード旅人の日常

キックボード旅人による、旅の話とか日常のこと。

アウトドア

日帰りプチソロデイ野宿

日曜は特に外出の予定がなかったのだが、あまりに天気がいいのと、紅葉シーズンということもあり、朝食後外へ出ることにした。道の混雑も考えて、交通手段は久しぶりにバイク。そういえば、前回ジェットヘルを買って以来2か月乗っていなかった。しかも今回は…

ぶらり月ヶ瀬ドライブ ~その2~

道の駅で思いがけず充実した、つづき。 道の駅から目的の温泉までは、県道を進む。素朴でノスタルジーな農村が、秋の日差しとうっすら紅葉がかった景色と相まってきれいに映る。ただ後ろにいた車が、ややあおり気味にずっとついて来ていたので、あまりゆっく…

ぶらり月ヶ瀬ドライブ ~その1~

月曜に有休をとって3連休にしたはいいが、初日の商店街めぐりで飲みすぎ、2日目はほぼ睡眠で終わった。最終日も家にいようかなと思ったが、家でPCに向かっていると、テレワークとほぼ変わらない感覚に襲われる。これはイカンと、昼に外出した。 向かった先は…

野クル・ハイマート佐仲キャンプ2020

近代キャンプを否定するかのようなブログを書いておきながらだけど。先週末は、会社のキャンプ仲間と近代キャンプをしてきた。メンバー間で家族が増え、それが落ち着いたと思った矢先にコロナがあったので、実に1年半ぶりとなる。メンバーは計4名&赤子1名。…

丹波黒枝豆ソロドライブ

はじめて行ったのは、いつごろだったろうか?自分の中で、10月下旬の恒例行事になってしまっている。それが、丹波に黒枝豆を買いに行くというものだ。 そこまでコンスタンスに毎年、とはいかないが、極力行くようにはしている。今年も、「よっしゃ黒枝豆行こ…

本当は教えたくない!キャンプのホンマ

昨日の日記で、キャンプをしようかとしている方はグランピングを強く勧めた。それは本音である。これ以上キャンプ場に人が集まって欲しくないというのも、本音である。でも、本来言いたかったことは、実はそこではない。 「キャンプの初期費用20万円」これ!…

グランピングのすすめ!初心者はキャンプではなく!

今からキャンプをはじめよう!という方へ。ちょっと思いとどまって!ぜひとも、キャンプではなくグランピングをしよう。 キャンプの初期費用として、20万円かかるとされている。しかもキャンプ場の平均がだいたい6千円、そこに食料も必要なので、1回1万円か…

広いぞ生口島

しばらく旅に出ます。というくだりを木曜に書きたかったのだが、別の日記があったので書けずじまいだった。木曜の夜時点で、旅の準備がぜんぜんできていなかったのも理由の1つだ。 さておき。事後になるが、旅の概要を説明しておきたい。 金曜は有休をとり、…

加太の海岸物語2020 ~その3~

保養所で楽しい宴を過ごした、翌日。 特に起床時間を決めることなく、だいたいの流れで午前8時半に全員起床。ダラダラと朝食をいただきながら「今日何する~?」とゆるやかな雑談の末、この近辺で唯一の娯楽である、釣りをすることとなった。とりあえず竿は…

加太の海岸物語2020 ~その2~

加太で全員集合した、つづき。 久しぶりの保養所は、相変わらず快適で景色がいい。今回は完全ノープランでダラダラしよう、となっていたが、本当にダラダラするだけで満足できそうだ。 まずはビールで乾杯しつつ、先日わざわざ購入した家庭用カラオケを接続…

加太の海岸物語2020 ~その1~

コロナの影響で人と会いづらくなったわけだが、それを実感するひとつとして、地元の同級生、ゴンタ・作三との会合が減ったことがある。特に各家族総出で会うことは、昨年末以来。コロナうつになりがちな今の状況を、うまく打破できるきっかけとなりそうであ…

早秋酷道ドライブ!所感

4連休、無事酷道を走ってきました。たっぷり日記を手書きでしたためているので、また近いうちにアップしようかと思っております。ちょっと長くなるかもだし、面倒になって書かないかもなので、あまり期待はしないでくださいな。 で、日記のネタバレにもなる…

プッチプチツーリング in 京都 ~宇治とリサイクル編~

ダムは堪能できないものの、バイクに乗ること自体に喜びを感じた、つづき。 天ヶ瀬ダムを後にして少し入ると、宇治の繁華街にさしかかる。実はここに、以前から行きたかったお店があるのだ。その名も「222(トリプルツー)」。 関西の人なら、一度はテレビで…

プッチプチツーリング in 京都 ~天ヶ瀬ダム界隈編~

シュールなラーメン屋に度肝を抜いた、つづき。 国道370号線を信楽方面へ走り、途中で県道62号を曲がって天ヶ瀬ダム方面へ。ここからは川沿いの道になり、車は少なく道もクネクネとしており、快適!ライダーのために作った?とすら思ってしまう。 途中で川に…

プッチプチツーリング in 京都 ~ディープ麺屋編~

昨日の日記にもあるとおり、最近は環境の変化のなさを憂いている。そうだ、まずは景色を変えよう!自室と居間の往復ではなく、とにかく外に出なくては。 天気もよかったので、昼からバイクで走り出した。あまり遠すぎず近すぎずということで、行き先は宇治に…

キックボード青森→宮城(奥州街道)旅 ~廃墟編~

先日の日記にも書いたとおり、行く先々で近くの地味な観光地を探しながら旅をしている。そうすると、時には驚くような場所を見つけることもある。 今回いちばん驚いたのは、ある廃墟だ。廃墟は昔っから好きなのだが、目の前にあったのは廃墟マニアなら誰しも…

キックボード青森→宮城(奥州街道)旅 ~観光地編~

人にもよるだろうけれど、僕はひとり旅のときに有名な観光地に寄るということを、あまりしない。じゃあ観光をまったくしていないのかといえばそうではなく、無名な場所を探しては寄るようにしている。 「ツーリングマップル」という、昔から愛用している地図…

キックボード青森→宮城(奥州街道)旅 ~天気編~

連日続く殺人的な暑さにもう、バテ気味である。休みなのに外出する気の失せる毎日が続くが、現実逃避がてら、旅のときの天気について振り返ってみたい。 全体的に、やはり東北は涼しかった。最高気温で30度くらい。もちろんずっとキックボードを蹴っているの…

キックボード青森→宮城(奥州街道)旅 ~外食編~

お待たせしてすいません、ようやく旅の振り返りです。旅中は早寝早起きがクセづいて、夜は日記を書く元気なく寝てしまっていたので。ようやく日常の不摂生生活に戻りました。 数年前から、旅の夜は積極的に外食をするようにしている。今回も8泊のうち6泊は外…

充実のぐうたら

昨日は長い夏季休暇の最終日だったのだが、当然何をする元気もなし。食べて寝て、ダラダラとテレビ見ながらパソコン触って、食べて寝る。何とも自堕落でぐうたらな1日を過ごした。 いつもなら、「何てムダな時間を過ごしたんだ!」と強く後悔してしまう。け…

走りきって奥州街道

無事旅から戻りました。予定どおり、青森県八戸市から宮城県仙台市まで、キックボードで走破しました。 旅の感想をひとことで言えればいいんだけれど、まぁいろいろあったようで、なかったようで、一貫性のあるテーマがぱっと思い浮かばない。ただ感じたのは…

ソーシャルディスタンス旅

しばらく旅に出ます。さがさないでください。 正直今回は、旅をしていいのか悩んだ。この時期の急激なコロナ患者増加は、個人的に大きな疑念を抱いている。しかし世間は、決してそうは考えていない。ましてや僕が住む大阪は特に増加率が高く、感染者の少ない…

舞鶴おさかなドライブ ~その2~

舞鶴で新鮮なお魚ランチにご満悦した、つづき。 食後は大六丸のすぐそばにある「道の駅 舞鶴港とれとれセンター」に寄る。施設内に市場とみやげ屋があり、市場で売っている魚は基本的にその場で食べられるという場所だ。もともとはここでランチしてもいいか…

舞鶴おさかなドライブ ~その1~

県境をまたぐ移動って、結局やっていいんだっけ?こういう大事なルールって、意外に明示されていない。一応ネットで調べてみたとて、しかるべき機関が公表しているわけでなく、いろんなメディアで散りばめられているにとどまる。情報を調べたところ、大阪で…

地元ひとり花見(アルアル)

まずは前置き。コロナの影響で、大阪にも外出自粛要請が出ていることから、正直なところためらいはあった。しかしながら、これほどまでに天気がよく桜も満開で、本当に年に一度のチャンスだ。 午前中に事前に下見をし、2~3人でランチをしている人がいること…

地元ひとり花見(ノンアル)

先週のお話。 3月末の休日は、地元仲間と地元で花見をするはずだった。ここ数年、すっかり恒例行事になっていた。しかしそれが中止になったことは、言わずもがな。 でも桜を見られる期間は短く、アウトドア好きとしては逃したくない。ということで、1人でも…

佐柳島と高見島旅 ~その7~

長々とした日記になってすいません。旅の3日目。 相変わらず朝日を見るべく、午前5時45分に起床。ドミトリーなので早朝に目覚ましをかけるわけにはいかないので、寝る前から自己暗示をかけて気合で起きた。 昨日の反省を生かし、手には朝食を持参。防波堤に…

佐柳島と高見島旅 ~その6~

高見島の休憩所でゆっくり過ごした、つづき。 休憩所を去ってからは海沿いの道まで下り、島の北へと進む。港から遠ざかるに従い、どんどん建物もなくなる。何もない道の傍らに、時おり鎮座しているのが石仏。 どうやらこの高見島にも、88箇所の島遍路が根付…

佐柳島と高見島旅 ~その5~

高見島の集落で島民さんに声をかけられた、つづき。 島民さんは、70歳くらいだろうか?実に社交的で、僕が大阪から来たこと、山を歩いていたことなどひととおり話を聞いてくれたうえで、「よかったらウチ来る?」と誘ってくれる。時間はたっぷり余っているし…

佐柳島と高見島旅 ~その4~

佐柳島での1日目が終わった、つづき。 2日目の朝は、午前6時に起床。すぐさま防波堤へと向かったのは、日の出を見るためである。 すでに空は明るくなりつつあり、また防波堤には先客が2人いる。先客の邪魔にならないよう距離を置き、ゆっくり昇る太陽を眺め…