キックボード旅人の日常

キックボード旅人による、旅の話とか日常のこと。

奈良・大台ケ原ドライブ ~その2~

大台ケ原の絶景に舌鼓を打った、つづき。

 


【大台ケ原】
ドライブウェイからは、車にクーラーがいらないくらい風が涼しく、直射日光を浴びなければ実に快適に過ごせる。
で、ドライブウェイの終点に、大きな駐車場があらわれる。
ほぼ満車というのがビックリで、ここが大台ケ原の登山口となっている。


駐車場まわりには3軒ほどお店があり、ランチ営業だったり、大台ケ原の展示だったり。
展望台などがなく、景色を楽しめないのが残念なところである。

 

f:id:kickboy:20210726234111p:plain

f:id:kickboy:20210726234114p:plain


国道309号線】
ドライブウェイで国道169号線に戻ってからは、国道309号線を右折。
いわゆる「酷道」で、狭い道がひたすら続く。
時折小さな渓谷が見られて、必ずしも辛いだけではない。


辛いという意味では、1か所だけやたらにぎやかな場所があり、そこで交通整理につかまって渋滞気味になったこと。
ここは「みたらい渓谷」、多くの方が行水を楽しんでいた。
渓谷を楽しみたかったが、こんなに人の多いところに立ち寄ると、ひとりでは虚しさに襲われるだけなのだ。

 

f:id:kickboy:20210726234130p:plain

f:id:kickboy:20210726234133p:plain


洞川温泉郷】
険しい道を抜けて道を曲がると、やがて洞川温泉卿に差しかかる。
今まで何度か来たことあるが、今まででいちばんにぎわっている。
どうやら避暑地として人気のようだ。
山奥の温泉地らしいにぎわいを感じつつ、やはり虚しさがジワジワと押し寄せてくる・・・

 

f:id:kickboy:20210726234150p:plain


【ごろごろ茶屋】
洞川温泉郷を抜けた先に、「ごろごろ茶屋」がある。
ここが目的地であり、ここで「ごろごろ水」をポリタンクに汲む。
以前にも書いたかもだが、一時期わき水汲みにハマっていたときに、ここの水が抜群にうまい!と思った。
水を汲むだけで駐車料金500円というのは正直ちょっと強気に感じるが、ドライブの目的地として、そしてこのクソうまい水をいただけることを考えると、それだけの値打ちがあると感じる。


どうせならと、売店でくず餅を購入。
川を見下ろせるテラスでいただくと、ものすごく癒やされる。
こうして山の中で、ゆっくりとした時間を過ごせるのはいいものだ。

 

f:id:kickboy:20210726234210p:plain

f:id:kickboy:20210726234213p:plain

f:id:kickboy:20210726234216p:plain


あとは3時間かけて帰宅し、ドライブ終了。
例年だと夏はバイクで走るのが常となっていたので、こうして真夏にロングドライブをするのが実に新鮮に感じる。


寄り道のやり方も、そこそこうまくなってきている気がする。
下道だけだと行ける場所も限られてくるし、たまには高速を使って遠征なんてのもいいかもしれない。


あっ、そういえばまだETCつけてないや。

奈良・大台ケ原ドライブ ~その1~

4連休の後ろ2日は、どこか1泊で旅行をしようと考えていた。
緊急事態宣言があったりで、遠出できていなかったので。


しかし、背中のイボは完治しておらず、温泉なんか行こうにもまだ湯船に浸かるのが不安である。
また、このご時世に「大阪」ナンバーの車を宿泊先の駐車場に置いといて、何かしらの嫌がらせをされるのではという不安がある。
前日の寝る前まで迷ったが、結局宿泊は諦め、日帰りでドライブすることにした。


行き先は、とにかく暑さから逃れるために山奥へ行こうとしていた。
で、今まで行ったことのない「大台ケ原」を目的地として定めた。

 


【道の駅 杉の湯川上】
午前8時に出発して、ひたすら南下。
途中で渋滞に捕まり、やはり連休なんだなあと実感する。
はじめの休憩ポイントと定めていた「道の駅 杉の湯川上」へは、予定より1時間近く遅れた、午前10時過ぎ。


土産屋の家屋はこぢんまりとしており、3店舗ほど露店が出ていて、あまり道の駅らしくない。
あと、道の駅なのに立ち食いそば屋があるというのもユニーク。
ひととおり土産屋を物色してから、かなり早めであるがそばをいただいた。
大台ケ原へ着くころ正午ごろになるし、もしかすると昼食を食いっぱぐれる可能性があったためだ。
味は・・・まあ、ね。

 

f:id:kickboy:20210725233629p:plain

f:id:kickboy:20210725233632p:plain


【大台ケ原ドライブウェイ】
そこからダムを抜け、国道からそれて県道40号線、いわゆる「大台ケ原ドライブウェイ」を走る。
穴場だと勝手に思っていたが、僕より前に2台車があり、対向車もバンバン通って、人気スポットだったのかとはじめて知る。


道は、はじめは離合が難しい場所のある林道。
ずっと上り坂が続くというのも、なかなかしんどい。


やがて、視界が広がる。
そこには、ひたすら続く山々。
山の景色は数々見てきたが、ここまで山しか見えない光景ははじめてだ。
山って丸っこいイメージがあるが、ここの山はいずれも角ばった印象。


そんなに距離がないと思っていたが、速度が出せないためか、1時間近く楽しめた。

 

f:id:kickboy:20210725233646p:plain

f:id:kickboy:20210725233650p:plain


つづく。

琵琶湖(右回り)ソロツーリング ~その2~

前回見られなかった奥びわ湖パークウェイからの絶景に驚愕した、つづき。

 


ちゃんぽん亭総本家
昼食は「ちゃんぽん亭総本家」。
ややチェーン店ぽい雰囲気があったが、看板に「近江名物」と書かれているのが気になり、入ってみた。


ちゃんぽんとあるが、スープはとんこつではなく醤油味。
これって合うのか、とはじめは思ったが、めちゃくちゃあう!
通常の醤油ラーメンとも違った、独特のまろやかさと強いうまみを感じる。
麺や具とも相性が抜群によく、これはぜひとも再訪したい。

 f:id:kickboy:20210725001123p:plain

f:id:kickboy:20210725001126p:plain


多賀大社
今回唯一の観光地らしい場所が、「多賀大社」。
存在は知っていながら、立ち寄ったことがなかった。
お寺前の参道には土産屋が並び、思っていた以上ににぎわっている。


鳥居をくぐると、まず印象的なのがなかなかの勾配がある橋。
たまに神社で見ることはあるが、渡ることができるのははじめて。
渡りやすいよう丸太が備えられているが、それでも意外に渡るのがきつい。


境内にはいくつもの柱と、そこから電線がぶら下がっている。
どうやら8月に「万灯祭」というものがあり、ここに数多くの提灯が祀られるそうだ。


拝殿は大きく、歴史を感じるたたずまい。
それ以外に建物もいくつかあり、期待どおりに楽しめる。
ただ、あまりの暑さにあまりゆっくりできなかった。

 

f:id:kickboy:20210725001147p:plain

f:id:kickboy:20210725001151p:plain

f:id:kickboy:20210725001154p:plain

f:id:kickboy:20210725001157p:plain


【道の駅 竜王かがみの里】
土産購入がてら寄ったのは、「道の駅 竜王かがみの里」。
焼き立てパンをウリにしているようだが、残念ながらほぼ品切れ状態。
お土産もなかなか充実しているが、弁当やお惣菜がやたら充実していることが印象的である。
スーパー代わりに使える道の駅というのも、珍しく感じる。

 

f:id:kickboy:20210725001212p:plain


こうして無事、すべての工程が終了していたわけですよ。
滋賀を抜け、京都に差しかかった矢先に、まさかのトラブル・・・


でもまあ、奥琵琶湖パークウェイの上り中なんかで止まっていたらどうしようもなかったわけだし、そう考えたら最後の最後までBW'S100ががんばってくれたんだ、と信じよう。


さあて、次回ツーリング日記を書くのは、いつになることやら。

琵琶湖(右回り)ソロツーリング ~その1~

BW'S100ロスを依然引きずってはいるが、記憶の残っているうちにその日のツーリングのことを記しておきたい。


琵琶湖ツーリングは今年2回目となる。
前回は左回り、かつ極力琵琶湖沿いの道を走る、という取り決めでやった。
なので今回は右回り、かつ極力前回の道を避ける、ということを意識して走った。

 


国道161号線
午前9時に出発し、まずは国道161号線、いわゆる「湖西道路」を走る。
かつては高速道路だった道で、信号がなく走りやすい。
が、しばらく走ったところで、途中から125cc未満のバイクが通行禁止となる。
仕方なく下道に戻るが、そうなると結局前回走った道を走ることとなり、早くも計画が崩れる。

 


【道の駅 藤樹の里あどがわ】
本来なら国道161号線沿いの道の駅を第一休憩ポイントと考えていたが、ルートが変わったので寄る場所も見つからず、2時間ほどノンストップで走った先の「道の駅 藤樹の里あどがわ」に寄る。
走っていたときも感じていたが、止まると暑さを実感する。
梅雨明けしたとたんに、何この酷暑?


適当に道の駅で土産を見るが、まだ旅のはじめなので特に何も買わない。
ひととおり見てからは、外の日陰でゆっくり休憩をとる。

 f:id:kickboy:20210723181138p:plain


【奥琵琶湖・奥びわ湖パークウェイ
ひたすら北上し、折り返しが奥琵琶湖。
桜並木が続いて湖がすぐ近くに感じられるこの道は、本当にいつ来てもすばらしく飽きない。


そこから「奥びわ湖パークウェイ」へ。
ここのワインディングも、琵琶湖ツーリングの醍醐味である。
前回はくもっていて拝められなかった、琵琶湖を見下ろす景色がきれいに拝めて感動をする。

 f:id:kickboy:20210723181159p:plain


つづく。

バイク悩

BW'S100の廃車を依頼したその足で向かったのは、地元のバイク屋
冷たい対応と思われるかもしれないが、やはりバイクがないと何かと不便なのだ。


目的は、以前からいろいろ欲しいバイクを選定していて、いちばんの本命だったハンターカブ。
家に帰って選定しなおしてもよかったのだが、悩みだすと長くなるので、思い切って決断したのだ。


「ハンターカブ欲しいんですけど」
「早くて半年後になります」


は、半年?
聞くと、タイで製造しているが日本に入って来ないそうだ。
何でもまた規制の関係で製造をストップしているらしく、ハンターカブに限らず原チャリも今は入りづらい状況だそうな。
また、ハンターカブはとにかく売れるので、ブローカー的な業者が買い占めているという話もあった。


念には念を、隣町のもう少し大きなお店にも立ち寄った。


「ハンターカブ欲しいんですけど」
「来年3月以降になります」


ら、来年3月?
これはもう、完全にハンターカブは諦めざるをえない。

 


さて。
どないしよ。


もう1つの候補であったPS250は、高速に乗れるというメリットはあれど、図体の大きさがネックなのと、林道を走れるけれど向いていないと感じて見送り。
もう一度BW'S100は、頭をよぎったが故障時に同じ思いをするので却下。
前回ブログにも書いた最新BW'S125は逆輸入しているお店は見つけたものの、結局逆輸入車になると故障時に大変な思いをする。


他に心ときめくバイクがないものか。
いろいろ調べているが、やはりピンとくるものが見つからない。
誰かに相談したい気持ちもあるが、結局自分の好みになってしまうしアドバイスを却下してしまうことになるだろうから、相談もできず。

 


そんなこんなで、今週はずっとGooバイクとにらめっこが続いている。
どこかで妥協が必要なんだろうなと思いながら、やはり妥協したくない気持ちが強くて大変である。

ありがとうBW'S100!

日曜日は朝からジムニーの助手席を外し、社内の荷物をすべて降ろす。
バイク屋へ行き、BW'S100を乗せて帰るためだ。
ただ、ここにバイクが乗ることはない、という覚悟も決めていた。


バイク屋に到着するや、「廃車」の意志を伝える。
持って帰って次のバイクを買うときの下取り用になるかを尋ねると、バイク屋にもよるけど基本的にあまり期待はできないとのこと。
ガソリンが漏れている状態であちこち持ち運ぶ手間も考えて、ここは思い切ってこのお店で処分してもらうことを決めた。


その後、やはり感情が抑えきれずに、BW'S100の思い出をついつい店員さんに話してしまった。
それに対して、実に真摯に受け取ってくれた店員さんには本当に感謝。
ここでお別れを決断してよかったな、と心が落ち着いた。

 


そんなわけで、完全にセンチメンタルな状態になった。
改めて、BW'S100の思い出が頭を巡る。


購入したのは、2007年4月。
14年も乗ったことになる。
買ってはじめてアクセルをひねったときの、原チャリとは違った圧倒的パワーに驚いたことは昨日のころのように思い出せる。


BW'S100がきっかけで、mixiでボスに出会い、そのままモトクロスへの道にどっぷりハマった。
ツーリングにも、度々参加させていただいた。


仕事で東京へ行くことになったときは、東京に持って行っていっしょに東京生活を送った。
また、ようせき組さんとも出会い、BW'S100でモトクロスの大会に出て、雑誌にも掲載された。
現地で親友になったホクロ君とも、2人乗りして走ったっけ。


それ以外にもたくさんツーリングに出かけ、たくさん買い物に行き、今考えたら本当に生活に密接したパートナーであった。
これで感情移入しないのが、逆におかしいと思えるほど。

 


たくさんの出会いと思い出、本当にありがとう!

突然

えっ、マジか?
こんなに早く?
あまりに突然の展開に、頭が真っ白になった。

 


連日バイクの話題をブログに書いていたせいで、やたらとバイクに乗りたくなった。
実に短絡的な発想。
それで土曜日は、急遽琵琶湖一周ツーリングを決行した。
まあ、その様子は後日書くとして。


無事一周が終わり、帰路への途中のことだ。
突然、エンジンが止まった。


あかん!
この瞬間、もうすべてを悟った。
これはキックし直しても、決してエンジンが再始動することはないだろう。
げんにキックを試みるも、エンジンはウンともスンとも言わない。


おいおい。
もう一回不調が起こったら買い替えを考え直さないと、と2日前にブログに書いたところだ。
1週前にスターターが壊れたばかりで、こんな立て続けに起こるとは。

 


何とか心を落ち着かせながら、すぐさま近くのバイク屋を検索。
運良く、住宅地に差し掛かったところだったので、すぐ近くにショップがある。
しかもちょうど上り坂の頂上近くでバイクが止まったので、後続車がないことを確認してエンジンの止まったバイクに乗って進む。


ショップの店員さんの見立てでは、ガソリンをエンジンに供給するための管が破損しているのだろう、とのこと。
やはり逆輸入車ということで、すぐには修理できないという言葉が帰ってくる。
ひとまず1日くらいなら預かっていただけるというのと、希望があれば無料で廃車してくれるそうだ。
さすがに即廃車の判断はすぐにできず、ひとまず預かってもらって電車で帰ることにした。

 


電車の中で、心はほぼ決まっていた。
そして、今までBW's100との思い出が頭の中でぐるぐる回って、油断したら涙が出るくらいまで落ち込んだ。