読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キックボード旅人の日常

キックボード旅人による、旅の話とか日常のこと。

京都スリルドライブ

林道

予定スッカスカだった1月とは反対に、2月は週に1度コンスタントに飲み会が入っている。
じつにありがたい話である。
しかし、だいたい金曜に飲みに行き、土曜は1日寝たきり・日曜はヒマなので、結局週末ヒマというのは変わらない。

今週も例外なく、同じパターン。
天気がいいのと、先週上がった車のバッテリーの心配があり、日曜は昼から車で出かけることに。

キマグレに車を走らせ、向かった先は京都・城陽市方面。
ここでひらめいたのは、久しぶりの林道アタック。
かつてモトクロッサー時代、バイクで走った道があったはず。

しかし林道の入口がわからない。
ウロウロと舗装路を探し回っているうちに、林道の先にある終着点「万灯呂山展望台」へ到着してしまった。
展望が開けてきれいなのだが、かつて林道を走り抜けたときほどの感動がない。

ひとしきり眺望を楽しんでから、坂を下る。
すると途中に、林道の入口を発見。

前回はバイクだったが、果たして車で通れるのだろうか。
まずは付近に車を停め、歩いて散策。
どうやら、軽で走れるぶんの車幅は確保されているようだ。

f:id:kickboy:20170220225800j:plain



車を四駆に切り替え、いざ突入!
よしよし、何とか走れそうだ。

が、1分も進んだところで、思わず尻込みする。
左手に崖があらわれたのだ。
ちょっとでもハンドルさばきを誤ると、それこそ命にかかわる惨劇につながる。

そんな気持ちをあざ笑うかのように、道はところどころ崩落している。
さらに、足場がところどころ横滑りする。
引き返すか・・・
と本気で思ったが、もちろん道幅ギリギリを進んでいるため、引き返せるわけもない。

前方から同じくジムニーが来たら、どうしよう。
オフロードバイクが全速力で突っ込んできたら、どうしよう。

恐怖と絶望感にまみれながらも、引き返すことができない現実を受け入れ、とにかく進むしかない。
ハンドルに全集中力を注ぎ、歯を食いしばり、心を落ち着かせながら、とにかく先へ。


そんなこんなで、この日記が書けているということは、何とか無事だったわけで。
林道を走っていた時間が、長かったのか短かったのか、本当にわからない。
少なくともこの道は、今後ジムニーでは走らないようにしよう。

f:id:kickboy:20170220225814j:plain


日記を書きながらも、手に汗びっしょり書くくらい、本当に怖かった・・・