読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キックボード旅人の日常

キックボード旅人による、旅の話とか日常のこと。

微笑電車

電車という乗り物では、ときに小さなドラマが展開されることがある。
それが昨日・今日と立て続けに起こるという、何とも得なのか損なのかわからないことがあった。
本当にたいしたことなく小さなことなのだが、まぁちょっと書き留めておきたい。

怒号

昨日のこと。
ある駅に到着したとき、7人がけ椅子の中央に座っていた中年男性が、ドアへ向かった。
そのとき、2つ隣に座っていた高校生に向け、ひとこと怒号を浴びせた。

高校生は目がテンになり、何が起こったのかわからない。
それはまわりの客も同じだったらしく、頭の上に「?」を浮かべる。
残念ながら僕の距離から言葉を聞き取ることはできず、同じく首をかしげるばかり。

「何かやったんか?」
「いえ、別に・・・」

高校生に声をかけたのは、高校生のすぐ向かいに立っていた中年サラリーマン。
すると、すかさず満面の笑みを浮かべ、片手を大きく横に振りながら、
「じゃあ気にせんでええで、気にしなや」
となだめる。
隣にいたおじいさんも、高校生を見つめながら、笑顔で深くうなずく。

何て美しい笑顔なのだろう。
人は何かしら、不条理をふっかけると動揺するものである。
その気持を察した上で、まわりの大人が最大限になだめて、少しでも動揺しないようケアしているのである。

あまりに見事なまわりの対応に、僕も満面の笑みを浮かべた。
ただ残念ながら、僕のぶんは高校生にはまったく見向きもされなかった。

カバン

今日のこと。
ある駅に到着したとき、立っている僕の右ななめに座っていた中年が、ふと眠りから目覚めた。
するとどうだ、目がきっと見開き、前にいる人のカバンの取手をガッシリつかむ。

ああ、知り合いか。
と一瞬は思ったが、カバンをつかまれた人は、目がテンになっている。
5秒ほどして、中年は急にぱっと手を離すと、再び眠りについた。

もしかして、持病か何かで助けを求めているのか?
と心配したが、どう見ても苦しんでいる様子はない。

少しの沈黙の後、カバンをつかまれた人と、その様子を見ていた人が顔を合わせて笑顔を交わす。
何とも不可解な現象に対する、共感をあらわす笑いである。

思わず僕も、笑みを浮かべた。
が、なぜだろうか隣に立つその人は、まったく僕に目を合わせない。