読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キックボード旅人の日常

キックボード旅人による、旅の話とか日常のこと。

異境体験!野沢温泉~中編~

スキー 野沢温泉

直線距離の長いゲレンデに大満足した、先日の日記の続き。


【温泉】
4時間ほど滑走し、すっかり満足してから、ゲレンデを降りる。
そこから夕食までは、各自フリータイム。
ずっと集団生活するのかと思いきや、意外に自由度が高い。

しかし、いくら1人行動が得意とはいえ、下調べもしていないこの場をウロつくには不安がある。
ちょうどそのとき、「温泉行こう!」と声をかけてくれたしもっちに誘われ、温泉めぐりをすることに。

野沢温泉には13箇所の外湯があり、何と無料で入れる。
いずれも源泉かけ流しのうえ、湯種も違うというのが驚きだ。

時間的に、やはり温泉を求める人が多く、宿の近くはどこもいっぱい。
少しずつ郊外に外れて入ったのが、「十王堂之湯」。

f:id:kickboy:20170315001058j:plain


入口に入るや、すぐに湯船があらわれる。
脱衣所は湯船の壁際にある。
洗い場も、湯船の脇に申し訳なさ程度にあるのみで、シャンプーや石鹸は備え付けていない。

「ここは、野沢温泉でもひときわお湯が熱いよ」
という、しもっちの事前情報どおり、熱い!
熱さというか、痛みにすら感じる。
これ、ホンマに入れるの?

桶を使ってひたすらかけ湯を続け、体を熱さに慣らすのが入るコツらしい。
10分ほど続け、いざ入浴。

あっつ!
やはり熱い。
が、一度入ってしまうと、そこそこ長くいられる。

湯上がりは、当然ぽかぽか。
熱いお湯に入ると冷めるのも早いものだが、ぜんぜん湯冷めしないあたり、泉質のよさを感じる。


【バー】
湯上がり後、夕食まで時間があるので、バーへ入る。
するとそこには、同じメンバーが2人いたので合流。
どうやらこのバー、皆さんおなじみのようだ。

f:id:kickboy:20170315001106j:plain


ちなみに、店員さんは外人さん。
入ってくるお客さんも、次々と外人さん。
温泉地といういかにも日本なこの地に、小さな外国があるというのが不思議である。

f:id:kickboy:20170315001111j:plain



【夕食】
夕食は「居酒屋 つくしんぼ」へ。
地方によくある大衆居酒屋といういでたちで、メニューは海のない県ながら、魚介が充実している。
そして、いずれも新鮮でうまい!

f:id:kickboy:20170315001133j:plain


ついついお酒も進んでしまうが、ここでは飽くまで夕食をとるのが目的で、飲むのは宿に帰ってからが本番。
ということで、1時間そこらでお店を出る。
店側からしたら、何ていい客だろうか。

f:id:kickboy:20170315001138j:plain



さてさて、ここから本格的なアフタースキーがはじまる。
つづく。