読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キックボード旅人の日常

キックボード旅人による、旅の話とか日常のこと。

魚島追憶

3連休の旅についてのお話、第二段。
弓削島より、さらに船で海を渡った離島、「魚島」のお話アレコレ。

【セオリーオブ離島】
今までいろんな離島をまわったが、いちばん多いパターンがある。
港界隈のみ、栄えている。
民家はえげつない密度で、海から離れるに従い坂となり、いわゆる立体構造となっている。
まさしく、魚島はこのセオリーに合致する場所である。

また、島に来る人の圧倒的多数が釣り人、というのも、離島でよくあること。
島の名前がもう、それを物語っているようなもんやからね。

【小さな島】
弓削島も小さな島だが、魚島はもっともっと小さな島である。
車なら、10分で一周できるかな?

コンビニはおろか、スーパーすらない。
ランチを食べられる食堂も、見当たらない。
ここに来るなら、食料の持参が必須となる。
本当に素朴な島である。

【お遍路道】
お遍路道は、弓削島と同じく、島をぐるっと一周するような形で道がある。
道は舗装こそされているが、道幅は狭く、坂が急である。
驚いたのは、港から離れてからの道で、車や人に遭遇した数が、ゼロであること。
そのくらい、島の中心地が港に集中しているのだ。

坂はけっこう急で、まわりは木々に囲まれ、ちょっとしたトレッキング気分である。
お大師さんは、1番が寺の中にあった以外は、道路沿いにむき出されたお地蔵さんである。
ただ、番号が1番から順に並んでいなかったり、同じ番号が重複していたりで、すべて回ったかどうかという確認がしづらい。


とりあえず「小さい島」ということだけは、伝わっただろうか。
それでも、お地蔵さんを求めつつ歩くと、4時間は楽しめるのだ。
驚くことに、この4時間というのが本当に長く感じられ、まるで朝から夕方までを過ごしたような錯覚に陥るのである。
この島の時間は、確実にゆるやかに流れている。

このテの素朴すぎる島というのは、個人的に大好きである。
それこそ、すべての路地をまんべんなく歩きたくなる衝動に駆られる。
ただし、ここで2日も3日も過ごせるか、となると、まったく自身がなくなる。
悲しいかな、日々文明というものに囲まれ過ごしていると、文明から解放されたときに、リラックスと不安が同時にやって来るのである。

ちなみに、釣り人や工事関係の人にやたら声をかけてもらい、やはり目立ちまくってしまった。