キックボード旅人の日常

キックボード旅人による、旅の話とか日常のこと。

加太の海岸物語2020 ~その2~

加太で全員集合した、つづき。

 


久しぶりの保養所は、相変わらず快適で景色がいい。
今回は完全ノープランでダラダラしよう、となっていたが、本当にダラダラするだけで満足できそうだ。

f:id:kickboy:20200929230357j:plain


まずはビールで乾杯しつつ、先日わざわざ購入した家庭用カラオケを接続。
とりあえずトップバッターで歌い出すと、みんながバルコニーに逃げ込む。
ということで僕もその後逃げ出し、前回ひたすらカラオケしていた作三とゴンタ長男にマイクを託す。

f:id:kickboy:20200929230407j:plain


ほどなくして、交代でお風呂に入りつつ、夕食の段取り。
全員揃って乾杯したのは、午後6時ごろだったかな?

f:id:kickboy:20200929230421j:plain


何のスイッチか、今回ははじめのほうはキッチンに立ちっぱなしだった。
手のこんだことは特にせず、アスパラベーコン・ハラミ焼き・きのこのバター焼きオムレツなど。
本当ならリモート飲み時に大成功だった山イモピザを作るつもりだったが、ピザソースとチーズを忘れてしまった。


テーブルに戻ってからは、ひたすら飲んで食べて談笑。
夕方から飲んでいたためか、途中からお酒が止まってしまった。
それでも酔いは長く続き、何だかんだでいろいろと話しは弾む。
久しぶりというのもそうだが、やはりみんなで顔を突き合わせて話すと楽しいし、尽きることがない。
このメンバーでリモート飲みを2回したが、2回目は途中から完全に話題がなくなっていたから。


最後はテレビにYouTubeを映し出し、ひたすら昔のアニメの主題歌をなつかしがるという変なノリ。
オトナはほぼ同世代なので、まぁ盛り上がる。


作三がダウンしだしたので、日付が変わったころにみんなで就寝。
実に健康的な時間である。
ちなみに前回ここで飲んだときは、午前3時まで飲んでいた。

 


つづく。

加太の海岸物語2020 ~その1~

コロナの影響で人と会いづらくなったわけだが、それを実感するひとつとして、地元の同級生、ゴンタ・作三との会合が減ったことがある。
特に各家族総出で会うことは、昨年末以来。
コロナうつになりがちな今の状況を、うまく打破できるきっかけとなりそうである。


そんな3家族と会合するイベントは、1泊2日で加太の保養所へ行くというもの。
そもそもはどこか一棟借りできる宿で泊まろうとしていたのだが、予約が何かと難しかったりしたので、無料だし一度みんなで行った実績あるしで、ここに決めた。

 


午前9時半、作三カーに乗せられ出発。
ゴンタは長男が午前中学校とのことで、あとから合流することとなった。


買い出しは現地近く。
まずは産直市場で野菜を買い出し、すぐ近くのスーパーでその他を買う。
ほぼフィーリングで思いついたものを買ったわけだが、9人前という分量がまったく読めないので、適量がよくわからない。


それから向かったのは、「いきいきパーク」という広い公園。
丘の上に子ども用アスレチックを備えた芝生公園には、すでに多くの家族連れ。
車で寝ていてグズグズだった作三次女が、アスレチックを見るや猛ダッシュで遊びに行く姿は実に微笑ましい。

f:id:kickboy:20200928231243j:plain


スーパーで買ってきた弁当をベンチで食べつつ、子どもらが遊ぶ姿を見守る。
しばらくして、今度は作三とバドミントン。
風が強くてシャトルが流されまくるが、テニス経験者の作三がなかなかカンがよく、意外にもラリーを続けられる。
もちろんバドミントン経験者の僕も善戦したのだが、いかんせん体力の衰えを隠せず、5分そこらでバテる。

f:id:kickboy:20200928231339j:plain

f:id:kickboy:20200928231343j:plain


その後休憩やバドミントンを繰り返し、ゴンタから連絡が来たので保養所へと向かう。

 


つづく。

初秋の恐怖

たった今、恐ろしいことがあった。
落ち着いて対処したつもりだが、気持ちは未だに動揺しまくり。
今日は落ち着いて眠れるかな?


ふと机のすぐ隣にある窓を見ると、ムカデが侵入していた!
クネクネと動きながら窓から落下し、足元に。
しかも机の壁の間に入り込み、退治もできない状態。


とりあえずティッシュでくるもうと用意するも、すき間でうごめいていてとれない。
こうなったら殺虫剤をと思うが、取りに行っている間に逃げてどこかに隠れようものなら、もう手のつけようがない。
結局は不本意ながら、母親に電話で殺虫剤をとってきてもらい、ついでに退治もしてもらった。


虫には免疫はあるんですよ。
アウトドア好きのおかげで。
特にキックボード旅中は、歩道から伸びる雑草からだろう、体に毛虫がくっつき服の上を這っていることなんて日常的。
勝手にぶつかってくる蛾やアブなんかも、平気なものだ。


しかしムカデはそもそも出会ったことが少なく、まして家の中に出てきたなんてはじめて。
ネットで調べると、毒あるとか噛むと激痛とか、恐怖でしかない。
で、1匹出たということは、他にまだいる可能性もある・・・


いやホンマ怖くてたまらない!
窓を閉じて寝るのは当たり前だが、他に何か予防策はないものだろうか。

早秋酷道ドライブ!所感

4連休、無事酷道を走ってきました。
たっぷり日記を手書きでしたためているので、また近いうちにアップしようかと思っております。
ちょっと長くなるかもだし、面倒になって書かないかもなので、あまり期待はしないでくださいな。


で、日記のネタバレにもなると思いますが、今回の所感をつれづれと。


まず「酷道」と呼ばれる道だが、正直なところ道としてはそんなに危険性を感じなかった。
あくまで国道として狭く険しい、ってだけで、国道ではなく細い道は全国どこにでもあるし、そういう道を好んで走ってきたし。
ネットではさんざん危険をあおる紹介がされているが、危険性という意味では拍子抜けな感は否めない。


ただ、道中にいくつか峠があり、その峠前後の道が長いうえに道幅が狭い。
そして何より、意外にも車の往来が多い。
この離合の多さこそ、酷道たるゆえんなのかなと感じた。
「えっ、こんな幅ですれ違える?」という箇所を、地元の方が涼しい顔でスーッと通り過ぎることもあり、離合の訓練にはなったと思う。


あとはめまぐるしく入れ替わる景色!
左右を林に囲まれたかと思えば、いきなり視界が広がり遠くの山々を見渡せたり、急に集落が現れたり、観光地があったり。
これはドライブにもツーリングにもおすすめである。


実質のところ国道439号線は1日半かけて走ったのだが、2日目は昼からひたすら走ることに専念してしまい、寄り道ができなかった。
宿の都合で走りきらなければいけなかったのだが、次回行くときはもっと余裕を持ったプランを立てたい。
それこそ野宿は覚悟して。


あと腰が痛かった。
夏のキックボード旅のダメージが回復してないから、余計に。
でも4日も走れたのは、ひとえにレカロシートのおかげだ。
前のシートだったら、2日も走れなかったと思う。
値段なだけあるね。


最後に思ったのは、やっぱりETCつけんとイカンなあということ。
ETCがないと割高になるので、どうしても高速道路を敬遠してしまいがち。
工事不要の機器とかないんかなぁ?

 


そんなこんなで、感動あり学びありの充実した旅となった。
車旅ってのも、なかなかいいもんである。

酷・与作

しばらく旅に出ます。
さがさないでください。


今回はキックボードではありません。
タイトルを見て「おっ、ジムニーで四国か!」と気づいた方はさすがです。


そう、ジムニーで四国。
目的は四国にある国道439号線を走破すること。


この国道439号線というのは「酷道」という別名を持つほど、車幅が狭く崖のような場所があり、危険な道である。
「日本三大酷道」の1つとしてもあげられており、数字の語呂から「よさく」という別名を持つ。
いっぺん走ってみたく、今回思い切って行くことにした。


ちなみに行き先を決めたのは、今日の夕方。
何だかんだでギリギリまでキックボード旅を考えていたのだが、宿がぜんぜん見つからなくて。
天気もここ数日なかなか不安定なので、それなら車ででかけようとなったのだ。


とりあえず明日とあさっての宿はとった。
2泊3日は確定だが、もう1泊追加するかどうかは、完全に気分まかせ。
国道439号線の走破は2日目で終わると踏んでいるので、3日目のプランも気分まかせ。


さてさて、どんな旅になることやら。
1週間経っても日記が更新されなかったら、本気で捜索願いお願いします。

立ち飲みディスタンス

最近のちょっと悪い習慣として、週1ペースで立ち飲み屋に行っている。
何が悪いって、平日は極力飲まないようにしているので、健康的な観点によるものだ。
この習慣がクセづいた理由は、おそらくテレワークによるもの。
テレワークにより外出が少なくなったので、たまの出社日に、会社帰りにどこか寄りたくなってしまうのだろう。


「そんなコロナのご時世にっ!」と怒られる方も、当然いるだろう。
だが安心してください、今立ち飲み屋行っても、めちゃくちゃ人少ないから。


ちなみに僕が行くのは、京橋ではすっかり行きつけの「山CHAN」だ。
コロナ以前は、いつも人がいっぱいで入店できるかを心配することが常であった。
が、今は数人ポツポツといる程度。
お店のマスターも、「客が全然やわ」といつものように肩を落としている。
こんな弱気なマスターの顔は、今まで見たこともなかった。


改めて恐ろしさを感じる、コロナ。
感染による健康被害も怖いが、こうした経済への影響ってのも怖い。
このままだったら、本当に来年には飲食店なんかは半減してしまうのではないだろうか。
いや、半減で済むだろうか。
まわりに感染者が出ていないのでやや客観視していたが、こういう形で影響を実感するとは。


こうしてガラにもなくマジメなことを書いている段階で、こいつ今日は飲みすぎとるなということをお察しください。

電動キックボード旅妄想

昨日日記を書いてから、新たな旅を少し考えてみた。
で、真っ先に思いついたのがタイトルにもある「電動キックボード旅」。


僕の旅のテーマである「誰もやっていないこと」という観点でいえば、そもそも公道走行できるキックボード自体普及していないのだから、合致している。
バイクや車旅に比べたら、インパクトは十分である。


一方で気がかりも、当然ある。


まずは体を動かさないという点。
やっぱりママチャリから始まりキックボードを経ているので、有酸素運動がなくなるというのはやや微妙な気持ちである。
直立し続けるという点では、運動ととらえてもいいかも知れないが。


あとは種類が多すぎる点。
車輪の大きさもバッテリの容量も、メーカによってまばらすぎ。
選定に時間がかかりそうである。


さらにバッテリの容量が少ない点。
これもスペックやスピードによりまばらだが、ざっくり調べた限りでは平地で4~5時間。
スペアのバッテリを積むという方法もあるが、さすがに重そうだし、宿泊中に充電することを考えたら充電器も2つ必要になる。
重いし金かかるし、バッテリも寿命があるのでおのずとランニングコストもかかる。


値段も値段やし、思いついたからといってすぐ行動、てのができないから残念である。


こうなったら、メーカに「スポンサーになって」とお願いするしかないか。
どこか引っかかってくれないかなぁ~。