キックボード旅人の日常

キックボード旅人による、旅の話とか日常のこと。

今里・布施レトロ商店街ツアー ~その3~

布施の商店街で一杯酒をあおった、つづき。

 


商店街を駅へ向かうに連れ、どんどんお店が増えてにぎわってくる。
天井が赤と黒のストライプ状になっているのも、先ほどの比べると近代的に感じる。

 

f:id:kickboy:20200710000948j:plain


しばらく進んだところに、「酒処ひらた」がある。
立呑み処と販売所の入り口が横並びにあるのだが、立呑み処の入り口のほうが大きいというのが面白い。

f:id:kickboy:20200710001000j:plain


のれんをくぐると、ずらっとカウンターが並び、奥にカウンターがある。
角打ちというより、完全に立呑み屋さんといった雰囲気である。

f:id:kickboy:20200710001015j:plain


お酒もフードもメニューは豊富だが、特にフードはカウンター前にあるネタケースから選べる。
特に鮮魚が多く、市場から卸したてのものということで、鮮度は保証付き。
角打ちにしてはやや強気な値段だが、それにじゅうぶん見合う鮮度と味!

f:id:kickboy:20200710001027j:plain


このお店のもう1つの名物は、おでん。
お店の入り口付近で、じっくりと煮込まれている。
メニューがないので自分の目で確かめて、指定するという方式だ。
ひときわ目についた肉片を注文すると、まぐろの身であった。
パサパサするかと思えば意外にジューシーで、後でかけられたポン酢の味が強烈だが、口に含むと徐々におダシの味が広がる。
おいしかったのでよかったのだが、どうせなら練り物や卵など、スタンダードなおでんを注文したかったと少し後悔。

 

f:id:kickboy:20200710001041j:plain


お店を出てから商店街を東へ1分も歩いたところに、またも角打ち店「ヒザキ酒店」がある。
どんだけ角打ちの密度高いねん!
交差点の角地に位置しており、入り口は2箇所。
角打ちといってもお酒の販売所は見当たらず、店舗としては完全に立ち呑みが主体である。
ただお店の前に大量のビールケースが積み上げられていることから、飲食店への販売はされているのだろう。

f:id:kickboy:20200710001055j:plain


店内はキッチンを囲むように、カウンターが3方向に設けられている。
メニューは店頭に張り出されているし、ネタケースを見て選ぶこともできる。
店員さんはいずれも対応がよく、スムーズに注文ができる。
残念ながらお腹もやや落ち着いてきたのであまり食事に目がいかなかったのだが、鮮魚やおばんざいなどが評判のようだ。
またお腹に余裕があるときに、再訪したいところだ。

 

f:id:kickboy:20200710001111j:plain


何だかもう、商店街というより角打ち日記になっているな。


もう少し、つづく。

今里・布施レトロ商店街ツアー ~その2~

今里の商店街を堪能した、つづき。

 


商店街の延長となる道をひたすら直進すると、大きな府道にぶつかる。
道の向かいには、「ブランドーリふせ」という大きな看板があり、そこから商店街が延びる。
ちなみに布施には、駅から北部と南部にそれぞれ商店街があり、ここは北部にあたる。

f:id:kickboy:20200708234144j:plain


商店街に入ってすぐ、やたら道幅が広いことに驚く。
しかし駅から遠いこともあり、お店は閑散としている。

f:id:kickboy:20200708234154j:plain


とりあえず1軒、いわゆる「レンタルショーケース」のお店があったので、中を物色。
店舗の隣数軒がシャッターを下ろしているのだが、そのお店の前に古本などが売られており、なかなかカオス感が商店街っぽくて気になったのだ。
唯一気になったのが、コーヒーの販売。
近所のコーヒーショップが焙煎して委託販売しているとのことなのだが、その店名が銭湯の名前なのだ。
ますますカオスなので、迷うことなく購入した。

 

f:id:kickboy:20200708234204j:plain


商店街を進むと、徐々に店が増えてにぎわう。
やがてたどり着いたのが、目星をつけていた「岩崎酒店」。
そう、角打ちのお店である。
通り沿いに量販店があり、店の角にのれんがかかっている。

f:id:kickboy:20200708234218j:plain


ドリンクメニューは基本なく、瓶ビールを注文するとメーカーを選べる。
フードメニューは壁に張り出してあり、30品ほどがある。
時期的にハモをいただいたのだが、これが鮮度抜群でうまい!

f:id:kickboy:20200708234226j:plain


カウンターは詰めて10人ちょっと入れるくらいのこぢんまりとした広さで、すでにお客さんは2人いて、どちらも常連のよう。
入るなり「雨やんでた?」と常連さんに声をかけてくれるあたり、アットホーム感がたまらない。
基本的に奥の常連さんと店員さんが地元トークをしているのだが、夫婦漫才のようなテンポで聞いていて楽しいし、時おり言葉をはさんでもスンナリ受け入れてくれる。
これこれ、角打ちってこういうこと!


特約店なのか、やたら賀茂鶴を推しているので、特にプッシュされている「樽酒」を注文。
樽から直接汲むのかな、という期待とはうらはらに、瓶で提供されたのは意外だったが、これが飲みやすいし樽の香りもするしで、めちゃくちゃ好みの酒である。


あまりの居心地よさに、やや長居をしてしまった。
常連さんと店員さんがとにかくよくしゃべって注文のタイミングが難しく、人によっては合わないかも知れない。
でも、飲食がメインではなく飽くまで角打ちの雰囲気を楽しむという目的をもっていれば、本当にいいお店である。

 


つづく。

今里・布施レトロ商店街ツアー ~その1~

鉄は熱いうちに叩きまくることを、最近心がけている。
そして今回強く叩いたのは、ひとり商店街めぐりだ。
前回の尼崎で、すっかり味をしめてしまった。
とはいいつつ、前日にふと思いついて、急いで下調べしたんやけど。


今回の行き先は、今里と布施。
大阪でレトロ商店街を検索していたら出てきたのだが、そういえば今里も布施も行ったことがないなぁと思いき、行き先としてチョイスしたのだ。

 


土曜日、昼前にとりあえず電車に乗る。
巡り方まで決めていなかったが、電車内でスマホを眺めながら、今里から行くことにした。


地下鉄今里駅に到着して道路沿いに北上すると、すぐさま「今里新道筋商店街」の入り口がある。

f:id:kickboy:20200707000334j:plain

商店街に入ってしばらくは、飲食店が目立つが、チェーン店は少なめ。
そこからすぐ、個人店が並ぶ。

f:id:kickboy:20200707000357j:plain

天井のアーチのおかげでほんのり褐色じみた色合いと、足元のレンガの床が相まって、にぎわっていながらもレトロ感を覚える。

 

f:id:kickboy:20200707000419j:plain


アーチに飾られた、青・オレンジ・赤・白のマークも昭和感がただよっていて、たまらない。

 

f:id:kickboy:20200707000429j:plain

 


ここの商店街は、ひたすら一本道が続き、途中で商店街の名前が切り替わる。
「今里1番街」にさしかかると、雰囲気は一変。

f:id:kickboy:20200707000449j:plain

まずアーチが新しいのか、先ほどよりも光が明るい。
大きなチェーンのドラッグストアや100均ショップもあれば、近代的なクラフトビールのお店なんかもある。
いわばこのあたりが、この商店街のメインだろう。

 

f:id:kickboy:20200707000507j:plain

f:id:kickboy:20200707000511j:plain


道が「神路銀座」になったとたん、唐突にレトロ感が増す。
いかにも昔ながら営業している小売店が並び、お客の年齢層も高め。
道幅が先ほどより狭くなったというのに、やたら自転車の往来が多い。

f:id:kickboy:20200707000544j:plain

f:id:kickboy:20200707000548j:plain


雰囲気もそのままに、「神路しんみち」へと通じる。
ここまで来るとシャッターもちらほら目立つが、意外にもはじめの商店街からシャッターを下ろしているお店は少なく感じる。

 

f:id:kickboy:20200707000603j:plain


さらに先に「神路本通商店街」が・・・あるはずなのに、そこからは住宅地が続く。
あとで調べてみると、2018年12月現在まではレトロなアーケードが続いていたのだが、翌年から撤去されてしまったようだ。
店舗もほとんどなく、おそらくきれいさっぱり潰されたのだろう。

 

f:id:kickboy:20200707000614j:plain


商店街は直線にして700mだが、1軒ずつくまなく見ながら歩いたので、1時間かかった。
めぼしいものがあれば迷わず寄って買う、というのが個人的なレトロ商店街ルールなのだが、生活に根付いたお店が多く、何も買うものがなかった。

 


つづく。

脳内変換

非常にお恥ずかしい話だが、直感的に理解できないことがある。

 


例えば会社から支給されているiPhone
仕事中以外は音を消したいので、着信音のオンオフをよく切り替える。
のだが・・・
切り替えた後に表示されるマークが、どっちなのかがわからないのだ。


スピーカのマークが赤に表示されたら音が鳴るのかな?と思いきや、それがオフなのだ。
言葉で言うなら「音のオフモードがオン」になるわけで・・・鳴る?鳴らん?どっち?
ということを、かれこれ何か月も使っていて、未だに理解できないのだ。

 

f:id:kickboy:20200702153144p:plain


同じ現象は、病気の「陽性」と「陰性」にもいえる。
「陽」というプラスの意味を持つほうがマイナスで、「陰」というマイナスの意味を持つほうがプラス・・・?
これも、本当にわからない。
コロナのニュースで陽性だったとか陰性だったとか当たり前のように報道されるが、この脳内変換に時間がかかるので、そのニュースが朗報なのか悲報なのかが瞬時にわからないのだ。

 


変に考えてしまうから、余計慣れないのかな?

交野天の川プロレス2020

日曜日は昼に、家から歩いて5分の場所にある施設「いきいきランド交野」へ。
ここではよく地元の祭りやイベントが執り行われるのだが、コロナで中止されまくっていた。
が、ここにきて久しぶりのイベントが行われるという。
しかもお題目が、わが町交野市でははじめてとなるプロレスの興行だ。


「野崎プロレス」「布施プロレス」の2団体と協同して立ち上がったプロジェクトとのこと。
えらいローカルだなぁ~、と思ったが、レスラー紹介を見て目を疑った。
ビリーケン・キッド
タコヤキーダー!
その名前を聞いて思い出されるのは、12年前。
かつて大阪でも有名だった「大阪プロレス」のレスラーだ!
これはおおいに、期待できそうだ。

 

f:id:kickboy:20200630232636j:plain


会場につくと、各関係者さんがリングであいさつが20分ほど続く。
そして第1試合が開始。

f:id:kickboy:20200630232648j:plain


テレビ番組で紹介されるような大技こそないものの、体のぶつかり合いや、マットに体を叩きつけるごとに鳴る大きな音は、迫力満点!
技もバリエーションがあり、決して飽きがこないのはすばらしい!
終始リングから目を外すことなく、長く感じた14分20秒が過ぎて試合終了。

 


その後、ちびっこプロレス教室を経て行われた2試合目は、やや一方的な試合にも見えたが、途中場外戦なんかもあり、やはり楽しめた。

 

f:id:kickboy:20200630232702j:plain


で、いよいよメインイベントの3試合目。
タッグマッチなのだが、4人とも覆面レスラーというのがもう、心躍る。
期待は軽く越えられて、まぁ~面白い!
はじめの数分は、ほとんど技という技が出ない。
もうお笑いライブである。
レスラーがしっかり声を張って話すのもすごいが、ことあるごとにつっこみを入れるレフェリーとのかけ合いも楽しい。

f:id:kickboy:20200630232717j:plain


個人的には、たまに見える「大阪プロレス」時代の出し物がいくつか見られたことに感動した。
そうそう、このパターン見たことある!
特別にプロレス好きというわけではないのだが、こうして伝統が受け継がれているさまは感動すら覚えてしまう。

f:id:kickboy:20200630232729j:plain


「場外乱闘はアカン」と開会のあいさつでレフェリーが注意していたのに、もうお構いなしに場外乱闘しまくり!
バイクで2ケツしながらプロレスの案内用の旗をレスラーにぶつけたり、「リングに戻れ!」のレフェリーの合図をしきりに無視したり。
ギャラリーは当然大爆笑なのだが、やっている当人たちもめちゃくちゃ楽しそうだった。

 

f:id:kickboy:20200630232752j:plain

f:id:kickboy:20200630232755j:plain


時間にして2時間だったが、本当に濃密な時間を過ごすことができた。
やはりショーはいい!お祭りはいい!
こういうのが、もっと復活してくれたらいいのになぁ~、と心の底から思う。

f:id:kickboy:20200630232820j:plain

 

堺プチプチツー&大量ウィール

前夜にお酒を飲んでいたのでゆっくり眠りたかったのだが、土曜日は用事があり、朝早めに起きてスクーターにまたがる。
向かった先は堺市
そういえば大阪に長いこと住んでいて、堺市ってあまり足を踏み入れたことがないなぁ。


正午ぴったりに着いたのは、ある民家。
で、手渡されたのは大量のキックボードのタイヤ。
ジモティーで、たまたま見つけたキックボードのタイヤについて、取引をしたのだ。


50個で1,000円!
しかも20個おまけ!
量もすごいが、純正品なら1個800円するものが、こんな安いのはすごい!

f:id:kickboy:20200629231747j:plain



ただまぁ、家に帰って改めて確認したら、タイヤが異様に細いことに気がついた。
旅で長距離移動するには、耐久性が正直ちょっと不安である。
2泊3日くらいの旅だったら、使えそうかな?
せっかくなんで、近場でもいいから試しに走ってみたいなぁ~、梅雨なんで難しいけどなぁ~。

自粛明け!同窓飲み

自粛が明けて少し経ち、まわりの環境も解除直後よりもゆるく感じる。
僕個人の感情も同じで、飲みに行くことの抵抗もどんどんなくなってきた。
とはいえ、警戒心は人それぞれなので、友人に飲みに誘うのも遠慮しがちとなる。


そんなこともありつつ、金曜は同級生のゴンタ・作三を誘って飲んだ。
3人とも飲みに出ることに快諾してくれたことが、まずありがたかった。

 


午後7時半、ゴンタと合流。
作三は仕事で途中参加となったので、まずは2人で飲むこととなった。


週末ということもあり、いつもの焼き鳥屋は満席。
ということで急遽寄ったのは、お店は駅前にある「粉もん屋 八」。
かつて店頭販売型のたこ焼き屋だったのだが、最近になって店舗で飲食できるようになったのだ。


メニューはたこ焼きは当然ながら、粉モノや一品料理があり、まぁ飲んで過ごすにはギリギリ満足できるラインナップ。
たこ焼きの味は賛否あるようだが、個人的にはけっこううまかった!
家庭では再現できない、何か独特のうまみが秘められている。

 


序盤はゴンタと2人で、たまたま通っている病院が同じということがあり、そこの病院あるあるでまさかの大盛りあがり!
普段ひとりで感じていた小さな感情が、掘り起こすとこうも面白いものか。


しばらくして、作三も合流。
相変わらず作三の仕事毒トークが炸裂しながら、久しぶりの3人でトークは盛り上がる。


以前会ってから半年もブランクがあるのにそう思えないのは、オンライン飲みを2度やったからだろう。
そう考えると、オンライン飲みもいいものだった。
一方で、オンライン飲みだと話題が途切れがちだったので、そういう意味では終始話し続けられるアナログ飲みって、やっぱりいいなと改めて痛感する。

 


おなかが落ち着き午後10時半、お店を変えようといったん会計を済ます。
こうして場所を変えることができることも、アナログ飲みのいいところだなぁ。


がしかし!
近くの店は2店とも、午後10時半にラストオーダーを迎えてNG。
コロナの影響で営業時間を短縮しており、明日から通常営業になるとか。
明日からて!
客の多い金曜に、1日くらい前倒ししてもええんちゃうん?
僕らと同じように、居酒屋に入ろうとしては断られる浪人がちらほらいて、つくづく田舎だなぁと感じる。

 


このまま解散するか?
という話まで出たが、どうしてもあと1杯は飲みたく、わらにもすがる思いで入ったのが「うぐり手打麺処」。


店の名前からうどん屋を思わせつつ、カラオケののれんがかかっているという、何の店だかわからず今まで敬遠していたところだ。
中に入ると、小さなテーブルがいくつかあってまばらに客もいて、カラオケセットが組まれている。
飲み物メニューは口頭で、フードは料理というよりつまみ系がいくつか。
居酒屋というよりは、スナックとかラウンジといった雰囲気だ。

 


午後11時までとのことだったが、午後11時に普通に常連さんが往来するなど、ゆるいゆるい。
というか、もう常連さんの社交場になっているのだろう。


結局生ビール1杯で1時間ほどいたのかな?
はじめに皿にたっぷり盛られたおつまみだけでフードは済ませたのだが、会計はなんと1人500円。
ええっ、おつまみタダ?
席代として500円くらいは覚悟していたのだが・・・
この商売っ気のない脱力感が、いかにも交野らしくてよい。

 


お店のチョイスとしては、ふだんとは少しトリッキーであった。
が、飲み会としてはいつもどおり楽しいものとなった。
本当は夏に遊ぶ企画も決めたかったのだが、話題こそあがったが詰めきれなかった。
さすがにキャンプは暑くて無理だが、また何かしらしてみんなで夏を実感したいものだ。