キックボード旅人の日常

キックボード旅人による、旅の話とか日常のこと。

セトゲイのせい

今年は秋に3連休がそこそこある。
秋まで待たずとも、5月と6月は有給がとりやすく、3連休を作れる。
これはもう、旅のチャンス満載!
なのであるが、いまいちプランがたたない。


昨年だったら、3連休があれば離島でミニ遍路をしまくっていた。
今も興味が冷めているわけではないが、どうも足がすくんでしまっている。


その理由の1つが、「セトゲイ」だ。
瀬戸内国際芸術祭という、3年に1度ある、瀬戸内海の離島で開催される芸術祭だ。
あまり詳しくはないが、いくつかの離島で芸術作品を展示したりしていて、けっこうファンも増えているそうだ。


ええ。
興味ないんですよ。
まして、離島には静寂を求めているフシがあるのに、人が集まるイベントがあるというのもね。
そんな悲しい性がたたって、二の足を踏みまくっている。


まぁ離島にこだわらなくってもいいのだが、逆に離島以外で3連休で行きたいところというのも、なかなか浮かばなかったりする。
なかなか、間口のせまい旅人だなぁ。
もうちょっと、何か旅を楽しむためのものがほしいな。

大炎上未遂?

まれに大学時代を回顧することがある。
最近、つくづく思うことがある。
当時スマホSNSがなくてよかったな、と。


SNSによる相次ぐ不謹慎動画は、連日のようにニュースになっているし、そのたびにハラワタ煮えくり返る不快感を覚える。
でも、似たようなことってしていなかったかと自問すれば、どこか全否定できかねるところがある。


さすがにあからさまな器物損壊とか、バイト先の食材をどうするかとかは、断じてしたことはない。
でも、内輪で盛り上がりすぎたことで、法律的にはNGだったりとか、第三者が見て不快な過剰すぎる悪ノリなんかは、多少なりともしている。
ようは、それを映像に残して第三者にさらしていないだけではないだろうか。
そう思うと、たまたま時代が追いついていなかっただけなのかなぁ、と。
自己顕示欲の強い僕だからこそ、スマホなんてあったら絶対さらしまくっていたやろうし。


繰り返しますが、器物損壊とか激しい違法行為はしていない。
今の時代にニュースになっているほどの、激しいことは決して。
ただ、過剰な悪ノリとかがね。
具体的にはこんなところで書かないし、覚えていないことも多いけれど。


ええまぁ・・・
誰に対してでもないけど。
ごめんなさい!

夜更けのバーチャル散策

飲み会以外で夜に出かけることは基本的にないので、ワクワクしてしまう。
土曜日は夕方から家を出て、一路あつし君の家へ。


目的は、家で飲みながら、たき火のできるスポットを相談しようというものだ。
ここ数年、廃キャンプ場でたき火をしながら夜を明かすという楽しみを繰り返していた。
しかし、いつも使っていた場所が私有地となり、実質立入禁止となったのだ。
なので新しい散策地を、できれば近場で見つける必要が出てきた。

 


家に着いたら早速乾杯し、用意してもらったアテをいただく。
これがいずれもひと手間かけたもので、ビールと日本酒にあう!
こういうものをサクッと作れるようになりたいなぁ、と日々思いつつも、相変わらず自炊ができないでいる。


発泡酒からはじまり、柚子の入ったクラフトビールIPA)を飲み、イモムシの入ったテキーラを飲み、クソ飲みやすい日本酒を飲み、かつて自暴自棄なときに衝動買いしたバランタイン30年を飲み。
大方の予想どおり、本題の話よりも酒と会話に華が咲きまくる。


途中で奥さんも加わり、さらに話はヒートアップ。
かなり話し込み、ふだん口にしないような心の底の本音もいろいろ聞いてもらい、夜はどんどんふける。
お酒もかなり進み、まぁ正直何しゃべったか、ほとんど覚えていない・・・

 


本題の場所選びに本腰を入れたのは、午前2時を過ぎてからだったか。
あつし君がある程度目星をつけてくれていた場所を、航空写真を見ながら吟味する、ポツンと一軒家方式を採用。


その後は、僕が持参した20年前のキャンプ場ガイドを元に、廃キャンプ場を検索。
しかしこれが予想外に難儀した。
意外にも、キャンプ場ってどこも息長く続いていて、理想どおりの場所がなかなか見つけられない。
というか、あらかじめ予習していなかった僕がそもそも大問題なんだけど。

 


そんなこんなでいくつか目星をつけ、就寝したのが午前3時半。
翌日は遅めに起きたが、すでにあつし君の子どもらが朝から大はしゃぎしており、子守をして癒やされながらも、体力は順調に消耗した。


という、ちょっと珍しい1日を過ごした。
何はともあれ、次回は下見の約束もしているので、この楽しさはまだまだ続く。

バズりTV

ちょっとだけさかのぼって、GWの話。
福島県郡山市のやたらテンション高い71歳店主がいる、居酒屋で飲んでいたときのこと。


帰り際に仲良くなったテーブルの若者団体さんにキックボード旅の話をして、えらく盛り上がった。
そのときに聞かれたこと。
「動画流したら絶対バズるのに~」


お、おう。
今さらバズるという言葉にジェネレーションギャップなんて感じへんからっ!
と強がったみるものの、やはり感覚の違いに気づかずにはいられない。


バズるという言葉よりも、何というのか。
何かしら人を驚かせるようなことをする人物がいたら、僕とかだったら
「テレビ出れそう」
みたいな表現を使うと思う。


そう、大衆に知られる状況のことを、「テレビに出る」から「ネットでバズる」という感覚に、完全に変わっているのだ。
それでいえば、僕自身にある「あわよくばテレビに出たいなぁ~」という欲求なんて、古臭くて的外れな感覚なのかも知れない。


といって、ネットで「バズ」ったところで、やはりテレビほどの周知性は感じられない気がするなぁ。
仮にバズったところで、それが多くの人に知れ渡ったり、記憶に留まる気がまったくしない。


そんな違和感を覚えながらも、テレビに出たい欲求があることをしれっと告白してしまい、ちょっと恥ずかしかったりする。
誰か、きっかけちょうだいっ!
ナイトスクープとかでもいいからっ!

タビワズライ、カラマワリ

今週末に旅を出る、つもりだった。
1泊2日、キックボードで走るつもり。
ルートも宿も予習をして、準備をしていた。
本当に気分が乗っていた。


それが叶わなくなった理由は、体だ。
GWの旅はいつも以上に疲労が少ない、つもりだった。
しかし疲労はジワジワと表面化しだしている。


筋肉のこわばりはゆるんできたのだが、今度は関節が悲鳴をあげだした。
朝、目覚めてから立ち上がるまでに、痛みを伴う。
動いていると痛みはおさまるのだが、仕事で席についてしばらくじっとした後、再び立ち上がるときにまた痛みが走る。
痛みといってもガマンできるレベルではあるのだが、とてもこんな体の状態で負荷をかけようとは思えない。


今年は去年以上に早く真夏がやってくる予感がするので、今のうちに動きたいというあせりもあり。
GWに絞った体がすぐ元に戻りそうなので、再びシェイプアップしたいという気持ちもあり。
錯綜する気持ちを押し切っても、やはり今は回復を待つのが得策だろう。
ああ、もどかしいなぁ。

プロフェッショナル天

4月はGWの旅を控えていたので、体調を整えるべく、花見以降は飲みに出ることを極力控えた。
その反動もあり、旅が終わってからは必死に飲みの場を探している。
そんな第一弾は先週の金曜、徒歩くんと都島での飲み。


午後7時半に現地集合し、乾杯!
近況や旅の話などに華を咲かせながら、いつもどおり絶品料理をいただく。


今回はいつもと違うことが1つある。
カウンターの向こうにいつもいる、店員のショウ君がいない。
修行の身だった彼が、卒業したとのことだ。
ちゃんと顔を覚えてくれて、テキパキと仕事をこなす姿は、もう見られないのだ。


そうなると当然、マスターが1人で切り盛りすることとなる。
が、この手際がすごい!
僕ら以外にカウンター席・テーブル席にお客さんがいたのだが、料理も飲み物も遅れることなくベストなタイミングで提供する。
味だけでなく、この手際にはプロフェッショナルを感じざるを得ない。

 


飲み物は、けっこう早い段階で日本酒に移行。
これのおかげで、以降の記憶が薄れてしまっているのは、残念ながらもはじめからわかっていたこと。


途中で、隣にいたMさんとも仲良くなる。
というか、以前にも徒歩くんと飲んでいるときに話したことがあったので、スンナリと合流できた。

f:id:kickboy:20190516001320j:plain

f:id:kickboy:20190516001323j:plain

f:id:kickboy:20190516001325j:plain

f:id:kickboy:20190516001328j:plain

f:id:kickboy:20190516001330j:plain


そのまま3人で、近くのバー「BarPreferir」へ。
スコッチの品揃えが抜群のこのお店で、絶品かつレアなモルトをいただく。
この時点で時間の感覚すらマヒしてしまっていたが、ちゃんと徒歩くんが時間を意識してくれていたので、終電を逃すことなく帰ることができた。

 

f:id:kickboy:20190516001339j:plain


本当はもっとお店をハシゴしようと思ってたんだけどね。
料理も酒も絶品のお店では、とてもそんな気になれない。

キックボード茨城→宮城旅 ~外食編~

前回のブログとかぶっているようなテーマだけど、今回は夜に寄った居酒屋の紹介。
今回の旅では、8泊中4回も外食をした。
外食はいいモノ食べられるし交流があったりもするんだけど、宿代と近いくらいの値段がかかるし、毎回近くに飲み屋があるわけでもないから、やはり毎回はいけないんだなあ。

 


福島県いわき市「赤鬼」】
いわき市で居酒屋を探していると、やたらと焼き鳥屋が多いのに気づく。
このへんの名物?かどうかはわからないが、お店を焼き鳥にシフトしたところ、たまたま焼き場の店主と目があったという理由で入ったのが「赤鬼」。
大ぶりに刺された鶏肉は、素材はもちろん炭火の焼き加減が絶妙で、めちゃくちゃうまい!
これは本当に間違いなく、今まで食べた焼き鳥でトップである。
5本で750円という値段も、驚くほど格安。


唯一残念だったのが、お店が落ち着いたというのに、店員さんと客との“距離”があったこと。
個人店だったら、もうちょっと客との交流とか楽しむ姿勢を見せてほしいなぁ。

 

f:id:kickboy:20190513232930j:plain


福島県郡山市「大助」】
今回の旅で意識的によく食べたのが、鶏肉。
詳しくはないけれど、何となく筋肉がつきそうでダイエットにもよさそうだから。
そんなわけで前日の「赤鬼」に続き訪れたのが、この「大助」。
決して派手さはない店構えだが、メニューが見せ前に張り出されている誠実さと、そこそこ昔からやってそうな安心感を感じた。


お店の看板である焼き鳥や牛たんはもちろん絶品!であるが、それよりも店主がすごい!
仕事が落ち着いたらカウンターやテーブルに現れては、常連さんやテーブルの若者と交流をはかる。
誰よりも大声ではしゃぐ店主、何と71歳!
話も上手だし、客同士をしっかりつないでくれるしで、このお店が味だけで持っているわけではないことが確信できる。


右にいたジジイは話が一方的なので途中から無視したが、左にいた高知出身の若者と話し込み、帰りがけにテーブルにいた若者集団にも旅のことをいじられ。
「旅しててよかった~」と思えるひとときを過ごすことができた。

 

f:id:kickboy:20190513232946j:plain

f:id:kickboy:20190513232949j:plain


宮城県東松島市「遊」】
宮城の矢本という場所は、駅前なのだが居酒屋がまばら。
そんな中、ひときわ入りやすそうだったのが「遊」。
海鮮が自慢のお店で、鮮度抜群の海鮮をいただいた。


入店時はお店がバタついていてピリピリしていた厨房も、落ち着けば一転、店員さんが話しかけてくれる。
あと途中から入ってきたカップルと仲良くなり、なかなか盛大に盛り上がった。


たまたま店主とカップルさんの出身が青森ということもあり、勧められたお酒は青森の「豊盃」という銘柄。
純米吟醸なのに大吟醸のようなきれいな飲み口と、その後口に広がる酵母の甘さ。
今回の旅で外食時は日本酒を一献いただいていたが、抜群にうまかった!

 

f:id:kickboy:20190513233014j:plain

f:id:kickboy:20190513233017j:plain

f:id:kickboy:20190513233021j:plain


宮城県仙台市「鳥幸」】
旅の最終日は仙台で、とにかく牛タンが食べたかった!
駅前がめちゃくちゃ都会化され、飲食店が並ぶ商店街をウロついたが、「何かチガウ」感を覚えて、あえて商店街から少し離れた場所を探す。
そこで見つけた「鳥幸」は、生ビール2本とお造り・小鉢・一品・焼き鳥などが付いて2,000円セットがとにかくおトクでうまい!
先日紹介したとおり、当然牛タンもうまい!
必ずしも商店街のお店が割高とかハズレとか言えたものではないが、次また仙台に来るときもこの店に来よう、と思えるほとアタリなお店だった。

 

f:id:kickboy:20190513233037j:plain

f:id:kickboy:20190513233040j:plain


さて、そろそろ旅の回顧録は終わりにしよう。
続きはWebサイトにアップしま~す。


ということで、次回からフツーの日記に戻ります。