キックボード旅人の日常

キックボード旅人による、旅の話とか日常のこと。

キックボード vs. バギークロス

先日の日記で紹介したバギークロスについて。
10年以上愛用している愛車キックボード(4インチタイヤ)との違いを、感じるがままに書いてみたいと思う。


ギークロスのほうが優れている項目は◎、劣っている項目は☓、それ以外のマークはまぁ推測のままに。
また、単に「キックボード」と表現しているものは4インチタイヤのキックボードと読み取ってください。

f:id:kickboy:20191119233437p:plain



◎オフロードでも走れる
タイヤは12インチのチューブタイプなので、未舗装路でも走れる!
ちょっとした段差でもつまずいたり転倒する4インチタイヤのキックボードとは、ぜんぜん違う!
走るフィールドが大幅に広がるというのが、何よりのメリットである。


◎音が静か
むしろキックボードのタイヤ音がうるさすぎるので、静かという表現が適切かわからないけれど。
近くにいる人から、音だけでジロジロ見られたりしないことがうれしい。


○スピードが落ちにくい
蹴った後のスピードが、キックボードよりも落ちにくい。
ベアリングがしっかりしているのだろう。


△加速が弱い
蹴った後の加速が遅い。
タイヤの接地面がキックボードより広いため、摩擦がかかるのだろう。
キックボードで慣れていると、思ったところで思った速度が出せないので、ややイラッとする。


△ブレーキがついている
しっかりと前後ブレーキがついているので、下り坂では安心感がある。
しかし、急ブレーキなんてしようものなら体が投げ出されるか横滑りするだけなので、止まるというより減速に使うような感じである。
あと急坂の下りの場合は、ブレーキがなぜかガクガクとノッキングしてしまい、危なく感じる。
せっかくついているのに性能がイマイチ。


☓持ち運びしにくい
折りたたみができないし、意外にかさばる。
片手でも持てるし電車やバスにも手軽に持ち込めるキックボードの携帯性を考えると、やはり融通がきかない。


?ハンドルの高さが・・・
ハンドルが低くて、終始腰が痛かった。
が、これはどうやらハンドルの高さを調整できるのに、僕ができていなかっただけらしい。
このへんはしっかり調整してリトライしたい。


【総括】
ギークロスを買ったきっかけの1つとして、ちょっとした登山道に持って行って、下山時に使ったら面白いのでは?ということを考えていた。
しかしブレーキ性能しかりもあり、スピードを出してダウンヒルを楽しめるほどの安定感は望めそうにない。
一方で、先日キャンプに持って行ったときはダートでの移動が意外に便利で、キャンプでのツールとして楽しめそうだ。
旅のツールとしては、ハナから使う気はないし、やはりメリットが少なそうだ。


使い方次第では、遊びの種類が増えそうである。
いろいろと考えうる使い方を模索して、新しい楽しみを増やしていければいいな。

ぶらり奈良ドライブ&明日香キック

金曜日に日本酒&カラオケを楽しんだものだから、当然土曜日は午前中までぐっすり。
ようやく目が覚めてごはんを食べるも、再び睡魔に襲われて夕方までぐっすり。
まぁ、仕事の繁忙期もあって疲れがたまっていたこともあるんでしょう。
でも、せっかく外が陽気なのに引きこもりというのはもったいない!
先週も家に引きこもっていたし、さすがに精神衛生上もよろしくない。


そんなわけで日曜日は朝から外出した。
行き先は特に決めず、とりあえず奈良方面へひたすら南下することに。


1時間半ほど走り、ラーメン屋で昼食をとりながら地図とにらめっこ。
吉野くらいまで走れるかとにらんでいたが、帰りの時間も考えるとちょっとしんどそう。
再出発後にどうしようかなぁとプラプラ走っているうちにたどり着いたのが、明日香村にあるお土産やさん。
よし、ここで散策しよう!


車を停めて寄ったのは、近くにある「飛鳥寺」。
日本最古のお寺とのことで、敷地こそそんなに広くないものの、次から次へと団体客が押し寄せる。
お寺自体は無料であるが、本堂の内部観覧は350円。
中には昔から鎮座する大仏さんがある・・・とのことだが、単独行動時にはどうしてもお金を出し渋ってしまうんで、見られず。

f:id:kickboy:20191118225003j:plain


そこからいったん車に戻り、車から降ろしてきたのはバギークロス。
ギークロス?
となると思うだろうが、ようはでか目のキックボードのことだ。
前回のキャンプではじめて使ったのだが、ずっと車に積みっぱなしだったので、ちょうど散策にも使えるかと思い、取り出した。
乗り心地もろもろは、いつも使っているキックボードといろいろ違う点が気になるのだが・・・そこはまた別の日にでも。


明日香村といえば、石舞台古墳やら亀石やら遺跡がたくさんある。
しかし有名な名所へはやや距離があるし、そもそも何度か見に行った経験もあるのでパス。
「国営飛鳥歴史公園甘樫丘地区」という、自然がふんだんに残った丘。
展望台が2箇所あり、かさばるバギークロスを脇に2箇所とも巡る。
景観はまぁそこそこだが、それよりもうっすら汗ばむほどよい運動になった。

f:id:kickboy:20191118225017j:plain

f:id:kickboy:20191118225021j:plain


再び駐車場方面へ寄ってからは、飛鳥坐神社へ。
他に参拝客がおらず、しんと静まり返った雰囲気が何とも神聖であった。
また、神社までの道中が田園地区で、純粋にこの土地の雰囲気がものすごく好みで癒やされた。

f:id:kickboy:20191118225036j:plain

f:id:kickboy:20191118225040j:plain


以上で散策は終わり、帰りも意外と早い時間に帰宅できた。
やっぱりお出かけはいいな!
まったくノープランでもこれだけたくさんの刺激を受けるなんて。
しかも自分の住んでいる地域って、奈良にも京都にも近いというえげつない好立地やし。
土日とも予定ないときは、もっと積極的に外出するようにしよう!

日本酒会 in 福島

今年1月に発足した、社内の日本酒好きが集って日本酒を楽しむ「日本酒会」。
と表現するほどたいそうなものではなく、メンバーはたったの3人。
しかも開催がほぼ半年スパンで、今回が3回目となる。


金曜日は、メンバーのYさんが足繁く通うという福島へ。
特にオススメだというお店へ行くも、残念ながら満席。
すかさずIさんが友人から聞いたという情報をもとに、場所を移動。

 


1軒目「路地裏アバンギャルド」は、古民家を改装した立ち飲み屋。
広~いカウンターが特徴的で、落ち着いた照明がレトロな雰囲気を醸す。
料理の主体はおでんで、変わり種が多いうえリーズナブルだ。
肝心の日本酒はシブいチョイスで、4つのジャンルにわけられているのがありがたい。
また、お酒が注がれた後、しばらく瓶をカウンター前に置いてくれるのもうれしい。


1時間もしないうちにお店を出て、すっかりほろ酔いのまま街を歩く。
2軒目も、立ち寄るところがことごとく門前払い。
たくさんお店があるというのに、やはりおいしいお店には人が集中するのだろう。

 

f:id:kickboy:20191117174617j:plain

f:id:kickboy:20191117174620j:plain


ようやく入ったのが2軒目「日本酒酒場立呑み 仁」。
玄関先に飾られたたくさんの酒樽が印象的だ。
店名に「立呑み」とあるが、奥にはテーブルが用意されている。
料理は日本酒にあうものばかりで、種類も豊富だ。
日本酒はメニューがなく、冷蔵庫から自分の飲みたいものを選ぶスタイル。
350円と500円の2種類があり、珍しいものが揃っていて面白いしリーズナブルだ。
24歳の店員さんがものすごく愛嬌があって面白く、僕たちのテーブルを存分に楽しませてくれた。

 

f:id:kickboy:20191117174633j:plain

f:id:kickboy:20191117174636j:plain


という感じで日本酒会は終了。
会社の話はもちろん、個々のプライベートであったり日本酒のウンチクや店の紹介であったり、話題に事は欠かなかった。
個々の個性もあるが、自然と話題を引き出す日本酒独自の魔力のおかげではないかとも思える。

 


Iさんを見送った後は、Yさんとまさかのカラオケ。
会社の人と、サシでカラオケに行くなんて!
あまりに意外な展開と歌の年代が重なることに、ただただ楽しみを覚えて叫びまくった。

 


次回は京都かな?
別のメンバーを入れるとかも楽しいかも。
今後、どんな会になっていくのかが楽しみで仕方がない。

そして伝説へ・・・

ゲームはしません。
スマホにも入れていません。
ゲーム機もプレステ2以降は買っていません。


そんなかたくなにゲームを拒否するのには、ゲームが嫌いなわけではない。
むしろ一度ハマると、そらもう他のことがまったく手につかなくなるくらい、どハマりしてしまうのだ。
そんな自分を知っているため、あえてゲームから遠ざかっているのだ。


しかし先週末、不覚にも1つのゲームに手を出してしまった。
それがこれ。

f:id:kickboy:20191111235750g:plain

f:id:kickboy:20191111235753g:plain

えっ、何これ?
味方多ない?
敵も多ない?


そういうリアクションしてくれた方には言わずもがな。
ドラゴンクエスト3」という、発売当日に行列やカツアゲが横行し社会問題にもなった伝説のゲームである。
お恥ずかしながら、このゲームは人生の中でも間違いなくナンバーワンにハマったものである。
大学のころに、何十回クリアしたことやら・・・


そのドラゴンクエスト3が、何とパソコンで遊べることを知ったのだ。
しかも無料だ。


オリジナルのBGMやシナリオはほぼそのままに、前述のような独自のアレンジがある。
本来味方が4人なのに6人選べるとか、たまにオリジナルにはない宝箱や武器類を入手できるとか。
セーブも好きなところでできるし、オリジナルなクエストもあるし。
もう、原作好きにはたまらなさすぎるシロモノなのである!


それこそ土曜日なんて、ほぼ1日、朝から晩までやり通してしまった。
おそらく普通にやれば、クリアまであと10時間以上は遊べる。
が、やはり平日にまでハマると仕事に支障があるし、他にやることあるしで、断腸の思いで手放した。


ほんまつくづく、ゲームという中毒性の高い媒体の恐ろしさを知った。
「もう二度とゲームはするな!」と、今は自己暗示がかかるまで自分に言い聞かせてやりたい。
ミニにタコができるほどに。

焼肉オンチ

焼肉がニガテである。
というと「モリモリ食うとるやんけ!」と言われてしまうが、そういうことではなく。
焼肉の肉の種類とか、そのへんの知識が乏しいのだ。


焼肉屋に行ったときに、ロースだカルビだハラミだ言われても、メニューを見たときに違いがわからない。
なのでメニューを渡されても、何から注文するのが正しいのかがわからない。
ホルモンに至っては、さらに種類が多くなってもう、ちんぷんかんぷんだ。
何でみんなそんなに詳しいのん?


そもそも、昔っから焼肉屋でごはんを食べるということをほとんどしたことがない。
家で焼肉というのはたまにしていたが、子どものころなので肉の種類なんてわからない。
というか、そんなに種類あったんかな?


もっといえば、焼肉での作法なんかも疎い。
何なん、肉を焼く用のトング?
昔っからそんなん使ってた?
生肉をおはしでつかむと衛生的に、という理屈はわかるが、神経質すぎん?
てゆうか、生肉をつかんだトングで肉ひっくり返したら焼けた部分に菌つくやろうし、焼けた肉を取り分けるのにトング使ってたら意味ないやんやし。


牛タンも塩コショウとレモン汁、ってまわりに合わせて食べてるけれど、本当はタレでいきたいねん、酸っぱいのんニガテやねん。
はじめっからごはん頼む人多いから僕もあわせて頼むけど、ホンマはごはんいらんねん。
シメの冷麺って、焼肉屋の冷麺ゴムみたいであまり好きちゃうねん。
「網変えてもらおっか?」って聞かれても、えっ網なんて変えるもんなん?って思いながら「そうやな~」ってもっともらしい顔して返事してんねん。


そんな感じなんで、どなたかぜひとも、焼肉の作法をお教えくださいませ。
っていうか普通に焼肉食べにいきましょう!

同窓秋キャンプ in 丹波猪村 ~その3~

丹波キャンプのつづき、2日目。

 


特に待ち合わせしたでもないが、午前7時半に起き出して朝食。
昨夜は空気が湿っていて僕の1人テントは比較的適温であったが、ゴンタの広々テントは寒かったらしい。


食後は昨夜行かなかったお風呂へ。
キャンプ場内にはまさかの風呂ナシなので、車で15分ほどの「るり渓温泉」へ。
山にある割に近代的で大きな施設で、時間の許すままゆっくり汗を流す。

f:id:kickboy:20191110114036j:plain


キャンプ場に戻ってから昼食はBBQ。
前日買ってきた山垣の肉は想像以上に好評。
というか今までステーキ肉しか食べたことなかったので、はじめて食べる焼肉用のお肉は最高にうまい!
今度からBBQをやるときは、事前に時間があれば買いに行ってもいいと思えるほど。

f:id:kickboy:20191110114109j:plain


昼食後は場内にあるアスレチックへ。
手作りのアトラクションは、まさかの3つ。
キャンプ利用客は無料だが、それ以外は1人300円もとるというのに!
ここではアトラクションよりも、バスケットゴールでひたすらシュートで遊んだ。
意外にも盛り上がるが、一方で体力のなさをまざまざ思い知らされる。

f:id:kickboy:20191110114122j:plain

f:id:kickboy:20191110114038j:plain


けっこう長時間遊んでからはキャンプ地に戻り、火を囲みながらゆっくり。
というか昼寝した。
やはりアスレチックではしゃいだツケがまわってきたようだ。

f:id:kickboy:20191110114141j:plain


昨夜と違って夕方以降の冷え込みが激しく、夕食はゴンタのテントへもぐって味噌鍋。
鍋は当日昼までに余った食材を放り込めるというメリットがあるのだが、そもそも食材が余りまくっていて、量が膨大。
買い出し時には足りなさを感じていたのに・・・買い出しは本当に難しい。
とにかく鍋の量が多かったことと外の寒さで、あまりお酒が進まず。


最後はゴンタ家と僕と、YouTubeを使って「いかにみんなが知っている曲を流すか」の競技。
意外にも重なるところが少なく、寄せている間にいつしか懐メロ合戦となり、ええ時間となったところで就寝。

 


翌日は少しまったりしてから撤収。
チェックアウト時間を1時間も経過したが、何のお咎めもなしというのはありがたい。
帰りはBBQ時に話題となった山垣に寄って買い物をして解散。

 


昨年のキャンプではとにかく寒さにヤラれたので警戒していたが、今回の気候がギリッギリのようだ。
次回は来年、春ぐらいかなぁ。
でも春は春で朝晩寒いからなぁ。

同窓秋キャンプ in 丹波猪村 ~その2~

丹波キャンプの初日、つづき。

 


設営が終わり少しゆっくりした後は、いよいよ夕食の支度。
「僕が作る!」と言った手前、仕込みは率先してやることにした。
といっても1人では効率が悪いので、ゴンタ長男にも手伝ってもらった。
料理人でもないのに、人に指図しながら料理をするのは何とも申し訳ない気がしながら。


パスタだけでは味気ないので、少ない僕のレパートリーの1つ、ポテトサラダを作成。
量がわからずじゃがいも4つ使ったのだが、めちゃくちゃ大量!
しまった、すっかりバイト時代の分量で作ってしまった・・・
味付けはいつもフィーリングなのだが、アドリブでコンソメを入れてみたのと、塩の量をゴンタ長男に任せてみたところ、これがなかなかいい感じに調和!
今まで何度かポテトサラダを作ったが、間違いなくナンバーワンのデキである。

f:id:kickboy:20191106002356j:plain



メインである「ナスとひき肉のパスタ」は、何だかんだでほとんどゴンタ一家にお任せしてしまった。
ゆがくときに入れた塩が少し足りなかったのか、塩気が少し足りなかったのだが、それは後入れでカバー。
岩塩をミルでひいて使ったので、思っているほど量が入らなかったのだろう。
後入れとはいえ、思わずがっついてしまうくらいの美味に仕上がった。

f:id:kickboy:20191106002407j:plain

f:id:kickboy:20191106002409j:plain


食後はたき火を囲ってまったり。
風がなく空気が湿っていて寒さはいくらかマシなのだが、逆に空気が湿っている弊害として薪に火がつきにくい。
何とか薪のくみ方の工夫をしたりして、ようやく火が安定すると、これまたまったり。
たき火というのは本当にいくら見てみても飽きない。

f:id:kickboy:20191106002421j:plain


特にゲームなんかをするでもなく、ひたすらたき火を楽しんでから午後10時に片付けをして解散。
キャンプの1日目はどうしても移動や準備で時間がとられるので、2泊でよかったなぁと感じつつ、翌日の終日フリーな時間を楽しみにしながら夢の中へと入る。

 

f:id:kickboy:20191106002429j:plain


1日目が終わったところで、つづく。