キックボード旅人の日常

キックボード旅人による、旅の話とか日常のこと。

同窓おとまり会 in 川湯温泉 ~その4~

フリーダムな空間を満喫した翌日。

 


昼過ぎからずっとお酒を飲み続けていたが、午前6時過ぎという早い時間に目が覚めた。
眠気はまだあるものの、それより「散歩したい」という欲求に強く駆られる。
偶然にも、作三嫁と作三長女が玄関に出るタイミングであったが、あえて別行動をすることに。


雨は降っておらず、空は雲で覆われている。
宿の前に流れる川の上に、霧がかぶさるようにかかっており、何とも幻想的な雰囲気を醸している。


しばらく宿から歩き、建物が途切れたあたりに河原に降りられる場所がある。
河原に降りると、不思議な感情に包まれる。
というか、感情がなくなるというか。
心が無の状態というのだろうか、ちょっと形容が難しい。


例えば休みの日に家にいると、何のしがらみもなく過ごせる反面、他に何か有意義な過ごし方がないのかとか、他の友人は遊びに行ったりしているんじゃないのかなとか、何かしらの邪念に襲われる。
しかし、そういったものが一切ない。
それでいて、今自分が特別な場所にいるとか、特別なことをしているという意識も一切ない状態で、時間の感覚すらなくなるというか。


ううむ、やっぱりよくわからない。
オカルトとかそういう意味ではないよ。

 

f:id:kickboy:20190721233644j:plain

f:id:kickboy:20190721233647j:plain


不思議な感覚とは別に、違った感情が芽生えてくる。
魚が捕りたい。
でもみんな起きてたら朝食タイムになるなぁ、と宿に戻ると、まだゴンタ一家が就寝タイム。
網をとって、再び川へ。


草場が少なく、それでも川の端をガサガサとさぐって、ちっちゃいハゼとエビを1匹ずつ。
釣果こそ残念だったが、相変わらず時間を忘れて楽しめるのがいい。

 


再び宿に戻ると、みんな起きていたので朝食。
食後ゆっくりしていると、宿の主人がやって来た。
手にしているのは、近くにある熊野本宮で売っている「もうで餅」。
いやいや、ただでさえ安く済ませてもらっているのに、こんなものまでいただけるなんて!
本当にここのおもてなし精神には、脱帽するばかりだ。

 

f:id:kickboy:20190721233810j:plain

f:id:kickboy:20190721233815j:plain


つづく。

同窓おとまり会 in 川湯温泉 ~その3~

一棟借りの宿に入って至れりつくせりさに歓喜をした、つづき。

 


とりあえず和室の掘りごたつに集結して落ち着く。
8人宿泊を想定しているのに、掘りごたつに8人はギリギリ入らないなぁ、という精一杯の不満を絞り出すも、やはり興奮は冷め止まない。

 

f:id:kickboy:20190719003610j:plain


少し落ち着いたところで、カラオケが好きだというゴンタ長男を連れてバーカウンターへ。
通信カラオケと聞いていたのでカラオケボックスと同じマシンかと思いきや、デンモクらしきメニューパネルがない。
代わりにマイクにボタンがついている。
あっ、通販番組で見たことあるやつ。


試しに曲を検索するが、歌いたいものが全然ない。
カウンターに設置されている歌メニューを見つけるも、メニューどおりに番号を入れても曲が入らない。
さんざん調べてみると、どうやら通信ができておらず、機械にプリセットされている曲しか選べないらしい。


こうなると、歌える曲がない。
困っているところで一同がバーカウンターに集結し、ゴンタ長男を筆頭にみんなが歌い始める。
そういえば、このメンバーでカラオケしたことってはじめてだ。


僕は歌うことを諦め、代わりにカウンターのマスターを気取る。
昔っから、カウンターの奥に立つということに、なぜかあこがれがあったのだ。
お菓子を盛り合わせて出したり、ちょっとした料理をキッチンで作って持って行ったり。

 

f:id:kickboy:20190719003622j:plain

f:id:kickboy:20190719003624j:plain


しばらくすると、バーカウンターには作三とゴンタ長男だけ残り、他はキッチンへ集結。
夕食の準備をして、ちまちまつまんではお酒を飲む。
カラオケ好きな2人は依然として帰ってこないので、時々食べ物と飲み物を運んでやる。
正直なところ、キッチンも椅子が足りず8人では狭いので、ちょうどよい。

 

f:id:kickboy:20190719003638j:plain

f:id:kickboy:20190719003640j:plain


何このフリーダムさ?
好きなタイミングで好きなことができる。
キャンプとはまた違った楽しみであり、どこかキャンプに通ずるものがある。

 


順ぐりにお風呂にも入り、午後11時ごろにみんな力尽きて就寝。

 


もう少しだけ続く。

同窓おとまり会 in 川湯温泉 ~その2~

土曜日は午前9時にゴンタ家へ。
作三ファミリーとも合流し、3家庭での1泊旅行のスタートとなった。


1時間半後に五條市のイオンへ到着し、買い出し。
夕食は宿のキッチンで自炊するわけだが、ノープラン。
しかしながら、何度もキャンプや保養所で自炊をしている仲間、好みもシンクロしていてサクサクと買い出しが進む。
レジではAEONアプリの割引&株主優待券を使い、2,000円ほど安く済ませる。


昼食もAEONで買い、車で済ませるのもこのメンバー独特の風習。
人数的に、食堂で済ませるには時間がもったいなさすぎるためだ。

 


そこからは奈良→和歌山へ抜ける国道1号線をひたすらワインディング。
昨年の大雨&台風の水害跡が要所で見られて、痛々しい。
また、学生のころ温泉巡りで何度か走ったこの道を久しぶりに走り、いくつかバイパス道やトンネルが開通していることに感動する。

 


目的の川湯温泉に着いたのは、午後2時過ぎ。
チェックイン時間より、1時間も早い。
宿のご主人に連絡をすると、すぐさまやって来てくれ、チェックインさせてくれた。


外見は古い家屋だが、中に入ってビックリ!
内装がめちゃくちゃきれいにリフォームされている。
まず目を引いたのが、玄関から入ってすぐのところにある、バーカウンター。
何でも、昔はカラオケ喫茶をしていたらしい。


水回りはもちろんきれい。
個室が2つあり、キッチンと居間もあり、外庭ではBBQもできる。
業務用の製氷機があるので氷は使い放題、かき氷機もあって自己申告で1杯100円。
コーヒーもバリスタがあり、無料で飲み放題。
お米は自己申告で1合100円で用意されている。
カップラーメンやお菓子なども、1つ100円~で自己申告でいただける。


本来なら休日3万円らしいのだが、悪天候でキャンセルが発生したこともあり、たまたま今回は1万円で提供していたそうだ。
いやいや、3万円でもこれは安い!
どこまで至れりつくせりやねん!

 


「すごい!」という感嘆の声は、本当に30分くらいやまなかった。
僕も年間20軒くらいどこかしら宿泊をしているが、間違いなくトップクラスによい宿である。

 


まだまだ序盤だけれど、つづく。

f:id:kickboy:20190717234229j:plain

f:id:kickboy:20190717234232j:plain

f:id:kickboy:20190717234235j:plain

f:id:kickboy:20190717234237j:plain

f:id:kickboy:20190717234241j:plain

 

同窓おとまり会 in 川湯温泉 ~その1~

3連休のうち後ろ2日はキャンプ、の予定だった。
しかし天気予報は雨。
この時期の天気予報は外れやすいからギリギリまで粘ろう、と往生際の悪い僕の意見をあざ笑うように、雨マークはとれない。
泣く泣くキャンプを諦めたのは、金曜日。


さて、どうしよう?
同級生のゴンタと作三と僕、それぞれのファミリー全員が2日も時間を合わせられる機会というのは、そうそうない。
できれば1泊、最低でもまる1日を、インドアで楽しめるものはないだろうか?
あいにく金曜日は飲み歩いていたので、翌日の朝、軽い二日酔いを感じながらも早起きしてパソコンに向かう。


関西でのインドアイベント類を調べたが、めぼしいものはない。
となれば、バンガローやコテージ泊はどうだろう?
調べてみると、今からでも泊まれる場所はいくつか見つかるも、いまいち「ここ泊まりたい!」となる場所がない。


いっそ、宿の形状はこだわらず、みんなで宿泊できる場所はないだろうか?
離島でゲストハウスを借り切るようなノリで。


ダメもとで探してみたところ、わずかだが該当する場所が見つかる。
その中で1軒、目を疑う物件が。
・1棟貸し切り
・キッチンあり
・温泉あり
・今年春リフォームしたて
・カラオケあり
・1棟1万円


い、いちまんえん?
これだけの条件がそろって、1棟1万円?
奇跡的な物件に半信半疑になりながらも、同級生に連絡すると、みんな二つ返事でOK。


かくして、前日ギリギリのタイミングで、ほぼノープランの旅行が決まった。
はてさて、どうなるんだろう?

ド穴場!土居立ち飲みめぐり

お酒をガマンしよう、という週初めの誓いが水曜に崩れたことは、先日お伝えしたとおり。
それどころか、金曜は僕発信で飲みに行くことになった。
ホンマどうしたんやろ・・・


いっしょに飲みに行ったのは、先週金曜にも会ったあつし君。
とりあえず「金曜に飲む」ということだけ決めていて、どこで何を飲むかはノープラン。
直前まで迷って向かった先は、守口の土居駅
あつし君と共通して楽しめそうな、立ち飲みめぐりをしようと思ったのだ。
合流のしやすさから守口を選んだわけだが、飲み歩いたこともなく、今後飲み歩くきっかけもないだろうと、土居を選んだ。

 


1軒目は駅前すぐの「立呑処 福の家」。
生ビール330円をはじめ、リーズナブルな肴が揃う。


常連さんが多いのかな?奥ではママさんとお客さんがにぎわう。
それでありながら、きっちり僕らにもまんべんなく気を配れるさまがすばらしい。
昭和テイストの古めかしい雰囲気もよい。

 

f:id:kickboy:20190716001136j:plain

f:id:kickboy:20190716001139j:plain


2軒目は商店街にある「立ち飲み 得一」。
20人ちょっと入れる長めのカウンターを進むと、壁全体に張り巡らされているメニューにまず驚く。
そして値段の安さにさらに驚く。
さらに他店には見られないオリジナルな一品が多いことに驚く。


どのお客さんにもハイテンションで絶妙な返しをくり出すママさんの個性は強烈で楽しい。
もちろん他の店員さんも同じく愛嬌がいい。


オリジナルメニューを積極的に頼んでみたが、いずれも絶品!
食材も調味料も、一般家庭で使われているようなもので、珍しさはない。
にもかかわらず、それらを絶妙に組み合わせることで、めちゃくちゃうまくなる。
料理の妙をまざまざと見せつけられた。


結局ラストオーダーまで居座ってしまった。
立ち飲みでひさびさの大当たり、ここはすばらしい!

 

f:id:kickboy:20190716001153j:plain

f:id:kickboy:20190716001155j:plain

f:id:kickboy:20190716001159j:plain

f:id:kickboy:20190716001202j:plain


まだ時間があったので、3軒目は角打ち「(有)伏見屋商店」。
お酒の販売ブースの横にある扉から店に入ると、立ち飲みできる状態になっている。
角打ちということもあり、フードメニュー自体はそんなに多くはないが、缶詰や珍味が充実しているのがうれしい。


お酒の安さは言わずもがなだが、厳選された日本酒が安く飲めるのがうれしい。
少量からの注文もできるし、わざわざマスターがお酒をつぎながら、そのお酒の情報をいろいろ教えてくれる。


あと個人的にテンションが高まったのが、ここで置いている生ビール。
アサヒなのだが、スーパードライではなく、その前身であるビール。
かつて神戸でたまたま見つけたことがあるのだが、これを置いているお店というのは本当に珍しいのだとか。
味はホップの香りが抑えめで、麦芽の甘さを存分に楽しめる。
アサヒのビールはあまり好きなほうではないが、これだけは別格。


このお店も、大当たり!

 

f:id:kickboy:20190716001220j:plain

f:id:kickboy:20190716001224j:plain


ということで終電まで飲んだわけだが、とにかく当たりまくりの飲みとなった。
都会でオシャレなお店を巡るのも悪くはないが、やはりこういう下町で名店を巡ることが個人的に大好きである。


また土居に来たいな。

豊かな盃

6月は何かと飲みすぎたので、7月は極力お酒を控えよう。
と頑張っていたのだが、仕事のゴタゴタなんかも重なり、今日はついつい飲みに出てしまった。


相変わらず、自分の中で日本酒ブームは継続中。
で、今日は以前から気になっていた、大阪駅前第3ビルのお店へ。
定食がクソ安いというのがウリなのだが、数年前から日本酒も飲めるようになっており、いつか行こうと思っていたのだ。


セットの日本酒3種類をいただいた後、何を飲もうかとメニューを開いて手が止まった。
豊盃あるやん!
豊盃とは、GWの旅で出会った日本酒で、本当に心から感動したもの。
小さな酒蔵なので東北以外ではなかなか入手できない、と紹介されており、大阪でどこか飲めるところがあればいいなぁと思っていた矢先である。


うんまっ!
飲みやすさと、飲んだ後のしっかりとした後味。
すでに3杯も飲んでいたら味がわからなくなりそうなものだが、それでもしっかり感じられるうまさ。
やっぱりこれはホンモノだ。
最後に飲んだ鍋島が、かすむかすむ。


50ml単位でいろんな種類を飲めるというのが、何よりもうれしい。
ヘタしたら、入り浸ってしまいそうなお店だ。

f:id:kickboy:20190710233424j:plain

 

じもとたなばた

昨年からひとりで地元の祭りをブラつくようになったが、昨日もブラっと行ってきた。
場所は「機物(はたもの)神社」という地元の神社。
うちの地元は七夕伝説発祥の地といわれ、そこでは毎年「七夕祭り」が開催されている。


普段ほとんど人通りのない神社の境内にびっしり露店が並び、ぎっちり人が集まって往来しているさまは、見ているだけで楽しい。
というか、駐車場がなく駅からも遠いというにもかかわらず、こんなに人がいるということは、ほとんどが地元民だろう。
交野にもこんなに人がいるんだ、と感動する。


ここでの参拝のメインは、短冊に願いを書き、笹にくくりつけるという七夕ならではのもの。
昔は短冊3枚100円だったのが、いつしか1枚に。
で、今回初めて知ったのだが、色別に願いの種類がわかれているというもの。
健康系なら青、家内安全系なら赤、とかそんな感じ。
ひとりで来ているのに、若い巫女さんに恋愛系のピンクをもらうのに、どれほど躊躇(ちゅうちょ)したか。

 


お祭りに来てつくづく思うのだが、お祭りに対する感じ方というのが、本当に子どものころと変わってしまっている。
子どものころのお祭りの楽しみは、何といっても露店。
手持ちのわずかな軍資金から、何を買って楽しんでやろうかと頭を巡らせる。
当たりもしない当てモノに一喜一憂したり、金魚すくいで友達とバトルしたり。


一方、大人となった今は、悲しいかな酒。
人がワイワイしている雰囲気で、ジャンクな食べ物をつまみに昼から飲むビールは格別である。
残念ながら、今回は缶ビールしか売ってなかったので買わなかったが。
あとは子どもが楽しんでいる姿を客観的に見たり、境内のいたる所にある昔ながらの建造物や偶像に感心したり。

 


今回たまたま発見したのが、太陽もさして湿度も高くて暑いというのに、露店の人の半数が長袖を来ているということ。
大変ですねぇ、コンプライアンス社会。

 

f:id:kickboy:20190709003734j:plain

f:id:kickboy:20190709003742j:plain

f:id:kickboy:20190709003745j:plain

f:id:kickboy:20190709003747j:plain