キックボード旅人の日常

キックボード旅人による、旅の話とか日常のこと。

ほしいしーと

ここ数日、衝動的な物欲に襲われている。
車のシートだ。


前にもちょっと書いたかな?
今の愛車・ジムニーを運転すると、腰が痛くなる。
2時間も運転すると、翌日残るくらいに痛い。
前々からうっすら感じていたことだが、もともと持っている腰痛が最近はひどくなってきているので、最近はけっこう切実になってきた。


そんなわけでシートを交換したいと考えている。
本命は、多くのジムニードライバーも愛しているレカロというブランドのもの。


これが高い!
1つで10万円もする。
業者にお願いしたら取り付けるお金もとられるので、もう少しかかってしまう。


かと言って中古もざっくり探してみたが、7~8万とかする。
せめて半額くらい安ければ考えるのだが、高すぎるやろ!
しかも中古なら自分でつけなければいけないが、メカオンチすぎてその自信がない。


もっと欲を言うなら、助手席も変えておきたい。
とすれば、20万オーバー・・・
ジムニーも、いつまで乗るんだろうかという不安もある。
そのときに、レカロも高値で買い取ってもらえたらいいのだが。

 


などなど、車オンチがいろいろ悩んでおります。
誰か詳しい人、相談に乗ってくださいませ。

うれしはずかし部署交流飲み

ちょうど仕事も落ち着いたタイミングで、飲みのお誘いはありがたい。
他の部署であるOさん主催で、金曜は仕事帰りに飲み会があった。
参加者は男性3人女性6人の計9人。

 


午後7時、西中島南方の「餃子専門店 248ニシヤ」へ。
雑居ビルの3階にある店舗で、隠れ家的でよい感じのお店。
ただ、お店の前にある
「“餃子”とは“食べて交わって子ができる”と書きます。」
というクソみたいなシモネタは、女性社員を引き連れているときにやめてほしい。


餃子のメニューの多さもさながら、それ以外にもたくさんの料理がある。
飲み物がやや高めでネックだが、1,500円で飲み放題にもできる。


餃子は当然ながら、うまい!
が、1つずつが小さいのですぐなくなってしまうのと、他の料理もいろいろ注文していたので、正直なところあまり味に記憶がない。
せっかくいい味しているのに、注文した料理の配膳の遅さは、大きなマイナスである。
トータルでは満足だが。


メンバーは全体で盛り上がるというよりも2グループに分かれ、僕のグループはみんながそれぞれ話しを盛り上げてくれて楽しかった。
時おり全体でお話することとなったときに、キックボード旅の話ができたので満足。
何かお接待的な気遣いになってないかなぁ、と少し心配しながらも。

 


そんなこんなで1次会は終了。
2次会は男性3人と女性2人が残り、カラオケ屋へ。
以前、僕がカラオケで「X Japan歌える」と話したことが引き金になっていた。
当時は自信もあったが、先日カラオケで高音がまったく出なかったので、今回はかなりその発言を後悔。
それを告げても、もちろんネタフリとしか扱われず。


で、とりあえず「紅」を歌ったわけだが、やはり高音がしんどい。
とはいえ、何とか歌としては成立しているので大丈夫だ。
ただ大丈夫でないのは、全員が爆笑しているということ。
やっぱり笑われるよな~。
笑われたことより、毎日顔を合わせる会社の人の前で絶叫している姿を見せたことが、妙に恥ずかしく感じた。


その後も、マシンガンズの曲を歌ったりしたが、もう恥ずかしい恥ずかしい。
こんなに羞恥心が爆発したのは、久しぶりではないだろうか。
なんてことを思いながらも、2次会終了。

 


全体的に楽しくよかったが、月曜日に他の女性社員の間にもウワサが流れるだろうなあ、ってのが怖い。
次回、部で飲みに行ったときにネタにされて歌わされたら、もっとイヤだなぁ。

キックボード房総半島旅~西葛西編~

旅の話は終わりだと書いたばっかりなのに、ちょっと続けます。
Webサイト用の文章をまとめてたら、そこには書かないだろうことがいろいろ頭をよぎるので。

 


初日の昼は、かつて東京にいたころに住んでいた西葛西へ寄った。
何年ぶりだろう・・・
というのは大ウソで、1か月ぶりの訪問となった。
そう、先月仕事で泊まりに来たばかりである。


先月は日記にも書いたが、不思議と「なつかしさ」をまったく感じられなかった。
ところが!
今回に関しては、バッチバチになつかしさを痛感した。


なるほど。
西葛西といえば、夜に遊びまくっていたから夜のイメージが強いと思っていたが、そこが間違いなのだ。
だって、夜は基本的にお店で過ごしているので、風景としての印象が薄い。
一方、土日にいっしょに遊ぶ仲間がほとんどいなかったため、昼はひとりでぷらぷらさまよっている時間が長かった。
つまり、自分の脳裏に録画された西葛西の映像は、圧倒的に昼のシーンが多いのだ。


何だ、この街に対する感情が消えていると思っていたが、そうではなかったのか。
貴重な思い出なので、ひと安心である。
ただ、だからといって昼にわざわざ遊びに寄るなんてことはないだろうな。

 

f:id:kickboy:20180514233050j:plain

キックボード房総半島旅~ウタ編~

旅を振り返ろう、と言っておきつつ、結局あまりペンが進んでいないな。
ぼちぼち旅日記もまとめて行きたいので、今回が最終回ということで。
食べ物以外で、印象に残ったもの。

 


3日目の夕方、千葉にある「道の駅 ちくら」で休憩のため寄ったときのこと。
そこでフリマをやっており、複数のテントが並ぶ。


さらに奥のほうでライブが開催されているのだが、やたらうまい!
これ、シロウトの仕事か?
のぞきに行くと、多くの人が群がっている。
そしてオーディエンスの先にいるアーティストを見て、思わず目が釘付けになる。


たま?


そこには、僕が中学に入るか入らないかくらいのころに流行していたバンド「たま」の姿があった。
メンバーの服装が当時のままなだったので、すぐに気づいた。

f:id:kickboy:20180513233244j:plain


歌も演奏も、本当に魅力的である。
曲もいろんなバリエーションのものがあり、他にない独創的なもの。


何よりすごかったのが、トラブルへの対応力。
例えば、メンバーがギターを交換するくだりがあったのだが、なかなかギターがやって来ないという一面があった。
そこで、すかさずメンバーが即興で歌をうたう。
その曲というのが、「オイラのギターはどこだ~♪ギターを返せ~♪」みたいな感じで、まさに目の前で起きているトラブルをコミカルに描写したもの。
それも、まるでそういう曲があるのかと思えるほどのクオリティーだ。


これにはオーディエンスも拍手。
なるほど、メジャーで第一線を活躍できるというのは、それなりに理由があるからなのだ。
その他、こまごまと客が楽しめる要素もふんだんにあり、ライブは終了。
さくっと見て帰ろうと思っていたのに、がっつり45分間聞き入ってしまった。


そんなわけで今、たまのCDが欲しくてたまらない。

キックボード房総半島旅~メシ編2~

前回の日記が思いのほか長くなった。
もっとさらっと書こうと思ったのに、ついつい感情が入ってしまって。
ということで、もうちょい短めに。


大洗町の夜】
飲み歩きでもう1つ印象が残っているのは、最後の7日目に宿泊した大洗町の居酒屋「たけちゃん」。
お店に入るや、カウンター向こうで職人さんが、実に手際よく作業していることがまず印象的。
入店後に着席するまでやや待たされたが、この仕事具合を見せられると、とても文句はいえない。

f:id:kickboy:20180510233938j:plain


このお店の特徴は、メニューがないこと。
何が食べたいかを、直接店員さんに告げるという画期的なシステムだ。
といっても魚がメインなので、「刺身」「煮」「焼き」などが主な選択肢。
予算だけ告げて適当に準備してもらうこともできるそうな。


とりあえず「刺身」を注文。
単品が出てくると思っていたが、かつお・さわら・平目・たこの4種盛り。
いずれも厚切りで、体調によってはこれだけでも満腹になりそうなボリュームだ。
ひと口ごとにしあわせを感じられる、確かなうまさ!

f:id:kickboy:20180510233950j:plain


どうせならもう一品と、煮物を注文。
3種類あるうち、キンキをお願いする。
キンキといえば高級食材というイメージがあり値段が気になるところだが、お造りでこんだけおいしいものを出すお店なので、ここは奮発したい。
やって来たキンキの煮物は、度肝を抜くうまさ!
身がホロホロとやわらかく、脂がしっかり乗っている。
生涯食べた魚の煮物で、ダントツに1位である。

f:id:kickboy:20180510233959j:plain


お店が落ち着き、お店の主人がカウンターで常連さんと熱く語り合う。
噛み合っているのか合っていないのか、ひたすら常連さんの強いエゴと押しが面白くて隣でずっと笑っていたら、やがて主人のほうに声をかけられた。
もちろん旅のことに食いつかれたが、途中からは一方的に語られる展開となり、みんなでワイワイという流れではない。
これはこれで面白かったが。


途中でアンコウの話となり、いったん主人が厨房に戻って持ってきたのが、「アンコウの卵巣」。
ソースとして、アンコウの肝を混ぜ込んだ味噌がかけられている。
ゼラチンの中に小さなプチプチが入っており、不思議な触感と日本酒と相性のよい絶妙な味がたまらない!
たいへん貴重なものをいただき、感謝!

f:id:kickboy:20180510234007j:plain


ドキドキのお会計だが、思っていたよりちょっとだけ高め。
しかし改めてキンキの相場をネットで調べてみると、かなり格安であることがわかる。
最終日ということも考えたら、後悔なんてまったくない。


なんだかんだで、またしても長文になってしまったな。

キックボード房総半島旅~メシ編1~

旅日記は週末などにまとめて書くとして、ちょっと小出しに旅の余韻を。
まずはご飯をテーマにした、アレコレを。


【飯岡の夜】
今回の旅でもっとも印象的だったのが、5日目の夜。
千葉の東部に位置する飯岡という町で宿泊したときのこと。


近くにスーパーがなかったので、外食をしようと町を散策。
といっても、まわりは飲み屋が多いわけでなく、スマホで探していちばん近くにある「鳥忠」というお店へ。

f:id:kickboy:20180508230948j:plain


料理は焼き鳥や一品をはじめ、定食なども充実。
しかしそれより、「今日のメニュー」として張り出された魚介類を主に注文する。
ひと切れが大きい「かつお刺し」は、鮮度抜群のうえ脂がしっかり乗っていて絶品。
この界隈での名産「はまぐり」は、身が大きくシンプルな味付けで、素材そのものの味をしっかり楽しめる。
サービスでいただいた「いわしから揚げ」はメニューにはなく、塩気が効いていて終日汗まみれだった体にしみる。

f:id:kickboy:20180508230959j:plain

f:id:kickboy:20180508231004j:plain

f:id:kickboy:20180508231013j:plain


店内は、常連さんだらけ。
カウンターの代わりにお店中央にあるテーブルへ通されたのだが、同じく相席していた人とは交わることができない。
旅の最中は社交的にしよう、と決めてはいたものの、残念ながらできあがっている仲に入っていくほどのテクニックが僕にはない。


何の交流も生まれないまま、肩を落としてお会計を頼む。
と、ここではじめて、常連さんの1人に声をかけられる。
どうやら、店内でひとり地図とにらめっこしている僕のことを、うすうす気になっていたようだ。


そこからは最高の時間!
旅の話をすると、みなさんとても興味深く聞いてくださる。
5日間誰とも会話していなかったぶん饒舌になった、というよりは、みなさんがどんどん質問してくれるので、会話が途切れることがなかった。


僕の右側に座っていたご年配のHIRO(仮称)さんが、ひととおり話を聞いてくれて返してくれた言葉が印象深かった。
「すごいことをしている。しっかり自分のやりたいことを見つけて行動するって、すばらしいことだ。自身を持ちなさい」
といったニュアンスだ。
まるで、公私ともに自分を失ってしまっている僕を、見透かしているかのようだ。
確かに謙虚さが美学とされる環境にいるが、自分でこだわって頑張っていることに対しては、堂々と胸を張って主張してもいいはずだ。


さらに向かいにいた、僕より5つほど年上のKO(仮称)さん。
僕のことをひどく気に入っていただき、お会計後にビール2杯と岩牡蠣をごちそうしてくださった。
この岩牡蠣、僕ら関西人が食べている養殖モノとは全然違い、本当にクリーミーで肉厚!
牡蠣ってこんなにうまかったんだ、と衝撃を受ける。

f:id:kickboy:20180508231042j:plain


すっかり場が盛り上がった後、解散。
「ホテルまで送ってやる」とKO(仮称)さんの車に乗ると、「ラーメン屋行こうか」という話に。
またしても、ビールとラーメンをごちそうになる。
ラーメンは「はまぐりラーメン」で、はまぐりがふんだんに入っていて、当然うまい。

f:id:kickboy:20180508231054j:plain


完全にデキ上がっているKO(仮称)さんは、一見やんちゃな雰囲気を出しているが、とても根がやさしく人がいいんだなと感じる。
終始僕のことをベタ褒めしてくれ、懸命に盛り上げてくれる。


居酒屋で人と仲良くなることは今まであったが、2次会まで突入となったのははじめて。
これこそ旅!という、実に印象深い夜を過ごすことができた。
あと繰り返しになるが、自分の自信を取り戻せる貴重な時間であった。


HIRO(仮称)さん、KO(仮称)さん、お店の方々、本当にありがとうございました!

f:id:kickboy:20180508231105j:plain

満喫!房総半島

無事戻りました。
戻ったのは昨日ですが、とても日記書ける元気はありませんでした。
結局のところ、当初の予定どおり茨城県日立市まで走破できました。


いやあ最高!
今回の旅は毎日平凡に過ごすんじゃないかな~、と感じていたけれど、とんでもない!
毎日のように違う景色が流れ、違うストーリーが展開される。
今日はどんな1日になるんだろうと、朝からワクワクする。
こんな日々は、日常生活ではとても味わうことができない。
いや、この時間こそ日常であり、仕事や時間にがんじからめになっていることが非日常なのだ、と信じたい。


当面はWebサイト用に日記をまとめる作業をしたい。
1日ずつを回想できるって、最高やな♪
このブログでも、いくつかできごとをピックアップできればいいかな。


しばらくは旅の余韻にどっぷり浸かりつつ、次の旅に備えて回復と計画に専念します。