キックボード旅人の日常

キックボード旅人による、旅の話とか日常のこと。

真夜中のBB戦士たち

金曜は仕事帰り、家とは逆方向の千里中央へ。
駅前の立ち飲み屋を2軒ハシゴし、すっかり上機嫌。
とはいっても、目的はお酒ではなく。

送迎バスに乗り、向かった先は「Bb(ビィビィ)箕面船場店」。
一定のお金を払えば決められた時間遊び放題になるという、一時期よくはやったタイプのアミューズメントスポットである。
目的はアトラクションの1つ、「サバイバルゲーム」ゾーン。

参加者はあつし君とその仲間含め、計5人。
みんな集まり、準備が整ったのは午後8時。

f:id:kickboy:20170626235301j:plain



サバイバルゲーム」ゾーンにいる店員さんに声をかけ、無料のフェイスマスクを借りると、店員さんはそのまま立ち去る。
あれっ、Webサイトでは簡単な説明あるとか書いてるのに、ないのん?
というか、レンタルの銃とかめちゃくちゃ放置された状態やのに、管理しとかんでええのん?

そんなこんなで、他にサバゲーをする客はおらず、5人で貸し切り状態。
本来ならセーフティーゾーンというエリアでは、銃のロックをしたりマガジンを外すなどが徹底されている。
また、フィールド内では絶対にゴーグルを外してはいけない。
破ったら追い出されてもおかしくないことだが、なにぶん誰もいないので、破りたい放題である。


フィールドは狭く、教室1個半ぶんくらい。
そこにいくつもの壁が用意されている。

f:id:kickboy:20170626235314j:plain


ゲームははじめ、3人vs2人で何度か戦う。
個人的に前回サバゲーで1人も撃てなかったこともあり、今回は勇気出して打ち合おうと心に決めていた。
が心配無用、フィールドが狭いため、嫌でも打ち合うシーンがひんぱんにありガンガンと当てまくる。

もちろん、当たることも多い。
いかんせん狭いため近距離での撃ち合いになり、当たったときは思わず声をあげるほど痛い!
痛いのに、みんなキャッキャと楽しそうに撃ち合いまくる。

やがて、ゲームも趣向を凝らしはじめる。
総当たり戦にしてみたり、2vs2vs1戦(1人はフルオートで連射可のハンデ)にしてみたり、フィールド内にペットボトルを隠し見つけた人が勝ちにしたり。
場当たり的なアイデアを出してすぐ実行、というのが楽しい。

最も盛り上がったのが、「銃隠し戦」。
1人が先にフィールドに入って4つの銃を隠し、残り4人が丸腰でフィールドに入り、銃を見つけた人から撃てるというもの。
銃が見つからないときはひたすら逃げまくるしかない、という不条理とスリル。
他のフィールドだったら、危険で許してくれないだろうな。


そんなこんなで、午後8時に始まったゲームも気がつけば日が変わりかけ。
さらにそこから、ボルダリングやらメダルゲームやら、施設を満喫。
入店時から気になっていたが、設備が多い割に客が少なすぎる!
せっかくいい場所なのに、このままならいずれ閉まってしまうのでは、ということな何より不安である。

f:id:kickboy:20170626235326j:plain

広告を非表示にする