読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キックボード旅人の日常

キックボード旅人による、旅の話とか日常のこと。

ラスト御徒町~後編~

すっかり日本酒で上機嫌になりながら、上野ぶらり旅の続き。


道は上野方面へ着き、折り返して逆方向の通りを進む。
ここはアメカジゾーン、ありとあらゆるアメカジのお店が並ぶ。
アメ横側もそうだが、本当に種類が多く、アメカジ好きにはたまらない。

ここで見つからないアメカジのブランドなんて、ないのではないか?
自分の好きなブランドの新作を、こんなに大量に見られるのは、やはり楽しい。
ただ、いちばん好きな「ダルチザン」だけがなぜか見つからなかった。
気になるアイテムがいくつかあったが、さすがに定価で買うには高すぎるので、泣く泣く買わずじまい。


再び逆方向に折り返し、アメ横に並行した道を歩く。
この道は、あまり通ったことがない。
ここはどちらかといえば、チェーン店と食品店が多い。

f:id:kickboy:20170404232402j:plain


興味をひく店舗は特にない。
唯一寄ったのは、こんな繁華街に似つかわしくない、お寺。
けっこう立派なお堂で手を合わせると、ここが東京であることすら忘れられる。

f:id:kickboy:20170404232320j:plain



もっと、今まで寄ったことない場所へ行こう。
ということで寄ったのは、上野側にある「アメ横センタービル」。
地下にある食品街とやらに寄ってみると、人がごった返している。

売っているものは、ほとんどがアジアの食材。
よくよく見ると、店員もお客も、アジア人が多い。
てゆうかもう、アジアやん!
こんな世界が広がっていたなんて、知らなかった。

f:id:kickboy:20170404232334j:plain


ちなみにビルの2階へ行くと、まさかのガラガラ。
靴屋がいくつかあり、あとはシャッターが降りている。
地下やアメ横にはびこる人の群れとは、あまりにギャップがありすぎて驚く。
「階段に登る」という行為が発生するだけで、ここまで人は寄ってこないものなのか。


ここに来て、テンションが下がってくる。
疲れというよりは、お酒が切れてきたのだ。
こいつを回復するには、酒しかない。

再びアメ横に戻ると、午前中とは比べ物にならないくらいの人の数。
もう、歩くのもままならない。
それでも食料ゾーンに紛れ込む。
ここの一角に、台湾屋台っぽいお店の並ぶ場所があり、気になったので寄ってみることに。

f:id:kickboy:20170404232413j:plain


席がいっぱいながらも、10分待って何とか着席。
ビールと小籠包を注文し、しばらく休憩する。
店員さんからお客から、ここもやっぱりアジア人ばかり。
客を客と思わない接客、座っているのに遠慮なくガンガンぶつかってくる態度、守らない優先順位など、アジアの食堂で味わうフラストレーションが山積み。
しばらく長居しようとしたが、ビールが空くとすぐ退散した。

f:id:kickboy:20170404232422j:plain



飲みたりなさがあったので、すぐ近くの海鮮屋へ。
ここも、まさかの接客がアジア人。
写真とは量も切り方も違う「まぐろ造り」、これはどう見ても「筋子」やろという「いくら」など、小さなボッタクリが目立つ。

結局、アメ横でアタリなのは、1軒目の立ち飲み屋だけらしい。

f:id:kickboy:20170404232435j:plain



その後も、行ったことのない通りをウロつく。
意外だったのは、アメ横と逆方向の道を一本外れた道に、立ち飲み屋がえげつないほど並んでいたこと。
こんなんあるんなら、初めから行っときゃよかった!
そもそも、上野によく通っていたころから知っていれば、さらに上野を楽しめたのに!


などなど思いつつ、最後はなぜかラーメンでシメ。
とんこつラーメンをいただいたわけだが、すでに飲み食いして胃がいっぱいだったので、気分が悪くなった。
なぜラーメンを食べてしまったのだろう・・・


こうして、当面来ることはないだろう上野を満喫した。
オリンピックによって、この闇市感がなくならないことを願うばかりだ。