読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キックボード旅人の日常

キックボード旅人による、旅の話とか日常のこと。

ヒトリヤキニク

お恥ずかしながら、今日はお誕生日でした。
自称28歳でございます。
干支を聞かれても困らない区切りのサバ読みでございます。

さて、どうせ祝ってくれる人もいない立場上、自分で祝うしかないわけで。
今まで誕生日にやろうと思っていて、なぜか手を出せなかった「ぜいたくランチ」を実践してみた。

会社のあるビルにはいくつか飲食店があるのだが、いちばん高そうな「肉」のお店へ。
見るからに敷居の高そうなお店構えで、全室個室ときたものだ。

今まで避けていてよくわからなかったが、どうやら焼肉屋らしい。
中にはランチなのに2,000円オーバーのものもあるが、さすがにそこまでぜいたくはできない。
となると、そう選択肢はなく、シンプルに「日替わり」の焼肉セットを頼むことに。

そういえば、ひとり焼肉なんてはじめて。
あと、生まれ育った環境上、そもそも焼肉を外食する文化がない。
4人部屋でひとり、不安を抱きつつ肉の到着を待つ。
肉を切るだけなのになぜ10分も待たされるのか、という間が、さらに不安を増幅させる。

やがてお肉が到着。
牛・豚・鶏が2切れずつ。
牛は半生でも大丈夫だが、豚や鶏の焼き加減がこれまたわからない。
店員に聞きたくても、個室という閉ざされた空間はそれを許してくれない。


などと前置きが長くなったが。
結論として、おいしくなかった。

いや、味はおいしいほうだと思う。
問題は、ひとりという環境。
焼肉なりBBQというのは、おおぜいでワイワイしながらいただくものだ、というのが頭の中にこびりついているのだ。
何とも味気ないというか、むなしい気分だけが残る。
せめてビールでも飲めば孤独は紛れるのだろうけれど、もちろん昼からも仕事が待っている。


という感じで、期待はずれの「ぜいたくランチ」になってしまった。
焼肉ランチは、もう二度と行くまい。
昼からも体に染み付いた焼肉臭が、結局夕方まで切ない気持ちを持続させてくれた。