読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キックボード旅人の日常

キックボード旅人による、旅の話とか日常のこと。

廃墟サミット【1次会・かき小屋フィーバー】

お酒 天満

ようやく1次会のお話。
駅前でピースケさんと合流し、廃墟三人衆が揃う。
向かった先は、天満の裏のさらに裏にある、「かき小屋フィーバー」。
店舗をビニールで仕切った店造りは、裏天満ならでは。

お店の名のとおり、ここのメインは牡蠣(かき)。
席につくや、生がき・焼きがき・蒸しがき・かきフライが用意される。

f:id:kickboy:20170308230257j:plain


もっといえば、かきを食べ放題でいただける。
コースは2種類あるのだが、今回は生がきと焼きがきが食べ放題の3,980円。
さらに飲み放題をつけ、1,500円プラス。
昼のコースとしては高いが、モノがモノだけに、決して高いものではない。
それだけ、がっつり食べればいいのだ。

f:id:kickboy:20170308230302j:plain


1,500円もしてプラスチックのコップというのが味気ないながらも、久しぶりの再開にビールで乾杯!
テーブルにはしょうゆ・レモン汁・ポン酢・チリソースが並べられており、味付けは自由に楽しめる。
しまった、これだったらタバスコやスコッチなどを持ち込めばよかった。

f:id:kickboy:20170308230307j:plain


はじめに到着した料理はペロリと完食。
ということで、次から次へと注文を追加する。
焼きがきは身がプリップリで食べごたえアリ。
生がきは身が小さいながらも、味は申し分なし。
強いて言えば、途中で口が飽きてしまうので、フライも食べ放題にしてほしいところ。

さて、3人の会話は、おもに近況報告など。
本来なら廃墟の話で盛り上がるのだが、なかなかアタックする時間がとれないので残念である。
とはいえ、次回の仮日程は決まった。
行き先は、別途ブラッシュアップが必要である。


すっかり腹もふくれたところで、店を出る。
時間はまだ午後3時半、そのまま帰るのも惜しく、まだまだ繁華街に居座るのであった。

もうちょっと、つづく。