読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キックボード旅人の日常

キックボード旅人による、旅の話とか日常のこと。

須弥寺さんぽ

窓の外は、すっかり雪化粧。
寒波により、我が地元も見事に雪が降った。

休みでよかった。
昨日の朝は、何よりそう思った。
朝は雪がとんでもない勢いで降っていたし、外なんて寒くて出歩けたものではない!

こうして2日続けて引きこもりを決めこむ、つもりだった。
昼過ぎに雪がやみ、窓の外を見ているうちに外出したい気持ちでウズウズした。
寒さにめっぽう弱く長い葛藤が続いたが、午後3時半ごろ意を決して家を出た。

残念ながら雪は大部分が溶け、雪景色を楽しむことはできなかった。
それでも運動不足の解消ができればいいか、と気の向くまま歩く。


やがて着いたのは「須弥寺」という近所のお寺。
近所とはいえ、中に入ったことはない。
せっかくの機会なので、参拝していこう。

門をくぐるや、左右にあるお堂の新しさにビックリ。
高校のころくらいからお寺の存在は知っていたので、もっと古いお寺だと思っていたのに。
おそらく、最近になって大改装したのだろう。

f:id:kickboy:20170116232252j:plain


境内には5つほどのお堂がある。
うち1つは「南無大師遍照金剛」というのぼりが掲げられている。
お遍路でよく見かけるものだ。
案の定、そこにはお大師さん(弘法大師の像)が祀られていた。
こんな家の近くに、お大師さんがあるなんて。

f:id:kickboy:20170116232301j:plain


さらに境内の奥は、小高い丘となっている。
歩いていくと、お地蔵さんがずらっと並んでいる。
数をかぞえると、33体。
これは、西国三十三箇所めぐりのミニ遍路ではないか!
こんな家の近くに、ミニ遍路があるなんて。

f:id:kickboy:20170116232309j:plain


その他、鐘の近くに特徴的な模様をした岩が鎮座している。
すぐそばにある案内板を見るや、「陽石崇拝」というタイトルが。
つまり、まぁ、アレですよね。
こんな家の近くに、アレのアレが祀られているなんて。

f:id:kickboy:20170116232315j:plain



などなど、決して有名ではなく、広大な境内ではないながらも、十分に楽しめた。
家のまわりに神社・仏閣はたくさんあるので、ヒマがあればいろいろ巡るのもいいかも知れない。