読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キックボード旅人の日常

キックボード旅人による、旅の話とか日常のこと。

賀嶋山新四国八十八箇所

県道1号線をひたすら北上し、日本海へ。
細くのびた岬「猫崎」は、沖側からだと猫の形に見えることから、名付けられたそうな。

岬の付け根にある駐車場のすぐ手前に、「賀嶋山八十八ヶ所霊場入口」の石碑が建っている。
さぞかし由緒ある順路なのだと思うのだが、残念ながらいくら調べてみても、詳細な情報を見つけることができない。

f:id:kickboy:20161117230556j:plain



駐車場には、たくさんの車が停まっている。
こんなに巡礼する人が多いのか?
と思えば、すぐ海側にダイビング施設があるので、どうもそこの客らしい。

駐車場からは登山口がのびている。
上り坂を進んでみるが、お地蔵さんの姿がない。

f:id:kickboy:20161117230606j:plain


5分ほどして、広場に到着。
手入れはされておらず、雑草も伸び放題で、海の景観もいまいちである。

そこからすぐ進んだところに、ようやくお地蔵さんを見つける。
お大師さんが1体のみで、台座に座っている。

それにしても、いきなり13番からはじまっている。
12番までは、広場にでもあるのか?
と探してみるも、見つからない。

f:id:kickboy:20161117230622j:plain


さらに続く上り坂を、お地蔵を探しながら歩く。
番号が抜けていると思えば、26番以降がなく、いきなり40番台に飛んだり。
しかも40番台は、なぜか降順に並んでいたり。

で、「奥院」と彫られた石仏を最後に、お地蔵さんが見えなくなる。
とりあえず先へ先へと進み、猫崎の頂上へ到着。
ベンチも何もないため、近くの石に座り込む。
ひたすら続く急坂のせいで、ここで休憩せざるを得ない。

f:id:kickboy:20161117230641j:plain



この先には、もうお地蔵さんはないのでは?
という可能性の高い予感を覚えながらも、せっかくなので、息が整ったところで先へ進む。

f:id:kickboy:20161117230653j:plain


すると道はますます険しく、足場が悪くなり、坂が急勾配となる。
眼下には、岬に打ち付ける荒波が音を立てて見えており、足がすくむ。
高所恐怖症には、ちょっときつい。

f:id:kickboy:20161117230705j:plain


ロープをつたい、手すりにしがみつきながら、終点にあるの灯台へ到着。
結局お地蔵さんはなかったが、誰もいないこの場所で、ひとり何もせずボーっとすることが、何とも心地よい。

f:id:kickboy:20161117230720j:plain


お遍路というよりは、単なるハードな山登りを2時間かけてこなしただけとなってしまった。