読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キックボード旅人の日常

キックボード旅人による、旅の話とか日常のこと。

2度目のシューティングバー

サバイバルゲーム お酒 新大阪

地味に仕事が立て込んできた金曜日。
帰りが遅くなることは、わかりきっている。
といったときに、先日夜遅くに会おうと言っておいて会えなかった、あつし君を思い出す。
急な誘いでどうかと思いきや、何とかOKをもらえた。

ということで午後9時過ぎ、新大阪で待ち合わせ。
向かった先は、シューティングバー「ポイントドッグス」。
エアガンが打てるバーである。
前回は京橋のお店へ行ったので、シューティングバーそのものは2回目。

f:id:kickboy:20161012234408j:plain


地下の階段を降り店に向かうや、まず物販店が目に入る。
そして店内は、6人ほどのカウンター席と、ソファーがいくつも並ぶ。
ラウンジっぽさを漂わせながら、壁ぎわには多くの銃が並んでおり、「アジト」という単語が脳裏をかすめる。

f:id:kickboy:20161012234417j:plain


さすがビジネス街近くだけのことはあり、お客はサラリーマンが多い。
京橋のお店は、どちらかといえばマイ銃片手にお酒を飲むような、マニアなお客さんが多い印象であった。

メニューは、ただ飲むだけというのもOKだが、チャージ+お酒+銃を撃てるプランもある。
いくつかあるプランのうち、今回は拳銃2丁とライフルが打てるプラン。
けっこう撃てて2,000円は、バーの相場を考えただけでも、そこそこお値打ちではないだろうか。

f:id:kickboy:20161012234447j:plain



あつし君との近況報告もそこそこに、店員さんにコンタクトをとる。
というのは、2人とも暗黙の了解的に、このお店での目的が「聞き込み」であるためだ。
特に最近興味のある「室内サバゲー」のこと、将来的に買いたい銃のこと、その他サバゲーの情報、など。

まず室内サバゲーは、残念ながらこのお店ではほぼイベントを主催しないらしい。
その代わり、ほぼ毎週日曜に、普通のサバゲーを企画しているらしい。
銃も、例えば拳銃だとあまり性能に差はなく、重いほうが売ったときのインパクトを感じられるらしい。
その他、曜日ごとにお店でサバゲー実践講座や銃を撃つイベントが行われているらしい。


しばらくして、ガラス張りの別室へ移動し、銃を試打。
拳銃は、なかなかうまく当たらない。
おかしい、京橋の店ではそこそこ当たっていたし、昔からエアガン撃ちまくっていたので、自信はあるのに。
これはきっと、空腹なのに一杯目からスコッチをストレートで飲んだせいだ、と決めつけておこう。

拳銃を2丁撃った後は、ライフルを一丁。
ライフルのことはさっぱりわからない、と伝えると、店長さん自前のライフルを貸してくれた。
スコープがついており、スコープ内に光る赤い点を、ターゲットにあわせて撃てばよい、とのこと。

これがもう、当たる当たる!
遠くにぶら下げられている5円玉を、一発で射抜くほど。
こんなんサバゲーのフィールドに持ってこられては、シロウトは到底太刀打ちできない。

それからもターゲットを次々に当てまくる。
はじめの20発くらい、マジで100%狙いどおりである。

ただ、あまりに命中しすぎるものだから、逆に飽きてくる。
最後のほうは、連射モードでひたすら音のなるターゲットに当てまくっていた。


といった感じで、お店を出たのは12時前。
ええ、もちろん終電なんてありません。
ひさびさに、2時間歩いて帰りましたよ。