読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キックボード旅人の日常

キックボード旅人による、旅の話とか日常のこと。

空回りハーレムナイト

お酒 交野 日常

土曜日は、半年に一度の会社行事。
内容は公開一切NGという縛りがあるので、もどかしいながらも、何も書けない。

イベント等もろもろが終わり、地元に戻ったのは午後8時半。
がっつりお酒も入り、食事も終えているが、さてどうしたものか。
悩みつつも、足はおのずと地元・交野のバー「Loose」へ。
すっかり、飲んだ日のシメはこのお店、というサイクルができてしまっている。

お店に入ると、カウンターは僕ひとり。
マスターとぼちぼち話しつつ、出張先のホテルでひとり晩酌中のゴンタと、LINEでメッセージをやりとり。
お互い孤独で酔っ払っている初老のトークは、意外にも弾む。
ふだんLINEで人と長いやりとりしないこともあり、妙に新鮮で楽しい。


土曜なので客も少ないのでは、と思ったのもつかの間、いつしかカウンターはお客さんでいっぱい。
さて、ここで問題が。

左には、ひとりで来た女性。
右には、ふたりで来た女性で、かつ1人はちょろっと知っている人。
正面には、はじめて見る女性のバイトさん。

「きれいどころに囲まれてウハウハやな」
とマスターが冷やかすとおり、確かにどっちを見ても、きれいどころぞろい。

にもかかわらず、どこへも話しかけることができない。
マスターも、ちょいちょい隣同士の話を結びつけようと仕掛けてくれるも、それにうまく応えられない。
たまに話ができても、すぐに途絶えてしまう。

情けない。
バーのカウンターで、別に隣同士話すなんて、ごく普通のことである。
なぜそれができない?


などなど思っていたが、根気よくマスターが動いてくれたこともあり、何とか話しができるようになった。
が、こちらから質問はするも、そのレスポンスがほとんどない。
ううむ、これは僕にまったく興味を持っていないってことでは?
もしくは、僕のトーク力が乏しい?


そんなネガティブなことが頭をよぎりつつも、何だかんだで両隣の女性とお話ができ、しっかり楽しむことができた。
ちょっと下心出しすぎで、それが伝わっただけかも。
もっと冷静にならんとイカンね。