読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キックボード旅人の日常

キックボード旅人による、旅の話とか日常のこと。

どうなの、クラファン

1年前だったか2年前だったか、少し流行った言葉がある。
クラウドファンディング。
主にインターネットなんかで、商品やらイベントやらの投資をする仕組みだそうな。

前々から気にはなっていたのだが、どうも手付かずなのである。
ファンドというからには、儲かるの?
どういう仕組みで、どういう得があるの?
というところが、よくわからなかったからだ。


で、改めて調べてみた。
まず、おおざっぱに3種類あるらしい。

(1)購入型…投資したら、その金額分の商品・サービスを得られる
(2)寄付型…投資しても、金額は戻らない
(3)金融型…投資したぶん、株や配当をもらえる

このうち、(3)は日本では法律上やっていないらしい。
とすると、実質日本で楽しもうとするなら、(1)となる。


そういえば、以前調べたときに、少し気になる商品があった。
今はすでに募集が終了しており、すでに商品が一般販売されているらしい。

そのときの、募集していた支援額を調べてみた。
「3,200円支援すれば、予定価格より2~3割で商品が買える」というもの。
つまり、その商品を受け取るのに「3,200円」+「本体の2~3割引きの金額」が必要となる。

しかし、どうだろう。
Amazonで調べると、3,100円で変えてしまうのだ。
大損やんけ!


改めて、疑問が浮かぶ。
実質損するのに、なぜこんなにクラウドファンディングというものが流行したのか。
なぜ、今なお続けられるのか。

たまたま、上記に書いた例が損するものだったのかも知れない。
もしかすると、僕が思っているのとは別の切り口で、楽しめるのかも知れない。


実際にやったことあるとか、こんな楽しい方できるとか知っている方いれば、ぜひとも教えてくださいませ。
自分にとってお得になるものなのであれば、ぜひともやってみたい。