読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キックボード旅人の日常

キックボード旅人による、旅の話とか日常のこと。

ごひゃくべろ交野、角打ち

ちょっと前、「せんべろ」なる言葉がはやった。
「1,000円でべろべろに酔える」という居酒屋や、その居酒屋界隈をあらわす言葉である。
今日は、その半額にあたる500円で酔えるお店を、地元の交野で見つけた。

といっても、厳密には居酒屋ではない。
イズミヤというスーパーの地下にある、酒屋である。
日本酒と焼酎をこれでもかというほど揃えており、そこで有料試飲ができるのである。

いわゆる、最近ハマりつつある「角打ち」である。
まさか、交野で角打ちのできるお店があるとは、感激である。

f:id:kickboy:20160912003024j:plain


金額は、だいたいが100~150円。
量は45ml、小さなグラスに半分ほどであるが、お酒の味を楽しむにはじゅうぶんすぎる。

日本酒は、約50種類から選ぶことができるというのが、おそらく他の居酒屋や角打ちにもないところでは。
しかも、丁寧に産地・種類・度数・解説が書かれている。
もちろん、いずれもしっかり冷やされているのだ。

まずは吟醸酒をいただき、すぐさま酔いのスイッチが入る。
1杯ではもったいないと、続いて純米吟醸をいただく。
この時点で、完全に酔ってしまったことに気がつく。
やはり日本酒の酔いは早い。

最後に、地元の純米大吟醸をいただく。
前の2種類も味が異なりうまかったが、やはり味の透明感がまったく違う。
これが居酒屋だったら、もう3杯目なんて味の違いがわからないくらい酔ってしまうところだ。
だからこそ、45mlという量がちょうどよい。


ちなみに、焼酎もけっこうな量置いている。
森伊蔵や村尾、魔王などがフツーに試飲できるというのも驚きだ。
おつまみも、既成品ばかりであるが、かなり充実している。


ううむ、これはハマってしまいそうだ。
今回は試飲の客が僕だけだったが、もっと土日は繁盛して、知らない人ともワイワイできる雰囲気になってくれればいいのだが。