読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キックボード旅人の日常

キックボード旅人による、旅の話とか日常のこと。

パンドラ

偉業をなしえた著名人は、小学校の卒業文集に、将来の夢を具体的に書いている。
といった情報を、ここ短期間で複数得た。
イチロー、テニスの錦織、サッカーの本田、コナンの作者など。
あまりに緻密で具体的な内容で、ホンマに小学生が書くレベルか?と疑うほど。

そういったことには触発されやすいもので、自分の小学校の卒業文集を探してみた。
ええ、偉人とは正反対の僕がです。

偉いもので、ダンボールに学生時代の資料が、わんさかと保存されている。
文集だけでなく、合唱コンクールのしおり・修学旅行のしおりなど、残しておいて意味ある?と思えるものまで。
その中から、文集をピックアップしてみた。

残念ながら、小学校の卒業文集がない!
しぶしぶ中学校の卒業文集を読むと、なぜか入学初日の感想が具体的に書かれており、よっぽど残念だった3年間を思わせる。
高校の卒業文集も、ない。

卒業文集以外のものを漁っていると、中学の卒業前に、「自分の夢」というテーマで短文を作ろう、というものがあった。
原文ママは恥ずかしくてよう書かないが、端的に書くと、次の2点が書かれている。
・美人で気のきく最高の嫁をもらい、最高の過程を築く
・副業の小説でバリバリ稼ぐ

1つ目は、何だかもう、いろいろごめん。
2つ目こそ、探し求めていた内容である。
まぁ極端であるが、「文章で金かせぐ」という夢が書かれていることを、再認識したかったのだ。
ぜひとも小学校の文集にも同じこと書かれていればいいのだが・・・書いた記憶がないなぁ。


という、夜中に何ともムダな時間を過ごしてしまった。
この文集、次の同級生の飲み会のときにでも、酒のアテとして持っていきたいものである。