読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キックボード旅人の日常

キックボード旅人による、旅の話とか日常のこと。

人生初サバゲー!in TRENCH ~後編~

サバイバルゲーム アウトドア

さんざん引っ張ってすいません、いよいよ実践編です。


人生初の、ゲーム本番。
動き方がさっぱりわからず、近くの人に聞いてみると、
「はじめに経験者が前衛に立ってドンパチするので、その後に続けばよい」
とのこと。

その言葉を信じ、はじめはほとんど動かず。
しばらくして、まわりの人らについて行っては、隠れて身をひそめる。

動けない!
「撃ってやる」という気持ちより、「撃たれたくない」という気持ちが先行してしまい、ただただ隠れるのみ。
また、たまに顔を出してみても、まったく相手が見えない。
にもかかわらず、どこからともなく球は飛んでくる。

結局はじめのゲームは、何と球を一発も発射することなく終了。


そこから、基本はまわりの人の動きをマネて動く。
で、動けない。
さすがにこれではイカン、と顔を出して相手を探すと、撃たれてあっけなく終了。

撃ちたい。
でも怖い。
臆病な性格が、まさしく表沙汰となってしまうのである。


さらにあつし君にアドバイスをもらい、
「高台の藪に身をひそめて、ひたすらターゲットを狙う」
という言葉を実践。

なるほど、待つ根気はいるが、たまにターゲットが障害物から顔をのぞかせる。
が、今度は球が当たらない!
何度も打つと、向こうにもこちらの居場所がバレて、応戦してくる。
で、心が折れて隠れているうちに、別の敵が横から来ていて、撃たれる。


不思議なもので、基本身をひそめてばかりのつもりだが、1試合ごとにどっと疲れが出る。
ライフル銃が重いのと、移動は身をかがめて俊敏に動くのと、絶えず緊張することが原因か。


結局、最後まで誰も打つことができなった。
悔しい。
でも、当初のネガティブな思想も何のその、じゅうぶん楽しめた!

服やら銃やら一式そろえる、というほどハマることはないだろう。
が、たま~に参加するくらいなら、いいかなと思う。
次までには、うまく立ち回れるための勉強をしておきたいところである。