読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キックボード旅人の日常

キックボード旅人による、旅の話とか日常のこと。

人生初サバゲー!in TRENCH ~前編~

サバイバルゲーム アウトドア

例えば、常連ばかりの飲み屋さんだったり、常連ばかりの飲みサークルだったり。
すでにできあがった輪に入っていくことが、お恥ずかしながら苦手である。
そういう意味では、今回誘われた「サバイバルゲーム」(以下、サバゲー)も、どこか苦手意識があった。

また、自身の臆病さも、拍車をかける。
ドラゴンクエストなどの、いわゆるRPGというゲームでいえば、レベルをガンガン上げて装備をがっちり固めないとボスに立ち向かえない。
つまり、極端まなでに保守的なのである。
このサバゲーでいえば、ただただ隠れっぱなしになるのではないか。
まして、まわりが経験者ばかりなら、なおさら。

そんなわけで、前回シューティングバー「ファイブ」で今回のイベントに誘われたとき、「参加する」と返答したものの、正直あまり気がのらなかった。
誘われている立場で申し訳ないが、「雨で中止になればいいのに」とすら、思っていた。

が、当日は雨模様ながらも、強行開催。
天気予報を見て、完全に中止だと思っていたので、朝から急いで準備することに。
ざっくりと必要な道具は聞いていたが、買い出しも何もしていない。

それでも、意外とそれらしい道具はそろった。
・迷彩つなぎ(モトクロス時代に購入したものの、購入後引退したので新品)
・フリース帽(目の部分のみ開いたテロリストっぽいもの、冬のツーリング用)
・ゴーグル(バイク用)
・グローブ(バイク用)

それぞれ違うタイミングで購入したバイク用品が、こうして役立つとは。
特につなぎは、いずれ売ろうとも思っていたので、本当に奇跡である。
こんなことがあるから、断捨離というブームは残念に思う。


午前8時過ぎにあつし君と合流し、河南町にあるサバゲー専用会場「TRENCH」へ。
集合時間の午前9時を過ぎての到着ながら、まさかの主催者不在。
先に来ている方々は、みなさんガッチリと装備を固めている。
当然のように、それぞれマイ銃を持参している。

改めて、自分は場違いではないのか?という疎外感に拍車がかかる。
迷彩のつなぎを着ていることが、唯一の救いである。


ようやく主催者が到着するも、他のスタッフが相次いで遅延しており、第1ゲームがまさかの午前11時開催!
ガチガチに時間が区切られているのか、と思っていたので、逆にこのゆるさはありがたい。


・・・てな感じで、ゲームの内容はまた後日。