読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キックボード旅人の日常

キックボード旅人による、旅の話とか日常のこと。

プレ打ち上げ

春前から6月にかけ、仕事は繁忙期を迎える。
今年は例年に比べると、仕事量は控えめだった。
とはいえ、残業が続くと疲れるし、不条理が重なりストレスはたまる。

そんな仕事も、ようやくピークを越えた。
まだまだ作業は残り、引き続き残業も続くだろうが、ここらで早めに、ひとり打ち上げをしよう。


ということで向かったのは、都島の「天」。
確実にうまいモノが食べられる、行きつけのお店である。

店内はご年配の女性が1人で、絶えず自分の話をされている。
申し訳ない言い方だが、これは今日はあまり楽しめないかな、と思った。

そのうち、1組のカップルが入ってくる。
しばらくは2人で話していたが、いつしか料理や酒を分け合う仲になる。
はじめにいた女性も、いつしか輪に入り、1つの団体が形成される。
これも、さり気なく横のつながりを促すマスターの手腕あってのものである。

手腕といえば、料理も言わずもがな。
みなさんと分け合えたため、比較的多くの種類食べられたのは、ラッキーである。
1品ずつ紹介したいところだが、キリがないので割愛。
ひと口ごとにしあわせを感じられる、本当に本当にうまい料理の数々。

日本酒もいただき、内容の濃い3時間が過ぎる。
もっと居たいところだが、帰られなくなるのは困るので、泣く泣く終電に乗る。


日本酒がきいており、ちょっと強めに酔ってしまった。
さっさと帰って寝よう、という気持ちよりも、交野で飲み直しという気持ちが強まる。
最近身についた、悪いクセである。

ということで、地元のバー「Loose」へ。
交野という田舎でありながら、午前1時なのにカウンターが埋まっているのはすばらしい。

しっぽり飲んでさっと帰ろうと思っていたが、隣にいた女性にがっつり絡まれた。
というか、絶えず「誘われ」た。

悪い気分ではないというのが本音ではあるが、かたくなにお断りさせていただいた。
男として欠落してるんかなあ、と絶えず思いつつも、しっかり理性が働いてくれた。
やはり、人妻さんには手を出せない。

何だかんだで、お店を出て家についたのが、午前4時。
言わずもがな、今日はほとんど寝て過ごした。
1日がもったいないなぁ、胃の調子が悪いなぁ、という後悔なんて、もう毎回やし自業自得やし、逆に慣れてしまった。