読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キックボード旅人の日常

キックボード旅人による、旅の話とか日常のこと。

東京ディープ観光 (2)深夜の南無編

残念なベルギービールバーに寄った話、つづき。

実はバーに出る前、あらかじめもう1軒のお店を、スマホで検索していた。
そらぁ、こんな気分のまま帰れんからね。
で、店に出る前ビールを急ピッチで空けたのは、とても楽しそうなお店を見つけたからでもある。


店を出てから、いったん繁華街を抜け、10分ちょっと歩く。
派手さのない、入り組んだ道を進み、素朴な雑居ビルの2階のドアを開く。

そこで見た光景は、期待どおり。
カウンターに並ぶ、お坊さん。
部屋の隅にある仏壇と、壁ぎわにくくりつけられた、おみくじの数々。
そう、「坊主BAR」である。



コスプレ的なものではなく、店員さんは全員、現職のお坊さん。
メニューの形は蛇腹で、いわゆる「巻子(かんす)」と呼ばれる、お経が書かれたものに模している。
飲み物も、日本酒や焼酎の銘柄が「般若湯」「一遍」など、仏教をにおわせる名前のものばかり。
さらにフードに至っては、まさかの精進料理である。

ほぼ満席状態ながらも、強引にカウンターに座らせてもらい、日本酒を一献。
お客さんが多いにもかかわらず、いろいろと話をふってくれる。
さっきのお店と、大違いだ!



しばらくすると、奥からご年輩のお坊さんがあらわれる。
すると仏壇にお香がたかれ、店員さん全員で読経。
バーで生のお経が聞けるなんて!

終わると、ここから「お説法コーナー」。
お客さんからお題を2ついただき、いずれも仏教の言葉として返してくれる、というもの。
お題というより、お悩み相談というか。
2つとも、女性ならではのお題があがった。

面白いのは、いきなり結論を述べることはない、ということ。
お坊さんの体験談とか、ジョークなんかを交えつつ、後半にお釈迦さんの言葉を引用したりして、ぴしゃりと締める。
実にお見事である。



さらに、歓談。
少しお店が空いてきたところで、隣のお客さんとも仲良くなる。
やっぱりバーでカウンターっていえば、これでしょ!

意識ははっきりしつつも、いかんせん度数の強い酒を飲み続けているので、記憶があいまい。
最近ハマっている、ミニ遍路の話をして、店員さんも興味深く聞いてくれた、というのは覚えている。


楽しい時間は本当にあっという間で、気がつけば午前1時。
このお店に出会えただけでも、東京に来た甲斐があったな、と大満足である。