読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キックボード旅人の日常

キックボード旅人による、旅の話とか日常のこと。

東京ディープ観光 (1)残念ビール編

皮肉にも、3月下旬の土曜日に、必ず会社のイベントが入る。
今年はまだいいが、花見シーズンどまんなかと重なったときの残念さは、筆舌に尽くしがたい。

ただ、最近では毎年、東京で開催されるというのがありがたい。
何といっても、交通費や宿泊費が、会社持ちなのだ。
まぁ、イベントの内容は絶対口外ダメといわれているので、泣く泣く省略いたします。


そんな先週土曜日のお話。
会社のイベントが終わり、宿に着いたのが午後8時。
もろもろの都合で、何とダブルベッドのある部屋である。

ひとり身で広い部屋というのは、何とも落ち着かない。
また、孤独感が増長される。
テレビをつけてもたいした番組もないので、スマホで音楽を鳴らしつつ、お風呂へ入る。


風呂上がりの休憩も済み、まだ体に火照りが残る午後9時、たまりかねて外出。
というか、もともと飲み歩く予定だったのだが。

ホテルは商店街の一角にあるため、飲み屋には困らない。
たくさんお店がある中でも、ある1軒のお店に直行した。

本格的な、ベルギービールのお店である。
取り扱っている種類がとても多いし、生で飲めるものもある。
去年たまたま見つけ、店主さんとも話をして楽しかったので、リピートである。


入店するや、残念ながら店主は不在で、女性の店員さんが2名。
店は客でいっぱい、かろうじて2人がけテーブルが空いてたので、座らせていただく。

1杯目「マレッツ6」は、飲んだあとにベッコウ飴みたいな甘さを感じ、クリーミーな舌触りがする。
やっぱりベルギービールはうまい、生ならなおさら!

30分ほどゆっくり飲んだところで、カウンターにいた団体が一気に帰ったので、カウンターへ場所移動。
さらに2杯目、「シメイホワイト」は、サラサラしつつもアルコール8%という、危険なお酒。


・・・というところまでは、よかったのだが。
カウンターの隅にいた常連さんと、店員さん2人が、ひたすらしゃべっている。

いや、いいんやけどね、常連さんやし。
にしても、1人で2杯も飲んでいて、わざわざテーブルからカウンターへ移動した客は、一切無視?
時おり話を盗み聞きしては愛想笑う、「かまってオーラ」に気づかんか?
1杯4ケタもとっておいて、酒以上の付加価値はないのん?

う~ん。
ダメですね、こんな店。
バーとして、レベル低すぎる。
ベルギービールにも、謝ってほしい。

ダメと決まったとたん、2杯目を急ピッチで飲み干し、早々に店を経つ。
会計時にだけ「また来てくださいね」と声かけられたことに、さらに腹がたちつつも、笑顔でうなづけた自分を、ほめてやりたい。


ただ、この後に思わぬ楽しみが待ち構えていようとは、思ってもいなかった。
思わせぶりしつつ、続く!