読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キックボード旅人の日常

キックボード旅人による、旅の話とか日常のこと。

交野活性化計画

先週の土曜日は、前週とまったく同じように、地元のバーにいた。
店に入るや、なつかしい顔を発見!
思い切って声をかけるも、向こうはこちらを、まったく覚えてくれていない。

相手は社長さんやし、絶えずいろんな人を接するのだから、僕なんてその「一部」に過ぎないのか・・・
と、おセンチな気分になった。

ちなみに、その人との出会いは15年前。
地元・交野の議員さんが主体となり、交野を活性化するためのWebサイトを作成していた。
当時、プー生活をしながらもWebサイト作成の知識があったため、自ら名乗り出て作成メンバーとなった。
そのときの、メンバーの1人だったのだ。


当時からであるが、僕の中で「交野を活性したい!」という気持ちは、けっこう強かったのだ。
「活性」といえばオーバーだが、地元愛といえばいいのか、地元を応援したいな、といった感じ。

それの裏づけとなるもう1つが、数年前に立ち上げた「交野で飲もう!」というmixiのコミュニティ。
もともと、地元で飲み仲間増やしたいね、とゴンタと話しているうちに作られたもの。
とはいえ、やはり根底に「交野の人が気軽に飲める場を作りたい!」という気持ちはあった。

一時期かなりにぎわったのだが、いろいろ、もろもろのことがあり、活動は鈍化してしまったのだが。


話を、先週土曜日に戻す。
横で話していた、そのなつかしい顔の人といっしょにいた人が、かなり熱弁をしていた。
話の内容から、何かしら自営業をしていることがわかる。
で、熱を発している内容は、「交野を活性化しよう!」というもの。

僕のように、なんちゃってなものではない。
交野に人を集める方法やら、雇用を作る方法やら、交野の実業家の連携方法など。
具体的すぎて、そば耳たてながら、久しぶりに昔の感情がわいてきた。
やはり、何かしら交野をよくする活動がしたい!


とはいえ、前述した「いろいろ、もろもろ」の中には、出る杭は打たれる的な、先導きっている人を妨害する輩がいる、というのもある。
いわれのない誹謗中傷や、的外れの問答なんかは、ただ疲れるだけ。
人一倍そういうものに反応してしまう僕には、ちょっと気が重いものである。

なのでせめて、先導を切ってくれる人がいて、そのサポートメンバーとして動けたりできないものかな、と。
話にあがっていた「雇用」というところに貢献なんかできれば、今より何倍も仕事が楽しくなるだろうし、一石二鳥である。


などなど、久しぶりに「地元愛」というキーワードが、心の奥で少し熱く感じた。
まぁ大々的に動かなくとも、小さなことからコツコツ動けないものか。
本当は趣味も兼ねた構想が1つあるんだけれど、そういうことから始めていけば、何か身になるかも知れない。