読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キックボード旅人の日常

キックボード旅人による、旅の話とか日常のこと。

京ブラ

朝イチに美容室へ行き、夕方から京都で飲み会のあった、昨日。
思いっきり余ってしまった昼の時間は、京都の街を歩くことにした。

しかし京都というのは、妙にテンションがあがる。
言わずもがなであるが、神社仏閣が、あっちこっちにある。
店が密集するアーケードにさえ、何箇所も点在しているのだ。

雰囲気もそうだが、大学時代の思い出がよぎる、というのもある。
京都が好きで、京都に住居を構えた悪友JJ(仮称)に連れられ、昼夜遊びに明け暮れた。
街並みの景色があまり変わっていないこともあり、そのときの記憶が、ところどころでよみがえるのである。

主にめぐったのは、寺町通りというのかな?大量の店舗が軒を連ねる、京都でいちばんの繁華街。
そういえば、こうしてがっつり街歩きをするのって、すごく久しぶりである。
久しぶりというか、街歩きという習慣が、すっかりなくなっているというか。
ショッピングモールやらネットで買い物をすることが、当たり前になってしまったからだろうか。

店舗ごとに個性があり、もの珍しい服や雑貨などをたくさん見ることができる。
改めて、街をブラつく楽しみというものを再認識した。


ひととおり商店街をまわってからは、商店街の端にある「本能寺」へ。
本能寺ってまだ存在すんねや!ということに、お恥ずかしながら驚いた。

お堂では、何やら住職さんらがお経をあげている。
自由に見学できるとのことだったので、行ってみた。

ひととおりのお経が終わってからは、住職さんが、お寺のことをいろいろとお話しくださる。
マジメな話のなかに、たまに笑いも交え、聞いていて飽きない。
何でも、本能寺は過去に5回も焼かれ、今では地下に巨大な水槽があり、火が出てもすぐ消化されるしくみになっているとか。


あとは、久しぶりにカラオケを1時間歌い、歩いて京都駅まで。
途中で時間をもて余すと思っていた6時間は、まったくムダなく充実していた。
たまには、ひとりで街に出るのも、いいものだな。

もちろん、ひとりでなくてもいいわけなのですがね、そのあたりは努力不足でございます。