読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キックボード旅人の日常

キックボード旅人による、旅の話とか日常のこと。

暮れなんば、裏なんば

年末のお話となりますが。
29日は夜、あつし君らと裏なんばへ。

裏なんばへは、今回で2回目。
前回はさらっと歩いた程度だったが、今回はくまなく歩いてみた。
年末ということもあるが、えげつない人!
昔は、明らかにこんなに人はいなかった場所なのに。


ここええな、と思ったお店は、どこも一杯。
何とか空いているお店をと、30分さまよい、1軒目は立ち飲み屋。

立ち飲みといっても、奥に通されたテーブルは、イスがついている。
つまみはジャンルが広く、珍しいものが多い。
焼酎の種類はやたら多いが、誰も焼酎は飲まず、ひたすらビールを飲む。

ビールの値段も安くいい店なのだが、スピーカの音量が大きいのが残念なところ。
バーだし、客の回転をあげるためなのはわかるが、もうちょっと気持ちよくおれる空間を作ってほしいもの。


ひととおりお腹が落ち着き、1時間ほどして、2軒目へ。
あいかわらずどの店も埋まっているなか、あやしげなビルに少し入り込んだところの、薄暗いお店へ。
カレーがメインと書かれていたが、どうやらブルースのバーだそうな。
フードメニューのほとんどが品切れ、という驚くべき事実は、着席してから知ったこと。

マスターは、ひたすら常連さんと話をしている。
居場所がない!
ということで、1杯飲んでさっさと退散。


仕切りなおして3軒目は、1軒目の向かいにある、日本酒の立ち飲み屋さん。
カウンター越しから見えるガラス戸に、ずらっと日本酒が並んでいる。
日本酒のメニューはなく、直接日本酒を指定するか、どんな感じのお酒がいいかを指定するシステム。

ちなみに、たくさんある日本酒のうち、注文できるのは封を開けたもののみ。
つまり、開店時と閉店時で、頼めるお酒が変わることが、ざらだそうな。
つまみは、いずれも日本酒にあいそうなものばかり。

ここでは、まわりのお客さんとやたら仲良くなれる。
お店が狭いうえ、店員さんも少ないため、料理をお客さん同士で手渡しする必要があるのも、その一因だろう。


やっぱりええわ、裏なんば。
今年も、スキがあれば訪問したいものである。