読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キックボード旅人の日常

キックボード旅人による、旅の話とか日常のこと。

2015年回顧

1年回顧

例年ながら、今年1年を振り返ります。
ほぼ自分用のまとめで、ただ長いだけなので、ぜひとも読み飛ばしてくださいませ。


【1月】
ひさびさの競馬、ひさびさの京都競馬場へ。
競馬の楽しさを再確認しつつ、周辺の散歩にノスタルジーを感じる。

ゴンタ・作三ファミリーと新年会。
いつもより時間が短いものの、いつもどおり泥酔で記憶を半分失う。

年明けから予定がないことになげく。

○その他のイベント
・京見峠へ名水汲み


【2月】
ゴンタ・作三ファミリーと、朽木スキー場へ。
飲みやキャンプ以外でのイベントは、はじめて。
ひさびさに装着した、ショートじゃないほうのスキーに四苦八苦。

会社の仲間と、建仁寺へ。
はじめて体験する坐禅で、心をリセットする、気がする。

○その他のイベント
・部屋を大幅に模様替え


【3月】
ひさびさの飲み仲間・マッキーナと、ひさびさのお店「天」で飲み。
お店のマスター踏まえ、それぞれいろんな人生を歩んでいることに、オトナを感じる。

あつし君らと、阿波座のかき小屋へ。
川の上に浮いたぽんぽん船で飲むと、酒で酔っているのか、船で酔っているのかが、わかりづらい。

○その他のイベント
・何を血迷ったか、1円パチンコをする
・はじめて自分の服を売り、査定額の安さにゲンナリ
・ひさびさの東京で、あいかわらず落語とアメ横を堪能


【4月】
ゴンタ・作三ファミリーと、地元で花見。
地元で最高級の穴場スポットで、ダンボールで作った燻製に舌鼓を打つ。

あつし君らと、造幣局の通り抜け。
屋台でしこたま酒を飲む。

○その他のイベント
・免許更新、休日に行くのははじめてで、人の多さに驚愕
・久しぶりに、隠れ家「天」でひとり飲み
・会社の人らと、南港でテニス・京橋せんべろ街道でひとり酒、まさかのハズレ2連発


【5月】
キックボードで長崎から福岡まで走破。
晴れて九州一周達成。

ゴンタ・作三ファミリーと、河原で飲み。
BBQ場が確保できなかったための応急処置ながら、意外に盛り上がる。

あつし君らと、鍋パーティ。
きじや熊など、えげつない肉を入れた鍋は、意外にも美味。

大和郡山「矢田寺」でミニ遍路。
数時間のトレッキングながら、お遍路という目的があったためか、格別な刺激を受ける。

○その他のイベント
・あつし君らと、大阪でひたすら昼から飲む
・仕事の多忙さで金銭感覚が崩落、血迷って高額なウイスキーを購入


【6月】
廃墟仲間と昼からビアガーデン。
肉片を処理していくテキサススタイルのBBQは、いまいちなじめず。


○その他のイベント
・走行中にスクータ故障(プラグ焼きつき)
職業訓練時代の仲間と久しぶりに飲み
・石切周辺をひとりツーリング
・早朝から寄席を見に行く
・ゴンタ・作三らと深夜まで飲み会


【7月】
ゴンタ・作三らと平日飲み。
大阪で飲むのは、はじめて。
ビアガーデンのはずだったが、気がつけばアイドルと飲めるお酒とか、コンセプトがズレまくる。

向島遍路を決行。
長年構想していた、「キックボードで離島遍路」というジャンルを、新たに開拓。

近江舞子で会社BBQ。
ほぼ毎年恒例ながら、今までにないほど泥酔。

○その他のイベント
・ゴンタ・作三らと深夜まで飲み会
・さんざん毛嫌いしていたスマホに機種変更


【8月】
キックボードで広島→山口→島根をまわる。
灼熱にヤラれつつ、やたら人に声をかけられる。

○その他のイベント
・地元の同窓生と、深夜まで飲み会
・あつし君と天満で飲み、プチサバイバルの計画を立てる


【9月】
キックボードで知多四国八十八箇所巡礼。
2つの離島も巡り、最高の旅となる。

○その他のイベント
・奈良「櫟本高塚公園」でプチ遍路を試みるも、さびれすぎ感と蚊の多さに断念


【10月】
ひさびさのカタノモを決行。
ヒトも店も、地元というものの楽しみを再確認する。

弓削島・魚島へキックボード遍路。
走りまくりつつも、しっかりリゾート気分を味わう。

廃墟仲間と、はじめての「裏なんば」。
独特の雰囲気に酔いつつ、その場で飲んでた人と仲良くなったり。

ゴンタ・作三と地元で飲み会。
店員のバイトを巻き込み、ハロウィンを楽しむ。

○その他のイベント
・走行中にスクータ故障(ベルト切断)
・車のバッテリー上がり
・茨川林道へ、ひとりドライブ


【11月】
久しぶりに、廃墟仲間と散策。
広島N高原は、廃れすぎながらも、良物件。

○その他のイベント
・街なかでバッタリと大学時代の友人と会う


【12月】
御室八十八箇所霊場を巡礼。
山中に高い密度で存在するお堂に、神聖さとシュールさを感じる。

ゴンタ・作三ファミリーと忘年会。
子どもらの成長を感じつつ、珍しくあまり酔わず。

地元仲間と忘年会。
久しぶりの再開を果たしつつ、枚方の居酒屋のクオリティに愕然。

大学の友人GORIと、大晦日に1泊旅行。
廃墟を楽しみつつ、安くて満足の温泉宿に当たる。

○その他のイベント
・ひとりで「山空海温泉」を訪問
・ひとりで隠れ家「天」で飲む


ってなところ。
本当はもっと書いておきたいこともあるが、あまりネガティブなことを書いてもね。

昨年末あたりから今年初頭にかけて、心がボロッボロに荒らされた。
そこから時間はかかったけれど、何とか今の状態に立ち直らせてくれたのは、本当にまわりの人々である。
厄年かってくらいイヤなことがあったけれど、まわりの人々のことを考えれば、そんなことにくじけてはいけない。

来年こそは、1年を振り返ったときに「最高に楽しかった!」といえるようにしたいものである。
ということで、みなさんよいお年を!