読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キックボード旅人の日常

キックボード旅人による、旅の話とか日常のこと。

山空海居酒屋

お酒 妄想居酒屋

先日のウラなんば飲みで、「商売するなら何をする?」という話題があった。
僕の場合は、飲み屋さんである。
長生きが難しいとか、さまざまな知識やスキルが必要とか、リアルなことは度外視。
自分のやりたいことを具現化できる、という自由さが何より楽しいかな、と。

その話を思い出し、では具体的にどんなお店にしたら楽しいだろうかと妄想しながら、今日は仕事をしていた。
フマジメですいません。

リアル度外視とはいいつつ、若干の採算面なども考慮しながら、いろいろアイデアが出てきた。
ええ、もちろん商売のシロウトなので、穴だらけやと思います。
「それはおかしい!」とか項目ごとに目くじらたてず、温かい目で読んでやってください。

【コンセプト】
アウトドアをイメージ。
BBQではなく登山の昼食をイメージした、いわゆる「山メシ」という位置づけ。

【内装】
壁面には、空・山・高原のイラストを一面にペイント。
居酒屋やのに、まるで外におる気分を味わうため。

地面は、はめ込み式の人工芝。
「はめこみ式」なのは、飲食品をこぼして汚れた場合、その部分だけ取替えが可能なため。
土も考えたが、液体がこぼれたり、小さな落し物があったときに大変そうなので、ボツ。

観葉植物や花も、積極的に置く。
ホンモノはメンテナンスに費用がかかるため、極力造花を多め。

【客席】
基本は、キャンプ用のテーブルに、キャンプ用チェア。
しかし希望者があれば、マットをしいてザコ座りも可。

後述するが、火気器具も提供する。
基本はガスコンロだが、希望者にはワンバーナーも貸与。
ワンバーナーはやけどの危険が極めて高いので、貸す前には自己責任の旨を承諾とる。
(※ワンバーナーは盗難の心配あり。会員制などにして身分証明を行いたいところだが、そこまで面倒だと誰もやらんだろう)
(※ワンバーナーは室内の使用は基本NG。換気を焼肉屋ばりにやれば、大丈夫?)

後述するが、水道や調理場などの、炊事場を用意。

【飲み物】
缶ビールはじめ、缶チューハイ、缶ハイボールなど。
日本酒や焼酎は、ワンカップや360mlビンなど、小さなものを用意。

「自動販売機」を設置し、お客さんが順次買いに行くというシステム。
飲料提供の時間を削ぎ、人件費を削減する。
(※持ち込み対策が必要)

【食べ物】
缶詰やレトルト食品を充実させる。
賞味期限切れによる、ロスのリスクをカット。

その他は、あらかじめ洗って皮をむいた程度の野菜類を提供。
お客さんには、メニューとともに、缶詰やレトルト+野菜を組み合わせたかんたんなレシピをまとめた冊子を提供。
お客さんがそれを参考に、いろいろと作ってアレンジして楽しむ。
そのための、炊事場と火気器具。

もちろん、料理苦手な人は、缶詰のみで食べるもよし。
(※すぐ出せる一品料理も必要か)

【その他】
食後の皿洗いは、お客さんがやる必要はナシ。
ただし、アウトドアをこよなく愛する人、異性にカッコつけたがる男女などが洗ってもいいよう、炊事場にさりげなく洗剤とスポンジを置く。
また、お皿はあらかじめ多めに渡しておき、それでも足りない場合は洗って使いまわしてもらう。
店員が空いた皿を回収してまわる、という時間をカット。

食器類は、もちろんアウトドア用のカップやらトレーやら。

BGMは、小鳥のさえずり・川のせせらぎなどが入った、環境音楽
登山やアウトドアグッズなども、お店にスペースあれば物販する。
ハンモックは、置くと寝られたり汚される恐れがあるので、置かない。


実際にこんなお店あったら、僕ならけっこう通いづめるけどね。
でも冷静に考えたら、わざわざ自分で料理作らなあかん飲み屋なんて、誰が行くねん!
奇をてらいすぎですね。

いやぁ、妄想って楽しい。