読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キックボード旅人の日常

キックボード旅人による、旅の話とか日常のこと。

夜長の交野飲み

これも1つの、スマホの恩恵と言おうか。
LINE・Facebookの再稼動を知らせる連絡をしたところ、「久しぶりに飲もう」という、地元の飲み友達から返答があった。
そこからメンバーが派生して、計6名で飲みに行くこととなった。


お店は、京阪交野市駅前の「金八っつぁん」。
僕が勝手に「漁師系」と言っている、京橋の名店「とっつぁん」とは、カテゴリーも名前もそっくり。
まぁ、パクりが流行するこのご時世ですからね。

店に入るや、熱い!
そして煙たい!
それもそのはず、各テーブルにコンロがり、換気がほぼ入り口のドア一方向でしかできていないのだ。

ドリンクは、ハイボール180円に生ビール380円と、駅前とは思えないリーズナブルさ。
客が満席となるのも、うなずける。
満席だからか、ちょっと声を張らないと会話できない喧騒さは、大人数向きではないと感じる。

まず名物、牛すじ肉豆腐。
豆腐に土手焼きを持ったもの、380円。
土手焼き好きな僕としては、量もありなかなかおいしいと思う。

刺身は、5切で480円とか580円で、お値段に納得できる鮮度ではない、かな。
天ぷらは、衣がサクサクで具もそこそこの大きさで、これはいける!

名物の浜焼きは、テーブルのコンロで魚介類や野菜を焼くわけだが・・・ううむ。
おいしいのは、おいしい。
ただ、たった2切れの白ねぎが100円で高いと思えば、皿にてんこ盛りのカマ塩焼き(というかアラ)が、うまくて380円とコストパフォーマンスに優れていたり。
全体的に、値段や味のバランスが、グラングランしているというのが印象である。

さて、久しぶりのメンバーである。
2年のブランクとはいえ、一時期けっこう密に飲んでいたせいか、あまりなつかしさを感じない。
が、しっかり2年という歳月は過ぎており、それぞれの近況を聞くだけでも、いい酒の肴となる。
ポップな話からダークな話まで、話の幅も広くて面白い。


残念ながらメンバーは2人減りながらも、向かった先はアルジェント。
前回、やたらお店がうるさかったことで好感度をがっつり下げていたが、今回はそうでもなかった。

しんどさはないのだが、ここにきて僕だけトーンダウン。
1次会で、途中から熱燗をひたすら飲み始めたためか。
それとも、最近ちょっとハマり出している、ウィスキーをロックで飲んだためか。
はたまた、1次会に輪をかけたダークな話に入っていけなかったか。

などなど、相変わらずこの時間帯というのは、絶えず会話を交わしているにもかかわらず、後になって内容が思い出せない。
途中、1次会のお店の店長があらわれ、これでもかというほど全員でいじり倒したことだけ、明確であるが。
あと、最後お店を出たのが、午前4時だったということも。


やっぱり、交野は楽しい!
お店も増え、飲み歩ける環境が整っているのだから、この流れには素直に乗っていきたいところである。