キックボード旅人の日常

キックボード旅人による、旅の話とか日常のこと。

ぐうたら3連休

3連休で予定がないなんて、こんな屈辱があるものか。
なんてことを常々思うのだが、今年は特にそんなパターンが多い気がする。
まぁ今週に関しては、足の負傷という大きなアクシデントがあったので仕方がない。
もともと予定していたキャンプも、天候とメンバー都合で中止になったが、これも仕方がない。


とりあえず今回は、甥っ子が家に遊びに来ていたこともあり、やりたいことがあまりできなかったけれども退屈しのぎはできた。
また今日は昼から、久しぶりにあつし君と会い、少しの時間だが話ができて気分転換になった。


「休みだから何かしなくては!」という思いは、昔っからずっと持っている。
けれども、逆に休みはこんなもんでいいのかも。


どうも最近、「休み」の過ごし方が下手になってきているな。

びっこ生活

先日のキャンプ日記で少し述べたとおり、左足のかかとあたりをケガしてしまった。
キャンプの翌日は朝から痛みがひどく、出勤もままならない状態だったので、会社を休んで病院へかけ込んだ。


まずは整形外科。
はじめは「痛風ちゃう?」と言われてこの病院は大丈夫なのかと怪しみつつ、レントゲンや触診を経て出た結果は、筋肉の炎症。
アキレス腱や靭帯には影響ないとのことでひと安心だ。
とはいえ、全治1~2週間だという。


さらに整骨院へ。
もともと首・肩・腰のマッサージを目的に行ったのだが、ついでに足を見てもらうと、テーピングをしてくれた。
このテーピングが強烈で、足首が曲がらないようにガッチリと固めてくれた。


そんなこんなで先週1週間、ずっとびっこ引いて生活をしていた。
整形外科で痛み止めをもらっていたので、日中はたいして痛みは感じなかった。
それでもびっこを引く原因は、テーピングによる固定だ。
痛みはそれほどでもないのに、かなり大げさな歩き方となって、まあ目立つ目立つ。
仕事でちょろっと事務的に話す程度の人にすら、廊下でのすれ違いざま「どうしたんですか、大丈夫ですか~?」と声をかけられたり。
本当に本当に、ただただ申し訳ないし情けない。


「運動してやせよう!」と決心していた矢先に、何てこったい!

猛々颱風

地震、記録的大雨、ダブル台風ときて、まさかの大型台風直撃・・・
「大阪は天災が少なくていいな」と常々思っていたのに、こう毎月のように訪れるとは。


改めて、昨日の大型台風。
怖かった!
本能だろうか、その怖さは前日から感じていた。
庭に出て自転車やバイクが転倒しないよう対策するなんて、ふだん台風が来てもまずしない行為だ。


当日の朝は晴れていて、そこそこ風はあるものの、ごく平和な時間が流れていた。
会社も終日休みとなっていたので、散歩でもしたかったがそこはガマン。
しかし徐々に雲が出てきて、以降は太陽が顔を覗かせることはなかった。


昼食をとってひと休憩して、午後1時半ごろだろうか。
とうとうやって来やがった、暴風雨。
過去に何度か台風直撃を経験したことはあるが、まったく過去の比ではない!
家が風であおられ、揺れているのだ。


自分の部屋が風下だったので雨戸を閉めず外を見ていたが、もう地獄絵巻。
葉っぱがどこからともなく吹き飛んできたかと思えば、遠方では板が空を舞う。
時おり看板や木片なんかも飛んでくるのだが、その速度がえげつない!
視界の左側から飛んできたかと思えば、もう次の瞬間には視界の右側に逃げているのだ。
ピッチングマシーンでも、こんな速度出ないのでは?と感じるほど。
こんなん、天気予報の発達していなかった時代の人はどうやって過ごしていたのだろうか?


実質3時間くらいだろうか?
暴風雨が落ち着いたら、ご近所さんが表に出て片付け。
本当ならバイクで近所をまわって被害状況を確認したかったが、そういう野次馬根性が二次災害を生みかねるので、そこはガマン。


そして今日は、出勤時や昼食時に被害状況を観察。
いちばん多いのが看板類の飛来で、あとは街路樹の倒木など。
いくつかの場所で、フェンスが折れて倒れていたり、車のガラスが割れていたり。
ニュースに紹介されるような悲惨さこそないものの、日常の風景に広がる非日常の数々は、やはりどこか恐ろしさを感じた。


台風が去って24時間以上が経過したものの、依然最寄りの電車はダイヤが乱れ、近所の工場は壁がはがれている。
停電や断水で出勤が大幅に遅れた人もいる。
もしかすると、意外な部分で二次災害が発生する可能性もある。
「日常」が戻ってくるまでは、気を抜かないよう過ごしたいと思う。

無情なフォト

会社で写真を撮る機会があった。
しかし、そこに写った肖像は思わず目をそらしたくなるものだった・・・


いっしょ!
昨日の日記と展開がいっしょ!


いやホンマ、幻滅ですわ。
写真をバッシバシ撮ってもらったんやけれど、毎日鏡で見ている自分が1枚も写っていない。
デブというだけでなく、笑顔も不自然やし、格好よさのかけらもない。
「録音した自分の声って変」という現象があるが、まさしくそれのビジュアル版。


こんなふうに見られてるんやね。
ショックというのは正直否めないが、ふだん思っている自分自身との乖離がはなはだしい。


肥満と老化をどうとらえるか。
それに対して自分はどう対応していくのか。
本当に真剣に考えたくなったと同時に、これを書きながら自分がうっすらナルシストやったんやと痛感してしまった。

土地欲

とんでもない衝動であるが、土地が欲しい。
理由は特になく、使用用途も特になく、とにかく土地を所有したい。
都会の土地ではなく、できれば田舎でまわりに何もないような場所。
何百万とかではなく、できれば数十万とかで、年間のコストも安いところ。
何だろうかこの欲求は。


強いて使用用途を付加するならば、プライベートキャンプとかかな?
どこか自然に囲まれた土地で、ただボケーっとする。
はたまた、ガス銃用の射的場みたいなものを作って、趣味のスペースとする。


ちょっと前には離島が欲しいと思ったこともあったが、さすがに金額がとんでもないし、しょっちゅう通えそうにないのでパス。
やはり遠くても、車で1時間以内の場所がいい。


どなたか、格安物件を紹介してくださいませ。
いっしょに遊ぶなり開拓なりしてくれる方も募集中。

でぶ通告

今日1日で、2人に「太ったな」と言われた。
1人は同じ部署の職場の人、もう1人は数ヶ月ぶりに行った京橋の立ち飲みのマスター。


いや、自覚はしてますよ。
自分の不摂生のせいだと理解してますよ。


でもねぇ、やっぱり傷ついてしまいますよ。
ええ、もちろん言った人を責めてるのではないですよ。


ということで、昨日書いた「秋の準備」に、やせることも追加しておきたい。
例年、秋は必ず太るしそれが哺乳類として自然の摂理と割り切っていたが、さすがに歯止めは必要なので。


食事制限の自信はさっぱりないんで、運動量とか別の手段を考えたい。

秋準備

未だに猛暑が続いているが、暦は確実に秋へ向かっている。
夜のこの時間に聞こえる虫の音も、すっかり秋を知らせてくれる。


そんな田舎暮らし自慢はさておき。
秋に向けて、いろいろ準備をしたいなと思う。


まずは遊びの予定。
すでに9月は3件ほど決まっているというステキな状況であるが、うち1件のキャンプは日程以外がほぼ白紙だ。
10月以降なんて予定ゼロ。
サバゲーの話もあったりなかったりだし、同級生でテニスしたいという話もあるし、ひさびさにツーリングとかしたいし、ひとり旅もしたいし。
今のうちに仕込んでおかないと。


あとは勉強。
がらにもないこと言っているが、知識を蓄えたいなと常々思っている事項がいくつかあるのに何も動けていないので、今年の秋はちゃんとやろうかと。
最近けっこう予定の入らない週末が多いし、ここは「勉強の秋」を満喫するチャンスととらえたい。


まずはやりたいこと・やるべきことをリスト化して、1つずつ計画を立てていこう。
秋はがっつり充実させるぞ!