キックボード旅人の日常

キックボード旅人による、旅の話とか日常のこと。

タープの次はテント欲?

ついこの間まで「タープが欲しい!」とほざいていたのに、今はテントが気になりはじめている。
何て浮気症なヤロウだ、と思われそうなので、一応弁明というか補足しておこう。


まずはタープ。
これはもう、諦めた。
以前の日記にも書いたとおり、1か所に留まるようなキャンプを1人ではしない。
そうなると、日差しをさえぎる必要はないので、タープなどいらなくなる。


そしてテント。
昔から使っていた1人用のテントが、ついにダメになってしまったのだ。
厳密には、ポール部分が割れてしまったという程度なので補修も可能だ。
しかし、インナーとフライシートの隙間が広くて風雨が吹きさらすというデメリットもある。
それでも昔は使っていたのだが、もうこの老体では限界。
15年は使っているし、1万円もしなかったものだし、これはもう買い替えてもバチは当たらないだろう。


といういきさつで、1人用のテントが欲しくなった。

 


・・・というところまでが、実は序章であって。
実のところ、家に1つ、1人用テントが余っているのだ。
重量があるのと、すでに1人用テントがあったこともあり、倉庫に眠っていた。
しかし自転車やキックボードに積むわけでないので、重量なんて気にする必要がない。


ちなみにダンロップの「R207」というものらしい。
定価を確認してビックリ、何と25,000円!
人から譲り受けたものだが、よくもこんな高価なものをいただけたものだ。


ただ20年以上前のものらしいし、ずっと倉庫に眠っていたもので、使えるのかどうか。
ちょっと温かくなってきたし、お庭で試し張りしてみようかな?
前のテントに比べて3倍近くもする価格差が、どのくらいなものかが楽しみである。

廃墟サミット in 船場センタービル ~番外~

廃墟仲間と飲んだ後の、つづきを少し。

 


解散したのが午後4時過ぎで、その後時間をもて余した。
一度はまっすぐ帰ろうとしたのだが、おそらく酔った頭では家でやることがない。
ちょうど、2か月に1度のメタルDJイベントが夕方から開催とのことだったが、そこそこ酒が入っているので夜遅くまで頭をふる元気がない。
それなら、次いく来るのかわからない「船場センタービル」を楽しんでやろうと、徘徊した。


地上1階と地下1階が、店舗ゾーンとなっている。
全10号館あり、通路が2本あり、左右に店舗が並ぶ。
単純計算すると、両方に店舗の並ぶ通路を、40本も歩かなければいけない!
めちゃくちゃ広いやんけ!
まぁ、実際はシャッターだらけの通路があったり、店舗のない箇所があるのだが。

 


繊維の街にあるだけあって、繊維関連が圧倒的に多い。
婦人服屋がダントツに多く、ときどき呉服屋だったり、タオル屋だったり、生地屋だったり。
面白いのが、値段に「小売」と「卸」の値段が書かれていたりすること。
おそらく、大量購入した場合に「卸」の値段で買えるのだろう。


また、1~3号館は「大阪舶来マート」と銘打って、いろんな輸入品がそろっている。
アジア雑貨からシャンデリアから、とにかくジャンルが広くてこれは楽しい!

 


午後4時過ぎから歩いていたが、午後5時半ごろから急にシャッターを降ろす店が増える。
結局午後6時ごろまで歩いたのかな?
全体的に、半数以上のお店がシャッターを下ろしていた。


冒頭で「次いつ来るのかわからない」と書いたが、近いうちにもっと早い時間から散策してみたいな。

迷タープ

タープが欲しい!
という願望は昔からあったのだが、最近ソロキャンプのことを意識しだして、余計に欲しくなってきた。
ソロキャンプだけに限らず、夏場の日中どこか山でボーっと過ごしたいときなどにも使えるのではないかという目論見もある。


しかし、昔から欲しくて買わなかっただけあって、選ぶ基準がわからない!
値段設定もわからない。
どうせ今買えば一生モノだし、高いのでもいいかと思う。
反面、安くでもあるので安物で試すのもいいのではとも思う。
極端なところでいえば、ピンとキリで値段差が10倍あるというのだから恐ろしい。


そんなこと考えつつ、気持ちはどっぷり安物に傾いてはいる。
しかし、安物は安物でポールが付属していないとか、ロープやペグがしょぼくて買い替えが必要とかいうレビューを見る。
それやったら、結局それなりにかかってしまうし、いっそ高いやつ買ったほうがお得?とも感じる。


いろいろ悩む時間ももったいなく感じはじめて、そもそも今まで野宿旅で必要としなかったことも思い始めると、せっかく着火した購買欲が冷めてきてしまう。
もっと簡単に考えて、安物買って試せばいいんだけどね。
妙に慎重な性格がちょっとイヤになる。

オレキャンプ

中津で飲んだころだったろうか。
以前ブログにも書いたソロキャンプ羨望について、あつし君と話していた。


要約すると、昼からひとりでキャンプしても、昼は何したらええのん?とか。
まわりに人いっぱいいるキャンプ場でやって、空しくならんのん?とか。


そんなこと話しながら、昔を思い出した。
かつて野宿していたころは、昼はママチャリかキックボードでの移動がメインで、野宿はあくまで宿泊手段の1つ。
誰もいない場所を探しては、テントを張る。
たき火をしながら酒を飲むのは格別だし、早朝の静寂さはこの上ない神聖な時間。


「それですやん」
という、あつし君のひとことで目が冷めた。


そうだ、それだ。
1か所に留まったり、まわりに人がいる場所に居座るなんて、そもそも僕のやりたいことではない。
自分が自然とやっていたことこそ、自分のスタイルである。
よくよく思い出せば、ジムニーでドライブして野宿したって経験もあったし。


というわけで、自分のやり方でソロキャンプを楽しもう!
今年は、ぜひともソロキャンプをやるぞ!


いっしょにやりたい方も募集中♪

確定申告ジゴク

昨年に続き、確定申告を行った。
ああでもない、こうでもないと調べて2時間かけ、還付されるのは1,300円・・・
何だろう、このムダな作業?


もっと簡略化できないものだろうか。
国民に一意の番号をつけ、収入や納税を一括管理して、こういった国民の事務的負荷を軽減できる制度を作るなどいかがだろうか。
おっ、これはいいアイデア、国に提案してみたいところだ。

さらにデコ

デコ話のちょっと続き。
ブログに掲載していた写真の下側にもあったように、ステッカー300枚以外にも購入したものがある。


【ウォールステッカー】
自室の壁には何も貼り付けておらず、部屋が無愛想である。
いっそ壁紙を張り替えたいところであるが、そう長年居座るつもりもない。
ということで、100均のウォールステッカーで試しやろうかと。
貼るにもセンスが必要そうで、手をつけるには勇気がいるのだが。


【転写シール】
こすって貼り付けるタイプのやつ。
かつて「レタリング」といって、カセットテープのラベルにアルファベットを貼り付けていた中高生時代が浮かんでくる・・・
「MY BEST」という文字ばっかりが減ってたっけ。
あとはポケベルのデコとしても、少しの間はやったよな~。


【カッティングシート】
でっかいシールで、切り貼りして貼り付けるやつ。
これ、10年ほど前にも持ってて、何かしらロゴとかを切って使おう!としてたのに、結局ゴミと化した経験もある。
そんな記憶が残っているのに、また買ってしまった・・・


そんなこんなで、たま~にこんな衝動が爆発してしまう。
このまままったく何もせずで終わる、ってのがいつものパターンやし、少しでも着手してみよう。

デコ欲

衝動的というよりは、潜在的にあった欲求が爆発したというか。
ステッカーを大量に購入した。


カラーシール200枚!
モノクロシール100枚!
さすがにやりすぎた・・・

f:id:kickboy:20190304224750j:plain



おそらく起爆のきっかけは、ラジコンである。
先週、まこっちゃんに本体をデコレーションするための小さなシールをいただいた。
いただいたというより、「好きなん貼っていいよ」と言われたので、いくつかペタペタと貼らせていただいた。
センスこそないものの、貼っていて楽しいし、貼り終わったときに満足感を得た。


さらにその後、ラジコンを収納するための透明ケースを購入した。
収まりがよく満足なのであるが、どうも無地透明というのが味気ない。


もっといえば、家の中には味気ないものがある。
最近買ったLEDライトなんか、無名のメーカーのものなのでロゴすらなく無地。
観葉植物の鉢は、いつかデコってやろうと考えながらも結局何もせず無地のまま。
他のアウトドアグッズ類やら家電やらも、何かしら色気を出してやりたい。


そんなこと考えているうちに、気がつけばご覧のありさま。
300枚もありながら、大量購入しただけあって、1枚あたり10円もしない。
意外にも、いろんなジャンルのデザインがあって、見ているだけでも飽きない。
逆に、どれを貼ろうか迷ってしまって、結局何も貼らずになりそうであるが・・・


この中で一生かけても、結局は1割も使わないだろう。
ステッカーに興味ある方は、数枚なら無料でお譲りしますのでお声がけくださいませ。