キックボード旅人の日常

キックボード旅人による、旅の話とか日常のこと。

大自習3days、結果と反省

前の日記のとおり、先週末は有給をとって3連休をいただき、ひきこもりながら計画を立ててプライベートのToDoを潰しにかかった。
結果報告、というか自分自身への反省。


まず結果としては、未達である。
しいて言えば、いちばん最低限やりたかった、GW旅のテキスト化だけは達成した。
計画を立てた成果は、まったくゼロとはいえない。

 


で、未達の原因。


1つは、テキスト作成の時間を見誤っていた。
1日分の日記を書くのに、1時間でいけると思っていたが、1.5~2時間かかっていた。
今まで何度もやってきた作業なのに、そういえば時間を意識して対応したことなかったな。


もう1つは、作業を詰めすぎた。
よくよく考えてみたら、この3連休でひきこもると決めた理由として、前週の3連休の疲れをとるというのがあった。
だからこそ、お昼寝も必要だし、朝寝坊も必然だった。
整骨院にも寄る時間も、確保しておくべきだった。


あとはまぁ、天気がよくなってついついドライブしちゃったというのもあるが、それはそれでいいリフレッシュになったのでダメなことではない。

 


ここまで書いていて気になったのが、やはりテキスト作成の時間がかかりすぎること。
旅日記だけに限らず、このブログのテキストを作成するのでも、どうしても多くの時間がかかってしまう。
文章を書くことが好きなので苦ではないんだけど、書くことばかりに時間がとられて、他の作業ができない。


何かうまいこと、書く時間を短縮できないものかなぁ~。

ついに発見?ネオ聖地

明日は休みで3連休になるということで、先日宣言したとおり、予定を立てて行動している。
中間報告としては、順調に遅れまくっている。
けっこう余裕を持たせて組んだはずやのになぁ~。


いや、でも飽くまで「遅れている」のであり、まったくやっていないわけではない。
予定がなかったら、きっとダラッダラと過ごしてほぼ何もできていなかったはずだ。
やっぱり予定って大事だなぁ~、達成してないけど。

 


さて、もう結果出していない時点で言い訳しまくっているだけの戯言に過ぎんのだが、戯言ついでに。
予定がくずれたきっかけは、今日の昼にお出かけしたこと。
最近動かしていなかった車にエンジンをかけ、ランチと買い物へ。
それだけならよかったのだが、あまりに天気がよくて、ついつい拍車がかかってしまった。


そういえば、あつし君とたき火する場所を探しあってたっけ。
前回も下調べすらできていなかった自分の不甲斐なさもあり、しっかり下見しなければ!
山手のほうを走っていたこともあり、思い切って山側へ進路を向けた。

 


民家から離れた場所に、なかなかよいロケーションが!
駐車場が用意され簡易トイレがあり、見下ろすと小川沿いに広場。
回り道をすると、車を川まで下ろすこともできる。
BBQは容認されており、たき火跡もある。
ただ、道から丸見えなので大きな火をあげると何かとややこしそう。

 


道をもう少し進むと、別の場所でこれまた広場がある。
先ほどより規模が大きく、大きくたき火された跡もある。
というか、もうキャンプ場ですやん!
道の終着点にあるし、ここなら何の気兼ねもなくたき火できるだろう。
ただ、ここまで環境が整っていたら、他のキャンプ客もいるだろうし、僕らが目指している「プライベートたき火」ができない可能性がある。

 


どちらの場所も、たき火だけに限らず、普通にデイキャンプとかにも使ってみたいな。

大自習3days計画

先週は有給を使って3連休をいただいた。
で、実は次の月曜も有給をいただき、今週末も3連休なのである。
こう見えてストレスフルな日々を送っているんで、休めるときは休ませてくださいませ。


3連休とあらば、旅や!
と2週連続の旅を構想していたのだが、あいにく天気が悪そう。
旅に悪天候は天敵だし、ここは素直に諦めよう。


ということで、3連休はまるまるヒマになる。
天気が悪いので、おそらく出かけないだろう。


よし、ここはひきこもるぞ!
ただし、せっかくの3連休、ダラダラ過ごすんでなく、有意義に過ごしてやる!
GWの旅日記や先週の旅日記をまとめたり、Webサイトを更新したり、服を整理したり、その他もろもろ、やりたくてできていないことが山積みだ。
ちょっとやること洗い出し、計画表を作って動いてみようではないか!


と考えている。
もちろん、飲みのお誘いなんかあったら最優先するけどね~。

日本一周、その後

ありがたいことに、会う人ごとにキックボード旅のことに触れてくれるようになった。
特に長期休暇前後は、旅の計画や感想を聞かれるようになり、実にうれしい限りである。


そんなキックボード旅だが、いよいよ今年の夏季休暇に日本一周が達成しそうである。
それを伝えると、必ず尋ねられる。
「次はどうするの?」と。


まぁ、そうですよね。
もともと日本一周を目的に始めたわけでなかったとはいえ、10年かけてここまでたどり着いた。
旅の最中でも「日本一周してますねん」とアピールできたために、多くの人が応援してくれた。


それでいえば、達成することで「日本一周」というブランドがなくなってしまうのは、嘆かわしいことである。
日本一周を達成することが、うれしい反面、悲しいわけで・・・


おっと、脱線してしまった。
次はどうするか。


別にネタがないわけではない。
例えばはじめに少し触れたとおり、もともと日本一周を目的としていなかったので、走った場所を線にしたときにつながっていない箇所がある。
また、途中から「なるべく海沿いを走る!」と決めたので、海沿いに走れていない場所がある。
それでいえば、三重県の伊勢から海沿いに走り、渥美半島もぐるっと周るルートなんか行きたい。


また、キックボードを使った離島めぐりをしたい。
もう1つの趣味である島遍路なんかでも、1週間かかる場所もあるし。

 


まぁ、そんなこと考えていますが・・・
それ以前に結婚して子どもやろ!と常々思っていたりもする。

更新の方向性

昨日の日記に反応してくれたのは、意外にも大学の悪友・GORIであった。
「廃墟やレトロ商店街と同じ、あと10年もすればweb上で見かけることの無いくらい味のあるwebサイトになると思うのに…」
という、僕のWebサイトに対して前向きな意見である。


なるほど。
さすが、当時YouTubeがあれば炎上必至な大学生活を共にした仲だ、僕の気持ちを見透かしているというか。


正直なところ、いくら古いからといって、今のデザインが嫌いではない。
何度も作り直し、ようやく自分の中で納得のできるものに落ち着いているのだ。
また、最近はやっている、やたら縦にダラーっと長いWebサイトのデザインは、個人的に見にくいと感じるだけだし、好きになれない。
自分が好きでないものを、作りたいとも思えない。


ということで、少なくとも昨日のブログにあげた「第三弾は全体的に最新デザインに組み換え」は、やめておこうと思う。

 


ではまったく更新しないのかといえば、そうともいえない。
今のWebサイトには、ムダが多い。


昨日、行きつけの美容院で「Webサイトの自己紹介見ましたけど、いろいろやってますね~」と話しかけられたときは、本当に顔から火が出そうだった。
履歴書風に自己紹介をアップしているのだが、あからさまにウケ狙っているところがあったり、そこまで書かんでいいということまで書いていたり。
これ、本当に消したいところだけど、他のいろんなページからリンクを張っているので、すぐに対応できない。


上記だけでなく、いらんものがたくさんあって、トップにある7つのコンテンツのうち、今生きているのは旅日記だけなのだ。
むしろ、トップには旅日記のジャンル(キックボードとかママチャリとか)を掲載するべき。
そこまでわかっていながら、なかなか作業が進まないのは、ただの怠慢なんだけどね~。

 


他にWebサイト関連でやりたいことがもろもろあるけれど、まずは書き出してまとめるところからかな?
今年こそ、まとめてやるぞっ!

Web更新羨望2.0

ちょっと前に紹介した、福島県郡山市で若者集団にからまれた話の、ちょっと続き。
僕の旅を「バズる」と言ってた人らね。


若者はクリエイター系の仲間とのことで、僕が旅をWebサイトで紹介していることを伝えると、Web系の仕事をしているという1人が、すぐさまスマホで検索しだした。
そして第一声。
「古い」


お、おう。
本当に日本あちこち行ってますねとか、ママチャリでも色々やってますやんとか、あるんやけどな。
その後も、「古い」という言葉を何度か発せられてから、間もなくこの話題は終了。


確かに、デザインは15年前のもので、その古さは自覚している。
そこを指摘されること自体は、別に腹も立たない。
悔しいのは、デザインが古いゆえに、コンテンツの内容自体をまったく見られなかったことだ。


悔しいけれど、これが事実。
もしかすると、ほかの人も同じ感じで、コンテンツ自体をスルーしているのかも知れない。


というわけで、何度も燃えては消えているWebサイト更新欲が、めらめらと再燃しだしている。
ただ、今のものを1から作り直すとしても、あまりに時間がかかる。
ひとまずトップページだけでも今風にするのが、第一弾。
既存のコンテンツも壁紙等を工夫して今風に少しでも近づけるのが、第二弾。
第三弾は全体的に最新デザインに組み換えだが・・・これはさすがに時間がかかりすぎる。
できるところからやろう!

真夜中散歩

金曜日の夜に遊ぶことはまぁあることだが、ノンアルコールというのは珍しい。
そんな昨夜は、家に帰って身支度をし、バイクであつし君のお家へ。
合流後すぐさま向かったのは、人気のない場所。


先週にあつし君と打ち合わせた、たき火スポットの下見である。
車を停められるか、人目につかないか、山火事の恐れはないか。
やはり実際、夜に訪問しないとわからないことが多いのだ。


1軒目は東屋もある公園。
広場としては申し分ないのだが、道路から近すぎる。


2軒目はダム近くの場所。
こちらは道路から近いうえ、「ここだ!」と思えるベストスポットが見当たらない。


残念ながら、空振るりに終わってしまった。
それでも、人気のまったくない道を、手元の明かりだけを頼りに歩くのは楽しい。
時おり獣の気配を感じたり、林の間から光る眼がいくつも見えたり。
わずか2時間の散策だったが、半日は遊んだ気分。

 


人目につかず安全な場所というのは、やはり大阪から近くの場所では難しいのか?
少なくとも行き当たりで見つけるのは至難なことなので、ちょっと本腰をあげてデータ収集が必要である。