キックボード旅人の日常

キックボード旅人による、旅の話とか日常のこと。

オオカミ少年、クモの巣に吠える

1年に1度は宣言しておいて、結局前に進まず。そんなこと繰り返しているから、どうせまた今回もだろうと思われるだろうし、自分も思っている。でもまぁ、「言霊(ことだま)」の原理で、書くことで実行に移せる可能性もあるので、とりあえず書いておく。 Web…

かわいい猿

いかん、久しぶりの一目惚れ。ここ数日は、本当に心持っていかれてしまっている。さてどうしたものか。 きっかけは、何気なしにネットをダラダラ見ていたときだ。画面の右にある広告欄に見つけた写真を見て、手が止まった。 かわいっ! そもそも、なぜこの広…

地元仲間とオンライン飲み ~テーマは部屋見せ~

地元の仲間とオンラインでしか話せないというのは、何とも皮肉なものだ。こんな事態になるとは想像もつかなかった、と改めて強く感じる。 土曜は午後7時半、LINEのビデオ通話を使って、ゴンタ一家・作三一家とオンライン飲みをした。IT業界にうとい作三が賛…

廃墟仲間とオンライン飲み ~テーマは逸品~

今週金曜は、廃墟仲間のピースケさん・あつし君とオンライン飲み会をした。前回はプレで短時間だったが、今回はがっつり本番。 今回は「自慢の逸品料理を作る」というテーマがあった。で、僕が用意したのは「ベーコン巻き」。アスパラだとベタなので、それ以…

テレワーク生活・第二章?

テレワーク生活からもう1か月。っていうのはウソなのだが、もうすっかり慣れてしまった感がある。たった1週間で順応できるなんて、思ってもみなかった。 そんな中で当初から決めていた決まりごとは律儀に守っており、特に1日3回の散歩は雨の日以外は欠かして…

LINEテレワーク飲み

たぶん「テレワーク飲み」なんて言葉を気に入って使っているのって、かなりダサいのだろう。そう思うのは、ネットを探せばわんさかと「オンライン飲み」なんて言葉が広まり、それ専用のサービスが出るほどはやっている。そもそも、文言に”ワーク”がついてい…

プレ・テレワーク飲み

自分から提言しておいて、すっかり音頭をとってもらうという申し訳ない形となってしまったが。先日ここでも提言した「テレワーク飲み」を、昨夜少し試してみた。 相手は、廃墟仲間のピースケさんとあつし君。がっつり飲む日は1週先に設定したうえで、まずは…

GWの過ごし方・考

今週の日記はほとんど、テレワークについての話題になってしまった。外部から遮断されて、それ以外に何の情報も刺激もないのだから、仕方がないか。 それはそうと、もうすぐGW!キックボード旅のシーズンだ!・・・って言ってられないんですよね。 正直なと…

やろうぜ!テレワーク飲み

テレワークという軟禁状態からまだ2日だというのに、すっかり今の状況になじみつつある。少なくとも1週間はやっているような感覚。これっておそらく、単に仕事だけでなく、プライベートで友人と会えない状況が以前から続いていたからではないだろうか? そこ…

テレワーク・初日

仕事が終わった瞬間、自分の部屋にいる。実に不思議な感覚だ。そんなテレワーク初日となった今日を振り返ってみたいと思う。 目覚めたのは、いつもより30分だけ遅い午前7時半。もちろんもっと遅くまで寝ることもできるのだが、そうしなかったのは、ブログを…

テレワーク・イヴ

いよいよやって来ましたね、緊急事態宣言。そしていよいよやって来ましたよ、テレワーク。ただでさえ仕事が佳境を迎えるというタイミングで、来やがったですよ、明日から。 うれしい部分とうれしくない部分があるけれど、今の気分としては後者が強い。やっぱ…

ざわざわコロナ

コロナが風化したとき、今の現状を読み返せるよう日記に書いたのは、1か月ちょっと前。そのときは正直、もう春にはおさまっているもんだと思っていた。それがまぁ、まぁ~何だこれ?という現状なので、未来のために書き連ねておこうと思う。 飲み会がここ1か…

地元ひとり花見(アルアル)

まずは前置き。コロナの影響で、大阪にも外出自粛要請が出ていることから、正直なところためらいはあった。しかしながら、これほどまでに天気がよく桜も満開で、本当に年に一度のチャンスだ。 午前中に事前に下見をし、2~3人でランチをしている人がいること…

地元ひとり花見(ノンアル)

先週のお話。 3月末の休日は、地元仲間と地元で花見をするはずだった。ここ数年、すっかり恒例行事になっていた。しかしそれが中止になったことは、言わずもがな。 でも桜を見られる期間は短く、アウトドア好きとしては逃したくない。ということで、1人でも…

佐柳島と高見島旅 ~その7~

長々とした日記になってすいません。旅の3日目。 相変わらず朝日を見るべく、午前5時45分に起床。ドミトリーなので早朝に目覚ましをかけるわけにはいかないので、寝る前から自己暗示をかけて気合で起きた。 昨日の反省を生かし、手には朝食を持参。防波堤に…

佐柳島と高見島旅 ~その6~

高見島の休憩所でゆっくり過ごした、つづき。 休憩所を去ってからは海沿いの道まで下り、島の北へと進む。港から遠ざかるに従い、どんどん建物もなくなる。何もない道の傍らに、時おり鎮座しているのが石仏。 どうやらこの高見島にも、88箇所の島遍路が根付…

佐柳島と高見島旅 ~その5~

高見島の集落で島民さんに声をかけられた、つづき。 島民さんは、70歳くらいだろうか?実に社交的で、僕が大阪から来たこと、山を歩いていたことなどひととおり話を聞いてくれたうえで、「よかったらウチ来る?」と誘ってくれる。時間はたっぷり余っているし…

佐柳島と高見島旅 ~その4~

佐柳島での1日目が終わった、つづき。 2日目の朝は、午前6時に起床。すぐさま防波堤へと向かったのは、日の出を見るためである。 すでに空は明るくなりつつあり、また防波堤には先客が2人いる。先客の邪魔にならないよう距離を置き、ゆっくり昇る太陽を眺め…

佐柳島と高見島旅 ~その3~

1日目の旅が終わり、宿泊施設へ足を運んだ、つづき。 宿の名前は「ネコノシマホステル」。廃校を改装したホステルで、外装・内装とも学校の雰囲気を残しつつ、おしゃれなカフェさながらの雰囲気を醸している。 チェックイン後すぐシャワーを浴びてから、宿の…

佐柳島と高見島旅 ~その2~

佐柳島に上陸し、猫の手厚い歓迎を受けた、つづき。 島の猫と戯れる客たちをすり抜け、島の南の集落「本浦」へと進む。素朴な集落を進んで立ち寄ったのは、お墓に囲まれるようにたたずむ乗蓮寺。お寺はきれいに手入れされており、お堂には立派なエンマ様が祀…

佐柳島と高見島旅 ~その1~

息の詰まるような思いで仕事をしている、ここ1か月。さすがにどこかでリフレッシュがしたい。3月にある3連休、仕事疲れもありややためらいもあったが、思い切って旅に出ることにした。 行き先を決めたのは休みの2日前。楽天トラベルを見てみると、たまたま離…

島充電、島充填

島から戻ってまいりました。今回は佐柳(さなぎ)島というところを拠点とし、お隣の高見島にも寄りました。 船便の都合上、3連休のうち島にいたのが48時間もないというのが残念。43時間かな?それでも長い時間を過ごせたと感じるのは、島の時間がゆっくり流…

巨匠ランチ

会社での昼食は、基本的にひとりで済ます。しかし昨日は、会社で「巨匠」と呼ばれる人と2人でランチをした。インパクトあるニックネームではあるが、なぜ彼がそんな呼ばれ方をしているのかはわからない。 きっかけは、昼食のためエレベーターを待っていたと…

ネムレナイゴセン

眠れない。 別に何か大きなストレスがあったわけでも、まして恋をわずらっているわけではない。おそらくだが。 3連休の予定を、布団に入る前にバーっと一気に決めてしまったため、興奮しているのだろう。 遠足の前日に眠れないというアレである。 あと1日仕…

意外整体

一時期よく整骨院に通っていたが、昨年の冬あたりから行かなくなった。 こまめに通う時間がもったいない。効果が実はあまりよくわからない。理由はそんなところ。 その反面、たま~にマッサージには行く。ここでいうマッサージとは、いわゆるクイックマッサ…

ビハインド・ザ・マスク

街へ出ると、まあマスクをしている人が多い多い。これだけコロナがにぎわっているのだから、当然なのであるが。 でもそれは、マスクというものを意識してこそ気がつくような気もする。今の時期って例年、まだインフルが残っていたり、花粉症シーズンが始まっ…

ノスタルジック金免許

木曜日は有給を使い、朝から門真試験場へ向かった。5年に1度の免許更新である。しかも今回は、念願のゴールド免許!7年前にドライブレコーダーがあれば、寝屋川警察の不条理な取り締まりからも身を守れたのだが・・・まぁそんな一種の”交通事故”はさておき。…

廃墟サミット in 新世界 ~その2~

あいりん地区の変貌ぶりに愕然としながら、廃墟仲間3人が集結したつづき。 もともと「久しぶりに串カツ食べたい!」という理由で新世界に集まることになったのだが、直前になってホルモンもいいなという話になった。さらに当日は、寿司もいいかもと意見が交…

あれから9年、という柄にもないコメント

東日本大震災から9年。今感じる、率直な感想です。 正直なところ、この震災以来毎年3月11日に話題になることに、食傷気味な感情を抱いていた。もう終わったことやし、復興も進んでるんでしょ?という感じ。何なら、そこに触れることでカッコつけてんちゃうん…

廃墟サミット in 新世界 ~その1~

駅前にある、近代的なホテル。レンタサイクルが並び、玄関横にはオープンカフェも設営されている。ロビーを除くと、ペッパーくんまでいる。多国語が並べられた看板に、往来する多国籍の外国人を見ると、日本でいることを少し忘れそうになる。 今さらこのよう…