キックボード旅人の日常

キックボード旅人による、旅の話とか日常のこと。

キックボード東北旅~出会い編3~

旅の夕食は、スーパーで済ますことが圧倒的に多い。理由は単純で、安く済むからだ。しかし今回の旅では、外食を3回もした。これがなかなか楽しかったので、紹介しておきたい。【酒田市:北前横町】山形県酒田市というところでは、連泊を余儀なくされた。原因…

キックボード東北旅~出会い編2~

旅人との出会いで印象的だったのが、もう1つある。【お祭りハイカー】暑さと疲労のピークを迎え、道の駅の休憩所で足を休めた。すると、そこにはひときわ目立つのぼりと、いくつかの荷物が置かれている。ここら界隈の、お祭り用の小道具が置かれているのかな…

キックボード東北旅~出会い編1~

旅の余韻があるうちに、小出しにでも思い出を書き綴っておこうと思う。今回の旅で、1つ今までと違うことがある。それは、人とのふれあいの数。すれ違いざま声をかけられることはたまにあったが、がっつり時間をとって話すということは今まで少なかった。【ア…

情熱!東北地方

無事戻りました。昨日の夕方に、久しぶりに大阪の地に戻りました。キックボードで新潟から秋田まで、しっかり走りきりました。厳密には、もっと青森寄りの場所が目的地だったけれど、40キロほど手前でゴール。原因は台風。台風といっても僕のいたところでは…

ナツタイフウ、ナツトウホク

しばらく旅に出ます。さがさないでください。GWの続きで、新潟から山形→秋田と北上します。もちろんキックボードです。 悩みごとは1つ。ええ、言わずもがなですわ。台風5号!なんでこんな時期に!しかもなんで東北方面に!直撃しなくとも、台風の影響で前線…

リメンバー「キックボード福井→新潟」

「キックボード福井→新潟」をアップしました。http://tabi-boy.sakura.ne.jp/tabi/2017hokuriku_kick/2017hokuriku_kick01.html以前も書いているかも知れないけれど、旅の楽しみというか、感性というか、年々変わってくる。昔はとにかく貧乏旅で、いかに安価…

灼熱大陸

ある週末の、地元の気温計。とんでもなく恐ろしい数字が叩き出されていた。とうとう日本も、ここまで来たか・・・ などと言いたいところだが、ネタを明かせばただの故障。とはいっても、数年後にはこの数字がリアルになるんじゃないかな。着実に気候がおかし…

プレミアムサーズディ西中島

ありがたいことに、昨夜は会社の人に声をかけてもらい、西中島へ飲みに出た。「会社の人と飲みに行くのは・・・」とか書いてた矢先なので、なおさら申し訳ない。同じ部署でも、違う仕事をしている人もいるので、本当に貴重でありがたい。仕事が終わり、午後7…

まいここはんBBQ&花火 2017

休日に会社の人と交流するという習慣が昔からなく、ひどく抵抗がある。しかし年に一度だけ、例外がある。それが先日土曜日、近江舞子でのBBQだ。毎年恒例のもので、いろんな部署・いろんな支社から社員が集う。会社公認ではなく、有志により行われる会。ほぼ…

神島八十八ヶ所霊場 ~その4~

すっかり白石島を堪能し、笠岡へと戻る。ちょうど昼食どきだし、シメに笠岡ラーメンをいただきたい。ということで向かったのは「いではら」。 他の笠岡ラーメンより、スープの色がやや薄め。スープも甘味と酸味が効いており、弾力の強い麺に見事マッチする。…

神島八十八ヶ所霊場 ~その3~

3日目は、ホテルで少しゆっくりしてから、渡船乗り場へ。向かった先は「白石島」。この「神島遍路」をすべて周った後、この白石島の「開龍寺」へお礼参りするまでが巡礼の作法だからだ。まず驚いたのは渡船の乗客の多さで、座席はもちろん甲板も人があふれか…

神島八十八ヶ所霊場 ~その2~

2日目は、目覚めてからしばらく頭痛に襲われる。酒を飲みすぎたせいかも知れないが、もしかすると昨日の猛暑で軽い熱中症かも知れない。朝食をいただいた後、すぐさま準備をしてタクシーを呼ぶ。本来ならバスで移動したいところだが、バスは9時半ごろまで来…

神島八十八ヶ所霊場 ~その1~

3連休の旅、忘れないうちにまとめていきます。といっても、お遍路部分はよそで書くのでなるべく割愛し、それ以外の部分をメインに。一気に長々と書くのも疲れるので、ちょっと小出しに。初日は午前8時に出発し、2時間半かけて笠岡駅へ。移動中眠たかったのだ…

極上のミニ遍路

無事戻りました。まる3日かかりましたが、無事すべて巡り満願です。ひたすら山!元・離島だというので海沿いを歩くのかと思いきや、なかなか海のそばを歩けず。登ったり下ったり、たまに人里に降りたかと思えばまた山の中に入ったり。そこに追い打ちをかける…

陸続きの離島へ

しばらく旅に出ます。さがさないでください。半年ぶりに、岡山・笠岡へ行ってきます。厳密には8か月前、笠岡から船で、北木島・真鍋島を島遍路したぶり。今回もお遍路が目的で、向かう先は「神島(こうのしま)」。といっても、離島ではない。かつて離島だっ…

中部地方賭場めぐり~後編~

すっかり松阪牛にご満悦の旅、2日目。地方競馬も競輪も競艇も、近くにない。どうしたものかと考えているうちに、ふとひらめいた。地方競馬がダメでも、中央競馬ではどうだろう?すかさず調べてみると、愛知県の中京競馬場が、ちょうど開催中である。鈍行列車…

中部地方賭場めぐり~中編~

さてさて、キマグレで向かった松阪の旅行、つづき。競輪場から松阪駅前へ戻ったのは、午後4時前。さすがにチェックインには早く感じ、駅前をブラつくことに。意外といっては失礼だが、アーケードはそこそこ長く続き、シャッターは多いが開店中のお店も多い。…

中部地方賭場めぐり~前編~

有給がとれ3連休になったはいいが、行き場がなく困っていたことは、先日の日記のとおり。天気予報とにらめっこしていて、中部地方が比較的天気がよいことに気がついた。そういえば、中部地方に「いつか行きたい」と思っていた場所があったような。はたまた、…

悩!3連休

ありがたいことに、来週月曜は有給をいただいた。仕事がんばったからね。というか、社員として当然の権利やけど。晴れて三連休ではあるが、晴れずの天候なので、どうしたものか。GW以降まったく遠出していないので、できればどこか行きたい。とはいえ、天気…

十三立ち飲み行脚

先日のハイハイタウンしかり、ちょっと前までブログに「飲み歩きたい!」と書いていたことが、現実になりつつある。これぞ「言霊(ことだま)」と言うものだろうか?そんな今夜も、前々から行きたかった大阪・十三(じゅうそう)で飲み歩くことができた。実…

廃墟サミット in ハイハイタウン

大阪には、まだまだ面白い飲み場がある。最近ある大阪ローカルの深夜番組をよく見るのだが、なかなか興味深い飲み場を紹介している。その中でずっと気になっていたのが、「ハイハイタウン」。大阪の上本町、または谷町九丁目にある商業ビルである。その地下…

京橋・天満 角打ちめぐり~後編~

昨日の日記の続き。京橋で午前中に2軒ハシゴし、すでにでき上がりながら天満へ移動。【北浦酒店】天神橋筋商店街を進み、天神橋筋六丁目の交差点から商店街を外れる。すっかり住宅地になったところに、ぽつんどたたずむ「北浦酒店」。一見してただの地元の酒…

京橋・天満 角打ちめぐり~前編~

朝9時半という待ち合わせは、飲みの約束にしては早すぎる。ちょっと過去の話になるが、あつし君とそのお友達、3人で京橋に集合。目的は、酒屋でお酒を飲む「角打ち」のハシゴである。【岡室酒店直売所】こんな朝早いというのに、客がわんさかと入っている「…

真夜中のBB戦士たち

金曜は仕事帰り、家とは逆方向の千里中央へ。駅前の立ち飲み屋を2軒ハシゴし、すっかり上機嫌。とはいっても、目的はお酒ではなく。送迎バスに乗り、向かった先は「Bb(ビィビィ)箕面船場店」。一定のお金を払えば決められた時間遊び放題になるという、一時…

6月中に!

6月に入り、自由時間が増え、飲みなど人と会う機会が増えた。なかなか充実した日々といっていい。この上昇気流をさらに高めるべく、先日も少し触れた、やりたいことも進めておきたい。ということで、まずは短期的に6月中やるべきことを2つ、ノルマとしたい。…

文章カイゼン考

特に困っているわけでも、指摘されたわけではありません。ただ以前から、自分の文章に何か魅力がないような気がするのです。ちょっと、何かしら改善ができないかな、と考えることがあります。まず1つが、文章が長いということ。もう少しさらっと、端的に書け…

角打ちデータベース

次の日曜、久しぶりに角打ちをする約束がある。とはいえ、まだお店が決まっていない。どうせなら、これを機に角打ちできるお店のデータベースを作ってみてはどうだろう。そんなわけで、先ほどから必死こいて、大阪で角打ちできるお店を探している。ひととお…

週末サバイバル・ドライブ

最近の予定のない週末は、主に山にこもる。というとアウトドアを満喫してるっぽいが、そんなカッコいいものではない。昨年秋ごろ購入した、エアガンを撃ちに行っているのだ。エアガンを撃つといっても、意外に場所が難しい。モノがモノだけに、人目に触れる…

京都せんべろ行脚

駅につくや、券売機に操作に迷っている高齢の外国人夫婦が。つたない英語でお手伝いをして、こちらもいい気分になる。ただでさえ、久しぶりに来る京都にウキウキしているのに。金曜日は、徒歩くんと京都で飲み。安価なお店を飲み歩く、いわゆる「せんべろ」…

アンチ・リーマン飲み

昨夜は定時退社日、まっすぐ家に帰ろうとしていたが、気がつけば居酒屋へ。仕事のピークが過ぎたのと、会社を出ても太陽が出ていることが、どうやら飲みたい気分にさせたのだろう。もちろん、ひとりである。最近ひとりだと楽しめない、と思っていたが、今回…