キックボード旅人の日常

キックボード旅人による、旅の話とか日常のこと。

角打ち

京橋・天満 角打ちめぐり~後編~

昨日の日記の続き。京橋で午前中に2軒ハシゴし、すでにでき上がりながら天満へ移動。【北浦酒店】天神橋筋商店街を進み、天神橋筋六丁目の交差点から商店街を外れる。すっかり住宅地になったところに、ぽつんどたたずむ「北浦酒店」。一見してただの地元の酒…

京橋・天満 角打ちめぐり~前編~

朝9時半という待ち合わせは、飲みの約束にしては早すぎる。ちょっと過去の話になるが、あつし君とそのお友達、3人で京橋に集合。目的は、酒屋でお酒を飲む「角打ち」のハシゴである。【岡室酒店直売所】こんな朝早いというのに、客がわんさかと入っている「…

角打ちデータベース

次の日曜、久しぶりに角打ちをする約束がある。とはいえ、まだお店が決まっていない。どうせなら、これを機に角打ちできるお店のデータベースを作ってみてはどうだろう。そんなわけで、先ほどから必死こいて、大阪で角打ちできるお店を探している。ひととお…

梅田立ち飲み行脚

雨天で旅が流れた、3連休の真ん中。かねてから、あつし君から声をかけられており、昼から梅田で合流した。目的は、ただただ立ち飲み屋で酒を飲もうというものだ。1軒目は「フレンチおでん」なるものを提供してくれるお店、のはずが、どうやら店がなくなった…

ごひゃくべろ交野、角打ち

ちょっと前、「せんべろ」なる言葉がはやった。「1,000円でべろべろに酔える」という居酒屋や、その居酒屋界隈をあらわす言葉である。今日は、その半額にあたる500円で酔えるお店を、地元の交野で見つけた。といっても、厳密には居酒屋ではない。イズミヤと…

角打ちめぐり in 天満 ~後編~

角打ちめぐり、いよいよファイナル。【ミナミカワ】商店街を外れ、大阪天満宮の正面近くにある、「ミナミカワ」へ。昔ながらの酒屋があり、すぐ隣に立ち飲み専用の店舗がある。店に入り、内装を撮影するや、先にいた男性2人に声をかけられる。「ちょっと、写…

角打ちめぐり in 天満 ~中編~

いきなり「当たり」なお店に寄った角打ちめぐりの、続き。【上谷商店】商店街をぷらっと歩いて見つけたのが、「酒の上谷商店」。先ほどのお店とはうって変わって、お客さんがゼロ。店舗の手前に酒が小売されており、奥にカウンターが用意されている。酒の種…

角打ちめぐり in 天満 ~前編~

思っていた以上に早く、願いがかなった。本来なら登山を予定していたが、雨のために中止になった土曜日、いいタイミングであつし君から飲みのお誘いが。といった流れで、天満で角打ちできるお店を、午後1時からめぐった。ちなみに「角打ち」とは、お酒の販売…

角打ち羨望

つい先日、テレビを見て「角打ち」という言葉を、はじめて知った。しかし、言葉を知らなかっただけで、角打ちに対するあこがれは昔からあった。「角打ち」とは、酒屋の店舗内でお酒を飲む、というもの。あこがれていた理由は、幼いころ、近所に「角打ち」の…