キックボード旅人の日常

キックボード旅人による、旅の話とか日常のこと。

旅行

佐柳島と高見島旅 ~その7~

長々とした日記になってすいません。旅の3日目。 相変わらず朝日を見るべく、午前5時45分に起床。ドミトリーなので早朝に目覚ましをかけるわけにはいかないので、寝る前から自己暗示をかけて気合で起きた。 昨日の反省を生かし、手には朝食を持参。防波堤に…

佐柳島と高見島旅 ~その6~

高見島の休憩所でゆっくり過ごした、つづき。 休憩所を去ってからは海沿いの道まで下り、島の北へと進む。港から遠ざかるに従い、どんどん建物もなくなる。何もない道の傍らに、時おり鎮座しているのが石仏。 どうやらこの高見島にも、88箇所の島遍路が根付…

佐柳島と高見島旅 ~その5~

高見島の集落で島民さんに声をかけられた、つづき。 島民さんは、70歳くらいだろうか?実に社交的で、僕が大阪から来たこと、山を歩いていたことなどひととおり話を聞いてくれたうえで、「よかったらウチ来る?」と誘ってくれる。時間はたっぷり余っているし…

佐柳島と高見島旅 ~その4~

佐柳島での1日目が終わった、つづき。 2日目の朝は、午前6時に起床。すぐさま防波堤へと向かったのは、日の出を見るためである。 すでに空は明るくなりつつあり、また防波堤には先客が2人いる。先客の邪魔にならないよう距離を置き、ゆっくり昇る太陽を眺め…

佐柳島と高見島旅 ~その3~

1日目の旅が終わり、宿泊施設へ足を運んだ、つづき。 宿の名前は「ネコノシマホステル」。廃校を改装したホステルで、外装・内装とも学校の雰囲気を残しつつ、おしゃれなカフェさながらの雰囲気を醸している。 チェックイン後すぐシャワーを浴びてから、宿の…

佐柳島と高見島旅 ~その2~

佐柳島に上陸し、猫の手厚い歓迎を受けた、つづき。 島の猫と戯れる客たちをすり抜け、島の南の集落「本浦」へと進む。素朴な集落を進んで立ち寄ったのは、お墓に囲まれるようにたたずむ乗蓮寺。お寺はきれいに手入れされており、お堂には立派なエンマ様が祀…

佐柳島と高見島旅 ~その1~

息の詰まるような思いで仕事をしている、ここ1か月。さすがにどこかでリフレッシュがしたい。3月にある3連休、仕事疲れもありややためらいもあったが、思い切って旅に出ることにした。 行き先を決めたのは休みの2日前。楽天トラベルを見てみると、たまたま離…

島充電、島充填

島から戻ってまいりました。今回は佐柳(さなぎ)島というところを拠点とし、お隣の高見島にも寄りました。 船便の都合上、3連休のうち島にいたのが48時間もないというのが残念。43時間かな?それでも長い時間を過ごせたと感じるのは、島の時間がゆっくり流…

旅準備準備

最近ちょっと、自分の部屋でダラダラと過ごすことが多い。動画編集とか、Webページの刷新とか、やることはあるのに気力がわかない。気力がわかないのにムリする必要はない、などと自分を甘やかせていたが、さすがに時間がもったいなく感じ、少し何か動こうと…

暖冬実感!野沢温泉 ~その3~

スキーを終え、食事も終わったつづき。 部屋に戻るや、すぐさま飲み会が始まる。テーブルには、まぁ並ぶ並ぶ、日本酒たち。しかもほとんどが大吟醸酒で、普通にお店で1杯ずついただいても、5,000円はとられて不思議でないシロモノである。 ビールから徐々に…

暖冬実感!野沢温泉 ~その2~

例年よりスローペースでゲレンデに到着した、野沢温泉のつづき。 いつもは一団となって滑るのだが、今回は4グループくらいに別れて滑ることになった。雪質はやや滑りが悪く、やはり暖冬の影響を感じずにはいられない。そして何より、暑い!あらかじめ薄着を…

暖冬実感!野沢温泉 ~その1~

午前2時15分起床、というのは「早起き」といっていいのだろうか。少なくとも寝ずに徹夜するという選択肢は、僕の体質ではありえない。おそらく眠れないだろうけれど、早めに寝床につこう。 そろそろ眠ろうかとしていた午後10時半、突然かかってきた電話は、…

赤穂ハシゴ&日生カキツアー ~エピローグ~

がっつりカキを食べた2日後、月曜日の昼。そういえば、カキの中毒にあたる場合、潜伏期間の48時間後って聞くよな。となれば、今日の昼に具合が悪くなればヤバいよな。 なんてことを考えていたわけだが、いつも空腹感を感じる昼食前に、まったく食欲がわかな…

赤穂ハシゴ&日生カキツアー ~その3~

旅行先にもかかわらず、いつものノリで飲み明かした翌日のお話。 午前7時15分に起床し、やや痛む頭を抱えながらも朝食をいただき、少しダラダラして午前8時半に出発。いよいよこの旅のメインである、日生へ。 昨年から無人駅となった日生駅の駅前は、人がま…

赤穂ハシゴ&日生カキツアー ~その2~

播州赤穂で宿をチェックインし、居酒屋を探しに外出した、つづき。 宿のまわりに数軒居酒屋はあるものの、値段が高そうだったり、雰囲気がピンとこなかったりと、なかなか足が進まない。そうこうしながら、どんどん宿から離れていく。ようやく、本通りからそ…

赤穂ハシゴ&日生カキツアー ~その1~

金曜日は午後6時に、ピースケさん・あつし君とJR大阪駅へ集合。向かった先は居酒屋・・・ではなく、播州赤穂だ。 廃墟へ行こうという話のさなか、どういう流れか「日生(ひなせ)でカキを食べよう!」ということになったのだ。当初は土日で行こうと言ってい…

今後のキックボードプラン、プラン

昨年キックボードで、とりあえずの日本一周を達成したことは、ありがたいことに僕のまわりに周知されている。そうなると、必ず聞かれてしまう。「今年はどこ行くの?」と。 もともと日本一周を目的としていなかったので、走りやすい道があればどこでも走りた…

ツキイチタビ

趣味は旅です。 趣味を聞かれたときの答えは、かれこれ20年以上ブレていない。まぁ長期休暇ごとにママチャリやらキックボードで奔走してきたのだから、そこは胸を張って言えることだ。 しかし、長期休暇以外はまばら。3連休とかには、たまに行くくらい。寒い…

年越し!淡路島家族旅行 ~その2~

家族旅行、2日目。 【おのころ島神社】朝起きて朝風呂に入り、朝食をいただいて出発。向かったのは当然初詣で、「おのころ島神社」へ。ここはかつて淡路島にハマっていたころ、いつか行きたいと思っていた場所である。 大きな赤い鳥居が何とも特徴的。しかし…

年越し!淡路島家族旅行 ~その1~

GORIとの1泊2日旅行を終えた翌日から、まさかの1泊2日旅行。どういうキマグレか、甥っ子夫婦らと合わせて淡路島へ行くこととなった。田舎へ帰る以外で、家族と実家以外で過ごすなんてはじめてのことだ。 【食事:淡路サービスエリア】午前10時ごろ出発し、1…

年末・湯原温泉終末ツアー2019 ~その2~

宿の食事の間ではカップルだらけで、まわりの白い視線が痛々しくも感じた男2人旅、2日目。 【散策:湯原温泉街】目覚めるとまずは朝風呂。部屋に風呂があるというのが、まぁ便利なこと。その後は朝食をとってから、チェックアウトギリギリまでダラダラの過ご…

年末・湯原温泉終末ツアー2019 ~その1~

連休2日目は、すっかり年末の締めくくりの行事となってしまった、GORIとの男2人旅。例年とは違い、なぜか去年は1か月前から行き先を決め、寄り道先も下調べした。行き当たりばったりでグダグダになるという流れも好きなのだが、そうなると結果的にGORIに行き…

おもしろカッコいいマジカルしようぜ!東京旅 ~その5~

東京旅のつづき、2日目。 朝からサウナに入って1時間、たっぷり非日常を堪能して、午前9時にカプセルホテルを発つ。向かった先は中野。そう、今回の旅の目的になった「サブカル」の、まさに聖地を巡礼することにしたのだ。 午前9時半に到着するも、目的地の…

おもしろカッコいいマジカルしようぜ!東京旅 ~その4~

池袋でカプセルホテルの宿泊を決めた、東京旅つづき。 カプセルホテルにチェックインして荷物を置き、すぐさま夕食を漁りに出かける。道のナビやら宿探しで不甲斐なさを露呈している僕だが、お店選びで挽回しなければ!ということで、カンを頼りにお店を探す…

おもしろカッコいいマジカルしようぜ!東京旅 ~その3~

目的のイベントですっかりご満悦となった、東京旅つづき。 ゴンタの息子2人へお土産を買うべく、渋谷内で2箇所のスポットを巡る。 1つはあるイベントだが、閑散としている。イベントスペースにある物販には、もうほとんどのグッズが売り切れ。 もう1つはゲー…

おもしろカッコいいマジカルしようぜ!東京旅 ~その2~

ゴンタと渋谷の街に降り立ち、そばをたいらげた、続き。 さて、いよいよ今回の旅の本命である、イベント会場へ。事前に地図で下見していたとおりに、僕が先導する。が、見事に迷う。結局ゴンタがスマホのナビを使って会場へ向かうという、先日のツーリングと…

おもしろカッコいいマジカルしようぜ!東京旅 ~その1~

まさか東京にまで足を運ぶなんて。30年前には、こんなことになるなんて思わなかっただろう。 今週末は土日に、ゴンタと2人で東京に行ってきた。土日ということは、もちろん泊まりである。最近はツーリングなんか行ったりもするが、そもそも2人ででかけるとい…

ひと旅分の充実夢

個人的に「充実してる!」と感じる時間はいくつかあるが、やはり旅をしている時間がトップだろう。旅の途中もそうだし、終わった後の余韻もよい。 最近は、その旅を1回やり終えたくらいの充実感を覚える夢を、ちょくちょく見えることがある。昨夜も見たばか…

同窓秋キャンプ in 丹波猪村 ~その3~

丹波キャンプのつづき、2日目。 特に待ち合わせしたでもないが、午前7時半に起き出して朝食。昨夜は空気が湿っていて僕の1人テントは比較的適温であったが、ゴンタの広々テントは寒かったらしい。 食後は昨夜行かなかったお風呂へ。キャンプ場内にはまさかの…

同窓秋キャンプ in 丹波猪村 ~その2~

丹波キャンプの初日、つづき。 設営が終わり少しゆっくりした後は、いよいよ夕食の支度。「僕が作る!」と言った手前、仕込みは率先してやることにした。といっても1人では効率が悪いので、ゴンタ長男にも手伝ってもらった。料理人でもないのに、人に指図し…