キックボード旅人の日常

キックボード旅人による、旅の話とか日常のこと。

お酒

年末・大阪ミステリーツアー2017 ~その4~

おぞましい光景を目の当たりにし、ある意味でテンションの上がった新世界の夜、つづき。 午後7時を過ぎ、すっかり腹ペコに。年末だし夜は豪華に行きたい、という共通認識を抱きつつ、お店を探す。新世界には寿司屋やホルモンはあるが、カウンター主体のお店…

年末・大阪ミステリーツアー2017 ~その3~

この日記に書いたあの場所が、まさか書いた翌日に、火災に見舞われるとは。ニュースを見てビックリした。それはさておき、つづき。 何もすることがなくなり日本橋をさまよいながら考え、土曜日ということもあり、WINSで競馬をすることにした。そういえば2人…

年末・大阪ミステリーツアー2017 ~その2~

ドヤ街と“料亭”街をさまよい、すっかりお腹ペコペコになった年末のつづき。 昼食をいただくべく、新世界へ。観光客が多いうえ、新しい店舗がたくさん並んでおり、すっかり毒の抜けた観光地になり下がってしまっている。特に「射的場」なんかが何店舗か並んで…

年末・大阪ミステリーツアー2017 ~その1~

まだ新年の雰囲気が残るこの時期に、昨年末の話とは恐縮である。どうしても書き留めておこうと思って。 10年間続いた恒例行事が、ついに途絶えることになりそうだ。そんな絶望感を感じていたのだが、12月の最終週に急遽「やっぱりどっか行こう」とGORIから連…

ひとり納会

おとといで今年の仕事は終わり。昼から仕事場の大掃除を経て、夕方から納会。納会の内容は会社行事なので書けないのが残念だが、毎度ながら消化不良で終わってしまう。酒があっても酒の場ではなく仕事の一環だ、という暗黙のルールがそうさせているのだろう…

同窓忘年会2017

飲み会の楽しみに優劣をつけるのは、いささか無礼なことかも知れない。しかし先週の3連戦のうち、最後がいちばん楽しみなものであった。何といっても、心を開放できる地元の同級生なのだから。 日曜日は午後3時半に東寝屋川へ。同級生の作三家へ、ゴンタ一家…

ホルモン忘年会

先週は忘年会が3件と、何年かぶりに飲み会が重なった。うち1回目は先日書いた会社の忘年会で、2回目は同じく会社の人らとであるが、ほとんど仕事と直結しないメンバー。今年になってお誘いいただいた、ボウリングのメンバーの一部である。 金曜は定時で仕事…

LAST "Loose"

昨夜は会社の忘年会。今週は飲み会が続くので飲むまい、と心に決めていたはずが、気づけばアホほどビールを飲んでいた。理由は思いつく限り複数あるが、どうも「飲み放題」という言葉に体が反応してしまうことが大きな要因であろう。ほんまイカンな。 開始時…

泥酔!都島の夜

仕事が落ち着いたときに、必ず行く店がある。たまに行くお店ながらも「行きつけ」と称している、「旬魚菜 天」だ。 今回はいつもと違う点が1つ。飲み仲間の徒歩くんと、2人で訪問したのだ。いつも1人で行く店、それも行きつけのお店に人を連れて行くという行…

哀愁!ひとり飲み

特に何かあったわけでもないが、無性に飲みたい気分になった先週金曜日。こういうときにアポなしで誘える飲み仲間がいないことに、愕然とする。いや、たぶんしらみ潰しに連絡すれば、誰か捕まるのだろうけれど。結婚していたり、しばらく連絡していなかった…

台湾体験! in 西中島

仕事のストレスだけでなく、体調不良にも見舞われた先週。何とかひとヤマやり切った金曜日は、何とか定時退社にありつけた。そのまま家で療養・・・ではなく、その後は飲み会だった。またしても会社の人らとだ。わざわざ声をかけてもらえてありがたい限りで…

同窓海物語 in 加太~エピローグ~

どっぷり1日を堪能した加太旅行、つづき。 翌朝、みんなが目覚めたのは午前8時。「6時には起きるぜ!」「いやいや5時には目覚める!」と寝る前に話していたが、さすがに深酒した翌朝に叶うはずはなかった。まぁ、たぶん早く起きたけれどみんな寝てたので遠慮…

同窓海物語 in 加太~後編~

ひとりで海遊びをした、つづき。 仲間の2人はサビキ釣りをしており、そこそこ釣れている。単独行動までしてボウズだった自分が、つくづく空しく感じる。それを察してか、僕にも釣りをさせてくれる。 久しぶりに竿を持つも、いきなり糸をからめそうになるし、…

同窓海物語 in 加太~中編~

同級生と加太の海へ来た話、つづき。 海へ移動してからは、二手にわかれる。素潜りをしたい僕だけ岩場へ行き、残り2人はサビキ釣りのできるスポットへ。 岩場といっても、海上に見えている岩が少ない。しかし入水すると、足元が岩だらけであることがわかる。…

同窓海物語 in 加太~前編~

個人的に、夏をもっとも感じるものは、何と言っても海だ。しかしながら、海で遊ぶことはなかなかしない。海が家から遠いこともだが、いっしょに海で遊ぶ仲間もいないのだ。 それがこのたび、地元の同級生であるゴンタ・作三と3人で行くこととなった。ゴンタ…

プレミアムサーズディ西中島

ありがたいことに、昨夜は会社の人に声をかけてもらい、西中島へ飲みに出た。「会社の人と飲みに行くのは・・・」とか書いてた矢先なので、なおさら申し訳ない。同じ部署でも、違う仕事をしている人もいるので、本当に貴重でありがたい。仕事が終わり、午後7…

十三立ち飲み行脚

先日のハイハイタウンしかり、ちょっと前までブログに「飲み歩きたい!」と書いていたことが、現実になりつつある。これぞ「言霊(ことだま)」と言うものだろうか?そんな今夜も、前々から行きたかった大阪・十三(じゅうそう)で飲み歩くことができた。実…

京橋・天満 角打ちめぐり~後編~

昨日の日記の続き。京橋で午前中に2軒ハシゴし、すでにでき上がりながら天満へ移動。【北浦酒店】天神橋筋商店街を進み、天神橋筋六丁目の交差点から商店街を外れる。すっかり住宅地になったところに、ぽつんどたたずむ「北浦酒店」。一見してただの地元の酒…

角打ちデータベース

次の日曜、久しぶりに角打ちをする約束がある。とはいえ、まだお店が決まっていない。どうせなら、これを機に角打ちできるお店のデータベースを作ってみてはどうだろう。そんなわけで、先ほどから必死こいて、大阪で角打ちできるお店を探している。ひととお…

京都せんべろ行脚

駅につくや、券売機に操作に迷っている高齢の外国人夫婦が。つたない英語でお手伝いをして、こちらもいい気分になる。ただでさえ、久しぶりに来る京都にウキウキしているのに。金曜日は、徒歩くんと京都で飲み。安価なお店を飲み歩く、いわゆる「せんべろ」…

同窓ミーティング・春

1か月半前に会ったばかりなのに、妙に久しぶりに感じる。というのは、前回は花見で家族連れだったが、こうして男だけで会うのが4か月ぶりだからだ。土曜は夕方から、地元の仲間ゴンタ・作三と3人で飲み会。僕個人として、会社以外の人と会うのが1かげつ半ぶ…

廃墟サミット【2次会以降】

日記の続き。へべれけに酔った3人が向かったのは、カラオケ。もちろん、歌いながらも飲む。ちなみに、個人的にカラオケは久しぶり。昨年の忘年会で無理やり歌ったことを除けば、軽く半年以上はブランクある。で、ビックリするほど声が出ない。特に高音は、歌…

廃墟サミット【1次会・かき小屋フィーバー】

ようやく1次会のお話。駅前でピースケさんと合流し、廃墟三人衆が揃う。向かった先は、天満の裏のさらに裏にある、「かき小屋フィーバー」。店舗をビニールで仕切った店造りは、裏天満ならでは。お店の名のとおり、ここのメインは牡蠣(かき)。席につくや、…

廃墟サミット【0次会・珈酒処 あるら~じ】

昨日の日記の続き。落語の終わったのが、午前11時半。まだ飲み会まで2時間もある。といったところで、飲みのメンバーである1人・あつし君と合流。軽く飲もうということになった。まずは「ビール1杯目100円」と書かれた串カツ屋さんへ。ふらっと入った割に店…

ノスタルジック京都ナイト

京都に来ると、無性にテンションがあがる。鼻息荒くしながら、金曜の夜に河原町へ降り立ち、徒歩くんと合流。かつて京都の居酒屋を紹介してもらって、今回は京都飲みの第二弾である。1軒目は「三木半」。大衆的というか、どこか昭和テイストを感じる店構え。…

極上鳥とイカツイ餃子

金曜を除く平日に飲みに行くのは、久しぶりである。お酒が翌日に残ることが顕著になったという、悲しき初老の現実である。そんな昨日は定時後すぐ会社を出て、あつし君と梅田で合流。向かった先は、飲食店がひしめき合う、新梅田食道街。「トリが食べたい!…

同窓クリスマスParty

「クリぼっち」なる言葉が、今年になってはやっている。クリスマスを、パートナーがいない状態で過ごす状態のことだそうな。こんな言葉を流行化させることで、パートナーがいないことを正当化しているようで、微妙に嫌悪感がある。それならいっそ、「クリス…

聖地プチ忘年会

たまたま僕の地元に来ていたハッションと会ったのは、ちょっと前のこと。僕の仕事が落ち着いたら飲みに行こう、という約束を果たすべく、昨夜は仕事帰りに合流。場所はどこでもよいとのことだったので、僕のテリトリーである聖地・大阪駅前ビルへ。1軒目は、…

枚方交流戦

金曜は、あつし君と2人で飲みに行く予定、だった。いや、別に飲みにはいったのだけれど。「2人」ではなくって。待ち合わせは、枚方。「人が増えるかも」という連絡があり、まあ少しでもにぎやかなほうがよいか、といざ合流すると、何と全部で9人!思ってたよ…

リーマンズシャウト

明日は早朝から予定があるので、会社の新人歓迎会は1次会で帰宅、のはずだった。 が、さすがに参加者のほぼ全員が2次会へ流れこむとなれば、断るわけにはいかない。 ということで、現在午前0時半、終電も乗り遅れて途方に暮れている。 まあ、何となくこうな…